団塊バカ親父の散歩話

アクセスカウンタ

zoom RSS 『ノミのジャンプと銀河系』

<<   作成日時 : 2017/08/08 23:16   >>

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 0




画像

                  〔今夕の小焼け雲(^^ゞ〕


 椎名誠さんのサイエンス・エッセイ集『ノミのジャンプと銀河系』を紹介してみる。

 目次から内容を見ると、次のようになっている。(小見出しも拾ってみた)

 はじめに
第一話 見る、覗く――奥底にひそむ快感
 見あげる男/黄金の男/見下ろす男/機械が見ている/体の中を覗く/透明人間の喜びと悲しみ/どこから実体化するのか/東西の隠れ蓑/メタマテリアル/部屋の中の宇宙
第二話 馬――人間を一番沢山のせて走った動物
 馬の交通法規/自動車より馬のほうが強かった時代/乱暴なお馬の稽古/氷河ダムの崩壊/黒い馬が白馬になってしまう旅/シベリア馬は夏もつらいよ/シルバーボールの摘出/チンギスハーンになる/パンタナールの牛追い
第三話 速さ――世界全動植物スピード大会
 おじいさんの名狩人なんていない/狩猟五種競技/進化していく一〇〇メートル走/世界オープン、動物一〇〇メートル競争/チーター走行への挑戦/アブは時速一四五キロ/鰓(えら)呼吸開発に未来の夢/一日一〇〇センチの成長/我々は全員秒速三〇キロで動いている/直径一六〇キロの漏斗(じょうご)つきロケット
第四話 襲ってくるもの――ぬらぬらダラダラへの疑問
 世界中の子供が見た光景/ゴジラは東京湾から上陸できない/人間山からの洪水注意/ガリヴァーのタヌキ寝入り/緊急事態/ぬらぬら者に何ができる/金属粒子の雨/小さなものほど怖い
第五話 潜る――思えばそこは別次元
 不思議な感覚、発見に満ちた世界/海底からの獲物採取と戦争手段/クソ壺号の航海/ダ・ヴィンチの発想の近くまで/水中空気保存装置/サメたちの饗宴/素潜りと海への回帰/空中から海中に
第六話 とぶ――ノミは体長の一五〇倍以上は跳ぶ
 アマゾンベッドの謎/カブトムシの甲冑的開閉式羽隠し/美しいモモンガ/森の空挺部隊パラシュートヤモリ/空軍大勢力はコウモリ/夢のスクリュー魚/タワー・ジャンパーズ/墜落の連続/ぼくが一番好きな巨大オンボロ飛行艇
第七話 太陽系――アンドロメダまで最速二五〇〇万年の夢
 落ち着きのないユデタマゴ/衛星から土星を見ると/金星は反逆児/ふたつの地球の可能性もあった/直径二メートル半のバウムクーヘン/日本列島に入ってしまう太陽系/宇宙エレベーターへの期待/人工土星の作り方/地球人の夢
第八話 極寒@――小便の王様とは何か
 世界一寒い国/異次元に到着/汗まみれになる場所/黄泉(よみ)の国/まずいロシアめし/鉄が食いつく/ねじ曲った家の秘密/空中全部冷凍庫/カーテンまき男/小便の王様
第九話 極寒A――抜群のうまさ、抜群の汚さ
 黒い馬が白馬に変る/タイガの奥へ/空気中凍結する釣り魚/極寒放牧場の食卓/マロースからの脱出/マルちゃんラーメンを見つけた!/休日の商店街/高級レストランの真実/極寒ツチノコを見た!
第十話 酷暑――湿気と乾き。蛇と蠅
 暑さとは「気温」ではないかもしれない/雨の匂いがする/勝手に開いてしまう本/ヘビの街/タクラマカン砂漠への探検/やはりラクダが一番/星の背後に闇がある/砂だけでない広漠/ハエと死の砂漠へ/アボリジニの力量
第十一話 奥アマゾン――博物学の黄金地帯
 大河の入り口/ナマケモノの排便/本当の長さは不明/半年間の洪水/女を犯すピンクイルカ/四メートルのピラルクー/豚とサナダムシ/スクリュージュの話題
 あとがきのような
 本書で紹介された本

 椎名さんはSF小説も手がけているだけあって、科学本が好きなようである。
 ノミの跳躍から宇宙の果てまでのいろんな科学の話題を、自身の世界各国への辺境の旅の体験なども交えて縦横無尽に綴ったサイエンス・エッセイ集である。

 「はじめに」でこんなことを書いている。


<子供の頃の一日はナゾに満ちていた。目の前でみる多くのことがナゾだらけ。でもそのナゾはなかなか解明しなかった。解明の手だてがなかったのだ。どうしてかなあ、不思議だなあ、という思いをたくさん抱いたまま疲れて寝た。遊びで疲れていたわけでナゾを解明するためにアタマを使いすぎていたからではない。ただ横になっているといつの間にか眠ってしまっていた。本当はまだ眠りたくないのに眠ってしまっていた。それもナゾの一種だった。
(中略)
 大きくなってくると不思議やナゾの一部の回答を本があたえてくれた。本を読むとまた別のナゾが生まれるが、少し考えているとなんとなく答えが見つかるようなコトがあった。機関車を動かす蒸気の力とかドップラー効果とか水圧なんていうことを実際の体験から理解していくようなことがたびたびおきたのだ。
(中略)
 こういうナゾや疑問を常に抱きながらいつのまにか大人になった。
(中略)
 二〇代の頃からぼくは世界の辺境地といわれるところにたびたび出掛けていたが、その未知の世界で出会う不思議なことをこのように帰国してその分野の専門書などを読んで理解していくのが楽しみになっていた。
 行動しながら出会う不思議に圧倒されて、その不思議は何百年も前に世界のあらゆる人がまったく共通してナゾだ、不思議だと思っていたりすることも知った。
 そういういくつものナゾや秘密を解明するために密林に一年間閉じこもって観察、観測していたら、ぼくも自分だけのナゾを(せめて一端でも)解明したかもしれないが、そんな能力も余裕もなく「ああすげえなあ、ナゾだなあ」と思うだけで帰ってきてしまっていたので、とうとう自分では何も解明できなかった。
 この本は、そういう子供時代から現在に至るまでの回答できないぼくの人生の不思議と感動が無責任に詰まっているのであります。
 好奇心の雑貨屋みたいなものだったから未解決事件(?)はナマゴミの回収車がやってくる週末のゴミ集積所みたいにナゾを山積みしたままのゴミ屋敷になっている。なかなか論理的に回収、解決できない人生がいまだに続いているのであります。
(中略)
 この本はそういう幸福な疑問男の、世の中にある「なんでだろう」の病原菌に満ちた居場所不明のヨタ本としてとらえていただければ幸せです。>


 そんな“「なんでだろう」の病原菌に満ちた居場所不明のヨタ本”ではあるのだが、椎名さんらしいとても面白い本である(^^ゞ。


<今日のお薦め本>
『ノミのジャンプと銀河系』 椎名 誠 著、新潮選書、1404円、17.06.25. 発行

ノミのジャンプと銀河系 (新潮選書)
新潮社
椎名 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ノミのジャンプと銀河系 (新潮選書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


<後記>巻末に「本書で紹介された本」が載っていますが、この本はいろんな本の紹介本にもなっています。
 椎名さんは本好きで有名ですが、ノンフィクションの科学解説本や探検・紀行本等だけでなく小説や歴史本など多岐にわたっています。
 面白そうな本ばかりで、読みたくなります(^^ゞ。
 小説家らしい謎や不思議への好奇心が横溢した本だと思うので、科学に興味のある中学生以上の子どもなら、ワクワクドキドキしながら読める本だと思います。もちろん、好奇心を失っていない大人も(^^)/。

 今日(8日)の日中は雲は多かったが、思ったより陽射しが出て蒸し暑くなった。

画像

画像

 昼ごろに買い物に出たときの空である。白い雲が多かったが、濃い青空も見えた。

 夕方の散歩に出たのは6時40分ころだった。4時ころから増えてきた雲が全天を覆っていた。

画像

 夕日は見えない。公園を回っていった。

画像

画像

画像

画像

 原っぱに行って、SORAはまずスリスリ(^^ゞ。

画像

画像

 あとはのんびり、マッタリしていた。

画像

画像

 蒸し暑かったが西風がわりと吹いていたので、SORAをボール遊びに誘って遊んだ。
 そのあとはいつものベンチに行った。

画像

画像

 SORAはしばらくハアハアしていた(^^ゞ。

画像

 北西の空の地平線近くが少し明るくなってきた。

画像

 SORAは草の上に下りて、飼い主さんと駆け回る柴ワンコを見ていた。

画像

画像

 北西から北にかけての上空の雲が橙色に染まってきた。

画像

画像

画像

画像

画像

 これ以上は染まらなかった(^^)/。
 あとは急速に暗くなっていった。

画像

画像

画像

画像

 帰ることにした。

画像

画像


 明日(9日)は陽射しが届き猛暑日になって、うだるような暑さになりそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 48
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『ノミのジャンプと銀河系』 団塊バカ親父の散歩話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる