団塊バカ親父の散歩話

アクセスカウンタ

zoom RSS 『暗い暗い森の中で』

<<   作成日時 : 2017/07/24 23:35   >>

ナイス ブログ気持玉 63 / トラックバック 0 / コメント 0




画像

                 〔今日の夕空〕


 女性のゆがんだ執念の怖ろしさをテーマにしたミステリーで、英国の女性作家ルース・ウェアのデビュー作『暗い暗い森の中で』を紹介してみる。

 プロローグは、次のように始まる。


<わたしは走っている。
 月が照らす森の中を走りながら、枝に服を引き裂かれ、雪にしなだれた茂みに足を取られる。
 イバラのトゲが両手をひっかく、喉の奥で息がちぎれる。痛い。そこらじゅうが痛い。
 でもこれがわたしのすることだ。走る。これならできる。
 走るときはいつも頭の中でマントラを唱える。それはめざす到着タイムだったり、いらいらの原因だったりで、こちらは舗装道路にたたきつけて追い散らす。
 でも今わたしの中で鳴っているのはひとつの言葉、ひとつの思いだ。
 ジェイムズ、ジェイムズ、ジェイムズ。
 道路まで行かないと。手遅れにならないうちに早く――。
 見えてきた。黒くうねるアスファルトの道路が月光を浴びている。近づいてくるエンジンのうなりが聞こえる。白線がまぶしくて目が痛い。ヘッドライトにさらされた黒い木の幹が深い傷のように思える。
 間に合わない?
 倒木につまずきながらも最後の三十メートルをがむしゃらに走る。心臓が破裂しそうだ。
 ジェイムズ。
 間に合わない――車がすぐそこまできている。とめるのは無理だ。
 わたしは両腕を広げ、アスファルトの道路に飛び出す。
 「とまって!」>


 この走っている女性は、いったい何をしているのか? 何をしようとしているのか? ジェイムズって、誰なのだろうか? 車の前に飛び出して、大丈夫なのだろうか?
 いろんな疑問が湧き起こるプロローグだ(^^ゞ。

 主人公は、この物語の語り手で26歳の小説家ノーラ(レオノーラ)・ショーである。
 10年前にある理由があって故郷のレディングを出て以来、ロンドンのハックニーで独り暮らしをしている。仕事も順調で経済的にも自立し、穏やかな日々を過ごしていた。

 そんなある日唐突に、フロ(フローレンス・クレイ)という見知らぬ女性から、ヘン・パーティー(結婚前夜の新婦のために友人が開く女性だけのパーティー)への招待メールが届いた。
 パーティーの主役の名を見てノーラは驚いた。それは10年前に別れて音信不通だった、かつての親友クレア・キャヴェンディッシュだったからだ。
 心の奥底に封印していた過去が蘇り、ノーラの心は穏やかでなくなった。

 一方、クレアとの共通の友人で医者のニーナも招待を受けていた。
 ノーラは逡巡していたものの、彼女にとって心を許す友であるニーナも行くならと、誘い込まれるように招待に応じてしまった。

 会場はおかしなところだった。田舎の鬱蒼とした森に囲まれた一軒家で、近くに民家はおろか、ヘン・パーティーにつきもののパブもクラブもない。携帯電話も通じなかった。
 パーティーにやってきたのもちょっとおかしな面々だった。ノーラとニーナ以外では、脚本家でゲイのトム・ドゥクスマ、クレアの大学時代の友人のメラニー・ブレイン・チョーと招待メールの送り主のフロ。そしてパーティーの主役の美しいクレアである。
 そこで、奇妙なギクシャクとした雰囲気のパーティーが始まった。

 そして、この閉ざされた“暗い暗い森の中で”誰もが予想もできなかった惨劇が起きた。
 あらすじは、ここまで(^^ゞ。

 物語の構成が面白い。プロローグのあとに続くのが、次のような場面である。


<    

 痛い。そこらじゅうが痛い。光がまぶしく、頭痛がする。血のにおいがするし、両手は血でべとついている。
「レオノーラ?」
 痛みの靄(もや)からかすかな声がする。頭を動かそうとするが、言葉が出ない。
「レオノーラ、もう大丈夫よ、ここは病院なの。今から検査を受けてもらうわね」
 歯切れよく大きな声でしゃべる女性だ。その声が痛い。
「どなたか連絡したほうがいい人はいる?」
 もう一度頭を動かそうとする。
「頭を動かさないで」女性が言う。「頭に怪我をしたのよ」
「ノーラ」わたしはささやく。
「ノーラに連絡してほしいのね? ノーラってどなた?」
「わた……わたしの名前」
「わかったわ、ノーラ。力を抜いて。そうすれば痛くないわ」
 でも痛い。そこらじゅうが痛い。
 なにが起きたのだろう?
 わたしはなにをしたのだろう?>


 病院で気がついたノーラだが、いったい何が起きたのか思い出すことができなかった。
 物語は、この病院と森の中で起きたこととが交互に描かれていくのである。
 しだいに森の中で起きた惨劇がどのようなものなのかがわかってくる。
 同時に、ノーラとクレアだけでなく、パーティーに参加していた面々、そしてジェイムズという男の伏せられていた過去の謎もわかってくる。隠されていた罠もわかってくる。
 “暗い暗い森の中で”、いったい何が起きたのだろうか?

 緊迫感溢れた巧みなプロットで、一気に読ませるみごとなミステリーである。


<今日のお薦め本>
『暗い暗い森の中で IN A DARK、 DARK WOOD』  ルース・ウェア 著、宇佐川晶子 訳、ハヤカワ文庫、1231円、17.06.15. 発行
 著者について、カバー裏から紹介しておきます。
<英国サセックス州ルイス出身。マンチェスター大学卒業後はパリに移り住むが、その後ロンドン北部に落ち着く。ウェイトレス、書籍販売、英語教師、広報担当の経験あり。本書は彼女の小説家デビュー作であり、はやくも映画化が進められている。結婚し二人の小さな子供がいる。>

暗い暗い森の中で (ハヤカワ文庫NV)
早川書房
ルース・ウェア

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 暗い暗い森の中で (ハヤカワ文庫NV) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


<後記>女の友情って怖い。女の執念って怖い。そして、女そのものが怖い。と思わされる物語です(^^)/。
 訳者あとがきに、次のようなことが書かれていました。

<『ゴースト・ストーリー』などの著書があるアメリカの作家、ピーター・ストラウブは本書を「ルール・ウェアはすごい小説を書いた。目隠しされて鬼ごっこをしているような気分にさせられる」と絶賛している。>

 まさに“目隠しされて鬼ごっこをしているような気分にさせられる”サスペンス・ミステリーです。夏休みにお薦めの物語です(^^ゞ。
 
 今日(24日)は一日曇りがちでしたが、ときどき陽も射して蒸し暑くなりました。
 カミさんは昼から友達のところに行きました。
 午後3時半ころに、次女夫婦がウッディを連れてやってきました。シーパラで、プロジェクション映像とイルカたちがコラボするショーをやっていて、ふたりでデートをしたいのでウッディをうちに置いていくためでした(^^ゞ。
 ふたりは5時ちょっと前に出かけていきました。
 カミさんが5時半ころに帰ってきて、6時ちょっと前にウッディも連れて散歩に出ました。
 空は雲に覆われています。

画像

画像

 夕日はまったく見えませんでした。
 公園を回っていきました。

画像

画像

画像

 原っぱに出ましたが、今日はワンコたちがいっぱい来ていて、ウッディは手前でお座りして進みませんでした。あまりにワンコが多すぎて尻込みしたようでした(^^ゞ。

画像

 ウッディをボール遊びに誘いましたが、いつもと違ってあまり乗ってきませんでした。
 次はウッディをカミさんに預けて、SORAを誘うと乗ってきたので遊びました。
 SORAは、最後はまたベンチに跳び乗ったので、マッタリすることにしました。

画像

 向こうのベンチにいるのは、ジャックラッセルと飼い主さんです(^^ゞ。

画像

画像

 カミさんとウッディは、あちこちウロウロしていました(^^)/。

画像

画像

画像

 西寄りの風が強かったのに、今日の遠くの夕空はほとんど変化がありませんでした。

画像

画像

 カミさんはワンコの飼い主さんたちとのおしゃべりモードに入りました(^^ゞ。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

 SORAがしびれを切らしてベンチを下り、「おしゃべり、まだ終わらないかなあ」という感じで、カミさんの方を見ていました(^^)/。

画像

 カミさんたちのおしゃべりも解散したので、帰ることにしました。

画像

画像

画像


 次女夫婦は9時前に帰ってきました。シーパラのショーは楽しかったそうです(^^ゞ。
 ちょっとおしゃべりをしてから、ふたりと一匹は帰っていきました。

 ウッディの寝姿を3枚載せておきます。

画像

画像

画像


 明日(25日)は陽射しが届いても雲が優勢の一日のようです。にわか雨の可能性があって、午後は激しい雷雨になるかもしれません。夜遅くからは雨になるようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 63
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『暗い暗い森の中で』 団塊バカ親父の散歩話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる