団塊バカ親父の散歩話

アクセスカウンタ

zoom RSS ポップル錯視

<<   作成日時 : 2006/06/02 22:49   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 12

 先週の「トリビアの泉」で面白い話題をやっていた。「ポップル錯視」というものである。そのときの具体的な例は忘れてしまったのだが、次のようなものである。

  科研交付科研交付科研交付科研交付科研交付
  科研交付科研交付科研交付科研交付科研交付

  付交研科付交研科付交研科付交研科付交研科
  付交研科付交研科付交研科付交研科付交研科

  科研交付科研交付科研交付科研交付科研交付
  科研交付科研交付科研交付科研交付科研交付

 見てもらえればわかると思うが、「科研交付」という文字を続けて書くと右下がりに見え、逆の「付交研科」という文字を続けて書くと右上がりに見えるというものである。

 そんなふうに見えた?
 この例は、「ポップル錯視」という言葉をネットで調べたら、「北岡明佳の錯視のページ」というところにあったものである。
 このサイトが面白い。図形によるポップル錯視というのもあるし、「動く錯視」なんていうのもある。その他にも、いろんな錯視の例が満載である。
 ぜひ、一度ご覧いただきたいが、下記のような注意書きがあった。

<ご注意 このページには「動く錯視」(静止画なのに動いて見える錯視)が含まれています。現在まで錯視が人体に有害な影響を与えるという証拠はありませんが、車酔いなどを起こしやすい方はご注意下さい。万一気分が悪くなりましたら、速やかにこのページから退去して下さい。>

 車酔いなどを起こしやすい繊細(?)な方は、「動く錯視」だけは見ないほうがよさそうである。

画像<後記>上のサイトの「目の錯覚」、あるいは「本HPの全ページ」を開いて、1行目の「クラシックな幾何学錯視」を開くと、この「ポップル錯視」が見られます。
 こんなことを研究している人がいるんですね。面白いと同時に、人間の未知への探究心というものにも感心させられます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
わがブログのアクセス数ランキング
 この前書いた「アフィリエイトにご注意!」にいただいたコメントで、バカ親父のブログ内でのアクセス数ランキングを発表してほしい、というご要望があった。 ...続きを見る
団塊バカ親父の散歩話
2009/12/05 13:06

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
へ〜〜〜おもしろい!私もそう見えました〜。それからひめさんは、右下がりに見えます〜(^_^)v
 不思議ですねぇ。
 私、このあいだ、車を駐車場にとめようとしていた時に、隣の車が、前に進んだんです。私は、車を止めているはずなのに、車がバックしているような錯覚に陥り…ものすごい頭の中と体がパニックになりまして…必死にブレーキを踏んでしまいました、それでも車がバックしている状態は止まらない!本当にこわかった〜〜〜!なにがおきたかわからなかったんで、心臓もバクバクでした。隣の車が私の視界から外れたとたん、錯覚だったってわかりました〜。魔法が解けたみたいでしたよ。こわかった〜。これは「動く錯視」とは関係ないのかな?
キョン
2006/06/02 23:21
知人に教えてもらったのは、下記文字列が右下がりになるというものでした。この欄は少し狭すぎるかも?

杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー

【URL】http://happydankai.blog65.fc2.com/
GanbareDankai
2006/06/02 23:58
おもしろ〜い。サイトを見てきました。時間を忘れて、ぐるぐるぐるぐる〜〜。動画も見ちゃって、目が回ってるかも〜@@;)漢字を並べただけで、こんな錯覚が起こるんですねえ。おもしろいです。色々なことを考えている人がいるんですねえ。世の中。それにしても、フラッシュ映像は、今晩の夢に出てきそうです。まだチカチカしてま〜す(^_^;)
yu_mama
2006/06/03 00:48
☆ アハハ、キョンさん、面白いでしょ。
 その車での場合と同じような錯覚はありますよ。電車の駅で停車中に、すぐ隣の線路の電車が動き始めると、こちらの電車が動いたように感じることがあります。その逆もありますね。
 人間の感覚というのはいい加減なのか、真面目すぎて融通の利かないものなのかもしれません。
 キョンさんが、ブレーキを踏みしめたというのが、わかるような気がします。怖かったでしょうね。「動く錯視」と関係あるのかなあ……わかりましぇ〜ん(^.^)。
遊哉
2006/06/03 01:22
☆ Ganbare Dankaiさん、トリビアでやっていたのがその例に似ていたような気がします。右下がりなのが、よくわかりますよ。面白いですよね。
遊哉
2006/06/03 01:25
☆ yu_mamaさん、面白いでしょ。いろんなことを研究している人がいるもんですねえ。目の錯覚にもいろんなものがあって、へえ〜へえ〜ですよね。
 目がチカチカして、眠れなくなっちゃったら大変だ。変な夢を見ないように、夜更かしせずに寝てくださいね。
遊哉
2006/06/03 01:31
こんばんは〜m(__)m
この感じはパッチの製図で動きを出す時によく使います。「膨らみの斜視」に近い感じが割とよく使われます。目の錯覚で立体的に見えたり、直線ばかりで製図してるのにカーブして見えたりというようなパッチのパターンもあります。「海の嵐」なんて名前も付いてるんですよ(うねってる感じから)同じ布ばかりであまり縫わないのでこんなに目がチカチカはしませんけどね。新しいパターンを考えるのに調度良いお役立ちサイトです。得しちゃったm(__)m(^_^)/~
patyoko
2006/06/03 22:11
☆ patyokoさん、さすがプロです(*^_^*)。こういう錯視のようなものをちゃんと考えて製図をするんですねえ。尊敬しちゃう〜〜。
 たしかに、形のつくり方や組み合わせ方で、違って見えるんでしょうね。それに色とか布地の質なんかが関係してくるわけで、なかなか難しいものなんですね。ますます尊敬しちゃう〜〜〜(*^。^*)
 役立ててもらえれば、嬉しいです。素敵なものをつくってくださいよ!
遊哉
2006/06/03 23:32
 コレ観ました!!。
私は繊細で、(笑)酔っちゃいます〜〜。オエェェェェ〜。(失礼)。
 「トレビアでは、娘が不良の彼氏を連れてきたら・・・」の企画が好きです!!。私は、あんな男つれてきたら、追い出しますが、夫はどうするんだろ・・・??。
かなかな
2006/06/05 14:27
☆ えっ、アハハ、かなかな さん、繊細だったっけ(^.^)。くるくる回るのを見てると、ちょっとおかしくなるよね。
 “娘が不良の彼氏を連れてきたら……”は面白いね。わが娘があんなの連れてきたら、ぶっ飛ばしもんだ(^.^)
遊哉
2006/06/05 20:49
『錯視入門』(北岡明佳著、朝倉書店)が2010年7月中旬に発売されます。
錯視図形満載ですので、どうかご覧ください。
ほにゃらら
2010/07/02 23:42
☆ ほにゃらら さん、わざわざありがとうございます。面白そうな本ですね。
 ここのブログで、北岡さんの錯視のページを紹介した身としては、とても嬉しいです(^^♪。
 拝見させていただきます。
遊哉
2010/07/03 00:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ポップル錯視 団塊バカ親父の散歩話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる