団塊バカ親父の散歩話

アクセスカウンタ

zoom RSS 『制裁』

<<   作成日時 : 2017/03/22 21:10   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 2




画像

                 〔今朝の朝日〕


 “グレーンス警部”シリーズとして世界的に大ベストセラーとなっているミステリーの第一作『制裁』を紹介する。
 アンデシュ・ルースルンドとベリエ・ヘルストレムの共著で、2007年にランダムハウス講談社より邦訳・刊行された作品が、著者による改稿を反映した上で再文庫化されたものである。

 凶悪な女児暴行・殺害の罪で服役中の囚人で連続殺人犯のベルント・ルンドが、護送中に逃走した。
 再び幼い少女が犠牲となる可能性が高いと見た警察が総力を注ぎ、ベテランのストックホルム市警警部のエーヴェルト・グレーンスとスヴェン・スンドクヴィスト警部補がその行方を追うのだった。

 そんな時、5歳の娘マリーを保育園に送り届けた作家のフレドリック・ステファンソンは、帰宅後のテレビでその報道を見て凄まじい衝撃を受けた。見覚えがあるのだ。
 園の門の前のベンチでじっと座っていたひとりの男が、そのベルント・ルンドだ。
 彼は祈るようにわが子の元へ急ぐが……。

 一方、囚人が脱走した刑務所では、囚人間で性犯罪者への強い憎しみが渦巻いていた。
 
 悲劇は繰り返されてしまうのだろうか? フレドリックは娘マリーを助けることができるのだろうか?
 刑事二人はベルント・ルンドを逮捕できるのか?

 連続殺人犯ベルント・ルンド、娘を助けようとするフレドリック、刑事二人、そして刑務所の囚人たちの行動が順次描写されていくのだが……
 それぞれが駆り立てられるようにして起こした行動が、思わぬ結果を招いていく。
 結末を見たと思ったのもつかの間、異常な暑さに見舞われた夏のスウェーデンで、憎しみの連鎖が悪夢の展開をみせ、思ってもみなかった悲劇が起きてしまう。

 これ以上のあらすじ紹介はネタバレになってしまうので、ムリである(^^ゞ。

 ミステリーやサスペンスとしての面白さだけでなく、福祉制度が充実していると言われるスウェーデンの司法制度や刑務所の問題点を鋭く抉り出していく充実した社会派小説になっている。


<今日のお薦め本>
『制裁 ODJURET』 アンデシュ・ルースルンド&ベリエ・ヘルストレム 著、ヘレンハルメ美穂 訳、ハヤカワ・ミステリ文庫、1037円、17.02.25. 発行
 著者二人について、カバー裏から紹介しておきます。
< アンデシュ・ルースルンド
 スウェーデンの作家。1961年生まれ。ジャーナリストとしての活動を経て、ベリエ・ヘルストレムとの共著である本書で2004年に推理作家デビュー。北欧ミステリの最高峰である「ガラスの鍵」賞を受賞した。『三秒間の死角』(2009年)で英国推理作家協会(CWA)賞インターナショナル・ダガー賞を受賞したほか、日本では『熊と踊れ』(2014年、ステファン・トゥンベリとの共著)で『このミステリーがすごい!』、「ミステリが読みたい!」などの年間ミステリランキング一位を獲得するなど、国際的に高い評価を得ている。>
< ベリエ・ヘルストレム
 スウェーデンの作家・評論家。1957年生まれ。かつて服役囚だった自身の経験から、犯罪防止団体を設立。取材に訪れたルースルンドと出会い、本書を共著して推理作家としてデビューした。本書から始まる〈グレーンス警部〉シリーズは世界累計500万部以上の大ベストセラーとなっている。>

制裁 (ハヤカワ・ミステリ文庫)
早川書房
アンデシュ・ルースルンド

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 制裁 (ハヤカワ・ミステリ文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


<後記>えー、ええっーと次々と思わぬ展開をみせる物語で、サスペンス溢れるミステリーになっています。
 登場人物それぞれの描き方が緻密で、味わい深い作品です。
 刑務所での囚人たちの行動や考え方がよく描かれていますが、最初はなんでこんなに詳しく書かれているんだろう? と思いながら読み進めると、最後にその理由がわかります。
 とんでもないラストです(^^)/。
 
 今日(22日)はカミさんは、朝早くから東京時代の友達2人と日帰り温泉に行きました。
 ということで7時10分くらいに散歩に出ました。快晴です。
 公園の草つきの斜面を上っていきました。
 北寄りの風がわりと強かったです。

画像

画像

画像

 原っぱをウロウロしていきます。

画像

画像

 コブシは8分咲きくらいになりました。

画像

 テニスコート脇を回っていきました。

画像

画像

画像

 原っぱに戻って、すぐに下りていきました。

画像

画像

 SORAの大きな影ができていました。
 階段を下りて帰りました。

 日中はどこへも出かけずに、テレビを観て本を読んでいました。
 夕方の散歩は4時50分ころに出ました。空は雲に覆われています。

画像

 公園に行って、原っぱに向かいます。

画像

画像

 雲の中の夕日から、下に向かって光芒が射していました。

画像

画像

 原っぱをウロウロしていきました。

画像

画像

 北西の空から黒雲が湧き出しているようでした。

画像

画像

 草つきの斜面を下りていきました。

画像

 スリスリ。

画像

 そして、ブルブルッを繰り返しました(^^ゞ。

画像

 ちょっと冷たい風が吹いていましたが、しばらくマッタリすることにしました。

画像

画像

 SORAはあっちこっち見ていました。

画像

 「おいで〜」と言うと、寄ってきました(^^)/。
 帰ることにしました。

画像

画像

 夕日が一瞬見えました。

画像

 のんびりと帰ってきました。
 カミさんは7時ころに帰ってきました。

 明日(23日)も晴れますが、夕方からはまた曇ってくるようです。朝晩は寒そうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 47
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
ホントに久しぶりの雨でしたね。前日の雨模様の時の雲、よく見ると普通の曇り空の雲とは違った色に感じるものですね。どんよりというより重そう〜な色合いに見えました。こんなところも面白いですね。雨だとSORAちゃんはスリスリ出来なくてパワーが有り余ってしまったんですね、その分昨日は発散できましたね(^^)。
ひぽたん。
2017/03/23 17:29
☆ ひぽたん。さん、こんにちは♪
 たまには一日雨というのもいいものです。空気が乾燥していたので、お湿りがありがたかったです。
 雨雲というのは独特の雰囲気があります。普通の曇りの時の雲とは違いますね。
 SORAにとってのスリスリはストレス解消になっているんだと思います。それができなかった昨日は、家に帰ってから走り回ったあと、尻尾をブンブンと回しながらひとりボール遊びをしていました。面白かったです(^^ゞ。
遊哉
2017/03/23 18:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『制裁』 団塊バカ親父の散歩話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる