団塊バカ親父の散歩話

アクセスカウンタ

zoom RSS 『贖(あがな)い主 顔なき暗殺者』

<<   作成日時 : 2018/02/10 22:36   >>

ナイス ブログ気持玉 59 / トラックバック 1 / コメント 2




画像

                〔朝散歩の時の雲に隠れがちの朝日〕


 ノルウェーの作家ジョー・ネスボの“刑事ハリー・ホーレ”シリーズの新邦訳『贖(あがな)い主 顔なき暗殺者』を紹介する。
 このシリーズの第一作でデビュー作『ザ・バット 神話の殺人』はここで紹介したが、本作も巧みなプロットのミステリーでサスペンスフルな警察小説であることに変わりなく、とても面白い。

 プロローグは次のように始まる。


<  1 星 
                       一九九一年八月


 彼女は十四歳、しっかりと目を閉じて集中すれば、屋根を隔てていても、その向こうの星を見ることができると信じていた。
 まわりでは女性たちがみな息をしていた。規則正しい、深い、夜の息。一人は鼾(いびき)をかいていた。開け放された窓の下のマットレスを与えられている、サーラおばだった。
 彼女は目をつむり、みんなと同じように息をしようとした。眠るのが難しかった。第一の理由は、周囲のすべてがあまりに新しく、あまりに異なっているからだった。ここ、エストゴールでは、窓の向こうの夜と森の音が違っていた。伝道本部での会合と夏のキャンプで知り合った人々は、どこか同じではなかった。彼女も同じではなかった。この夏、鏡で見る自分は、顔も身体も新しかった。男の子に見られたときに湧き上がる、妙に熱くて冷たい気持ちも同じではなかった。特定の一人に見られたときは、とりわけそうだった。ロベルト、彼も今年は違っていた。>


 何かが起こりそうである。
 そして、起きてしまった。
 オスロ近郊のエストゴールの森でノルウェー救世軍のサマー・キャンプに参加した14歳の少女が、何者かにレイプされてしまったのである。
 この事件は表沙汰にならなかったが、物語のラストに大きなかかわりをもってくる。

 このあと舞台は12年後、クリスマスまで10日余りとなった2003年12月14日(月曜日)のオスロに移る。
 物語は3人の男が、それぞれの目的のために行動する姿がカットバックで描かれていく。
 ひとりは主人公のオスロ警察刑事部の警部ハリー・オーレ、もうひとりはノルウェー救世軍の青年大尉ヨーン・カールセン、そして最後のひとりはクロアチア共和国から潜入した年若き殺し屋である。殺し屋は過去の経緯からマリ・スパシテリ(小さな贖い主)という暗号名をもっていた。
 いろいろな事件が錯綜していくのだが、物語は主にこの3人の視点からそれぞれのストーリーが進行し、しだいに三本の筋が絡み合い一本の太い流れとなって、勢いを増し突き進むのだ。

 事件の幕開けは、オスロのメイン・ストリートにある広場で開催された街頭コンサートで、救世軍兵士ロベルト・カールセンが射殺されたことに始まった。
 彼はヨーンの弟だった。
 ハリーはこの事件の捜査に当たるが、衆人環視のなかにもかかわらず、目撃証言がまったく得られず、物的証拠もなく、動機も不明だった。

 一方、殺し屋はすぐにオスロを脱出しようとするが、ひどい降雪で航空便が欠航になり、一晩滞在せざるを得なくなる。
 翌日、新聞を目にした彼は驚愕する。
 殺した男は、ターゲットとは別人だった。

 捜査チームは、名前は不明だが犯人がクロアチア人の殺し屋だと特定し、指名手配した。
 その男は、殺人契約を全うするため、厳寒のオスロで過酷な逃避行を続けながら、本来のターゲットを繰り返し狙っていくが、その度に邪魔が入り目的を果たすことがなかなかできない。
 そのうちに、偽名だが彼のパスポートの名前が割れ、クレジットカードが使えなくなり、手持ちの現金も底をついてしまった。
 そのうえ殺しの失敗を重ねたため、銃弾も使い果たしてしまったのだ。

 ハリーらは徐々に殺し屋を追い詰めていく。
 だが、一度見た顔は絶対に忘れないという特殊な能力をもつオスロ警察鑑識課長のベアーテ・レンですら見分けのつかないこの“顔なき暗殺者”と、ハリーらとのひりつくような攻防戦は困難を極めたものとなった。
 殺し屋は、“パントマイム顔面”と言われる「化粧も、変装も、整形手術も必要としないで顔の外見を変えられる人物」だったのである。

 はたして、暗殺者は本来の目的を遂げるのだろうか?
 はたまた、ハリーら捜査陣はそれを阻止し、暗殺者を逮捕することができるのだろうか?
 ラストに明かされる真相(謎解き)は、「グヤジイ、してやられた!」と思わされるものだった(^^)/。


 最後に、『週刊文春』(2月8日号)・書評欄の「ミステリーレビュー」に書かれていた、池上冬樹さんの本書の講評を紹介しておく。

<世界的ベストセラー、刑事ハリー・ホーレものの新作。救世軍メンバー射殺事件、暗殺犯の逃亡劇、そこに十二年前の少女レイプ事件を絡めて予想外の方法へと導いていく。
 前作『悪魔の星』事件の後遺症が語られるので、単独で読むと前半は辛いが、事件の構図が見えてくる上巻の終盤からノンストップ。ネスボらしく複数の事件を巧みに交錯させ、十二分にひねりを加え、驚きの展開を辿り、ぐいぐいと引っ張っていく。蛮勇にみちたホーレは今回傷心を抱え、事件関係者に優しく、淡いロマンスも印象深く、刑事たちの人間模様も溌剌として面白い。充実の一作だろう。>
 ちなみに採点は★★★★だった。


<今日のお薦め本>
『贖(あがな)い主 ― 顔なき暗殺者』上・下 ジョー・ネスボ 著、戸田裕之 訳、集英社文庫、各907円、18.01.25. 第1刷
 著者について、カバー裏から紹介しておきます。
<1960年ノルウェーのオスロ生まれ。少年期にはサッカーに熱中しプロ選手を目指すも、膝を故障し断念、ノルウェー経済大学に進学。卒業後、就職する傍ら、大学時代から始めた音楽活動も続行し、バンドを結成。しばらく仕事とバンドを両立させていたが、やがて燃え尽き症候群のような状態となり、オーストラリアへ半年逃れる。この時初めて書いた小説『ザ・バット 神話の殺人』が「ガラスの鍵」賞を含む複数の賞を受賞、作家への道が開ける。本書は2005年刊行のハリー・ホーレ・シリーズ第六作。>

贖い主 上 顔なき暗殺者 (集英社文庫)
集英社
2018-01-19
ジョー ネスボ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 贖い主 上 顔なき暗殺者 (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



贖い主 下 顔なき暗殺者 (集英社文庫)
集英社
2018-01-19
ジョー ネスボ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 贖い主 下 顔なき暗殺者 (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


<後記>複雑で精緻に組み上げられたプロットを楽しめます。
 同時に、ハードボイルドであり伝統的な謎解きミステリーでもあり、サスペンスフルな警察捜査ものでもある小説の醍醐味を味わえます。
 “赦しと贖い”を主要テーマとしながら、親と子や兄弟という家族間の愛憎や、オスロに蔓延する麻薬禍という社会問題もテーマとなっています。

 ハリーをはじめとした登場人物たちも、とても個性的で魅力があります。
 ハリーの捜査は強引なところがあって、上司や部下から反発されてもいますが、部下の一部からは彼の捜査能力や人間性に惹かれて慕われてもいます。
 彼らの会話がユーモアがありながら、なんとも皮肉っぽかったりしてオカシクで面白いです(^^ゞ。
 何か所か引用・紹介しようかと思ったのですが、長くなるので止めておきます。
 そのあたりのことは、是非、本書を読んで味わっていただきたいと思います(^^)/。


 今朝(10日)はカミさんがいないので、朝の散歩に出ました。7時半ころでした。

画像

 雲が空全体を覆っていて、陽射しは届いていませんでした。

画像

 公園を上っていきました。

画像

画像

 原っぱに出て西空を見ると、傘雲の連なりがあります。

画像

 SORAは端っこを歩いていきます。

画像

 テニスコートを回っていくことにしました。

画像

 傘雲をもう一度見ると、一番奥の傘雲は富士山の上にかかっているようです。

画像

 写真を撮ろうと「SORA、待ってて!」と言ったら、振り返ってにらまれました(^^)/。

画像

 原っぱに戻って、すぐに下り始めました。

画像

画像

画像

 帰り道で朝日を見ると、まだ雲に隠され気味でした。

 家に帰ってしばらくすると、雲が少なくなって陽射しが出てきて、気温も上がりました。
 昼ごろに買い物に出た以外は、家でオリンピックを観ていました。
 4時くらいから雲がまた増えてきました。
 夕方の散歩は雨が降ってくるという予報だったので、早めに4時20分くらいに出ました。

画像

 空はすっかり雲に覆われています。

画像

 公園の草つきの斜面を上って、原っぱに出てウロウロしていきました。

画像

画像

画像

 朝と同じくテニスコートを回ることにしました。

画像

画像

画像

 花壇を裏側から見たら、菜の花がたくさん咲いています(^^ゞ。
 原っぱに戻って帰ることにしました。

画像

画像

画像

 夜7時過ぎから雨が降ってきました。
 カミさんは8時半ころに帰ってきました。

 明日(11日)は未明まで雨が続き、朝になると陽射しが出てきて気温がわりと上がるようです。午後はにわか雨が降るかもしれません。夕方からまた曇ってくるようです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 59
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『コマドリの賭け』
                 〔今日の夕空・夕景〕 ...続きを見る
団塊バカ親父の散歩話
2018/03/04 21:36

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
遊哉さん、おはようございます(^◇^)

赤や白やピンクのウインターチューリップの花壇の横で、SORAちゃんが振り返ってこちらを見ている顔、確かに睨んでいる様にも思えますが、私はとても「迷惑だな」って困っているような顔に見えました(^_-)-☆けれども、とっても、可愛いなとも思いました(^^)/

いつも、お立ち寄り頂きまして、ありがとうございます(笑顔)
アイリス
2018/02/11 11:29
☆ アイリスさん、おはようございます♪
 SORAは、せっかく気持ちよくトコトコと歩いていたのに、「止めるなよ」と思っていたのかもしれません(^^)/。
 ブレても歩いている感じが出る写真もいいですが、暗くなるとボケボケになるので、たまに動きを止めて撮ります。SORAにとっては迷惑でしょうね(^^ゞ。
 かわいいと言っていただけると、嬉しいです(^^ゞ。
遊哉
2018/02/11 13:12

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『贖(あがな)い主 顔なき暗殺者』 団塊バカ親父の散歩話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる