アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「団塊世代」のブログ記事

みんなの「団塊世代」ブログ

タイトル 日 時
いつ運転を諦めたらいいか?
いつ運転を諦めたらいいか?  今日(22日)発売の『週刊文春』(3月1日号)に、気になる記事があった。  タイトルは「この徴候が現れたら高齢者は運転を止めるべし! 保存版チェックリスト」というものだ。  自身の問題でもあるので、覚書としてまとめておくことにする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 67 / トラックバック 1 / コメント 0

2018/02/22 23:34
高齢者の運転における課題
高齢者の運転における課題  「老いとともに」という特集が、朝日新聞で昨年12月から今年の3月まで月一回(毎月第一水曜日)組まれている。  その1月(4日に掲載)のテーマが「車の運転」ということで、タイトルは「運転卒業 いずれは自分も」とつけられていた。  とても参考になるので、覚書としてまとめてみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 57 / トラックバック 0 / コメント 8

2017/01/07 23:52
退職後の落とし穴
退職後の落とし穴  朝日新聞に、以前は月2回だと思ったが、現在は月1回“GLOBE”というタブロイド判のユニークな新聞が入ってくる。  いろんな特集を組んでいるのだが、それとは別に連載物もある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 64 / トラックバック 0 / コメント 8

2016/05/07 13:36
イクジイとかソフリエとか……
イクジイとかソフリエとか……  “イクジイプロジェクト”というのがあるという。「Fathering Japan(ファザーリングジャパン)」というNPO法人がやっている。  今日の朝日新聞の「生活欄」に“「イクジイ」育児に頼もしい”というタイトルで載っていたものだが、ちょっと紹介してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 22

2011/07/15 21:52
リタイア後に楽しみたい習い事は?
リタイア後に楽しみたい習い事は?  4日(土)の朝日新聞の「beランキング」欄に興味深いランキングが載っていた。  ここでは毎週、朝日新聞の無料会員サービス「アスパラクラブ」のウェブサイトでアンケートを実施して、いろんなランキングを発表している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 18

2010/09/07 16:11
老前整理
老前整理  「老前整理」という言葉があるという。  大阪の坂岡洋子さんという女性企業家が提唱しているユニークな考え方である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 22

2010/08/17 23:25
人生は、空回り
人生は、空回り  花見の話が3回続いたので、ちょっと気分を変えて書いてみる(^^ゞ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 18

2010/04/05 23:44
不良老人もいいかも
不良老人もいいかも  昨日の天野祐吉さんの「CM天気図」(朝日新聞11/12)に面白い話が載っていた。  タイトルは「求む不良老人」である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 1 / コメント 22

2009/11/13 20:26
後ろは振り返る、そして同じことを繰り返す
後ろは振り返る、そして同じことを繰り返す  加藤和彦さんが亡くなった。自殺だそうである。  同じ年の生まれだから、いろいろ感慨深いものがある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 28

2009/10/20 20:18
男に収集癖があるわけ
男に収集癖があるわけ  いつも読んでいる週刊誌『週刊文春』には、連載エッセイが多い。  その一つに、動物行動学研究家の竹内久美子さんが書いている「ドコバラ!」というのがある。「ドコバラ」とは「ドウブツ コウドウ学 バラエティー!」の略である。  内容は、読者からの人の行動、最近の出来事、さらには人の営み、自然界への素朴な疑問や質問に、竹内さんが動物行動学の視点から答えるものである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 1 / コメント 20

2009/09/29 09:22
老化を肌で感じる?
老化を肌で感じる?  シルバーウイークのなかの一日、21日の「敬老の日」にちなんで、総務省が15日現在の人口推計を発表した。  65歳以上の高齢者の人口は2898万人で、総人口に占める割合は22.7%と、いずれも過去最高になったという。  20日に発表され、各紙に出たので読まれた方も多いと思うが、朝日新聞の記事(21日朝刊)も参考に、改めて考えてみたい。(詳しくは、ここで) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/09/27 17:15
ひとり遊び
ひとり遊び  ちょっと前に記事にした本『どうしても描きたかった 60年前のえにっき』で、“子供はひとりのときものを考えるし、ひとりのとき成長する”という考え方があることを紹介した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/01/30 23:02
ラブ&ピース
ラブ&ピース  今日も、昨日に続いてちょっと前の新聞記事からである。オノ・ヨーコさんの講演会を紹介したものである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/01/28 23:31
モグラ女の逆襲?!
モグラ女の逆襲?!  昨年“アラフォー”という言葉が流行語大賞を取った。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 26

2009/01/27 22:32
創作料理をつくったのだ
創作料理をつくったのだ  昨日の朝食を終わった時、カミさんが言った。  「今日はちょっとなんだかかったるいから、昼食か夕食に、なにかつくってくれない!」  カミさんは、このところ右足が固定されて歩いているから、ちょっと疲れてしまったらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 27

2008/11/06 21:51
『火を熾(おこ)す』(柴田元幸翻訳叢書)
『火を熾(おこ)す』(柴田元幸翻訳叢書)  『野生の呼び声』や『白い牙』で知られる作家、ジャック・ロンドンの短篇集『火を熾(おこ)す』の紹介である。  柴田元幸が選び、翻訳したものだから、面白くないわけがない(^^ゞ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 10

2008/11/03 22:43
クソ度胸?
クソ度胸?  歌手の泉谷しげるの話である。  金曜の朝日新聞(9/26)と『週間文春』(10月2日号)に、彼のインタビュー記事が載っていた。そこからちょっと彼の発言を引用しつつ書いてみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 17

2008/09/27 21:58
透明感を増したい!
透明感を増したい!  桐島洋子という作家がいる。エッセイスト、ノンフィクション作家として知られている。といっても現在70歳だから、若い方は知らない人が多いかもしれない。    中高年にとっては、自伝的エッセイ『渚と澪と舵』で破天荒な生き方と3人の子どものシングル・マザーとして有名になったし、その他の著作『淋しいアメリカ人』(大宅壮一ノンフィクション賞受賞)とか『聡明な女は料理がうまい』などで、知っている方が多いだろう。  あるいは現在では、その3人の子ども、歌手・女優の桐島かれん(長女)、エッセイストの桐島ノ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2008/06/16 22:35
虫採りで、知性が磨ける?
虫採りで、知性が磨ける?  いつも読んでいる月刊誌『BE-PAL』の7月号に、面白い鼎談が載っていた。  タイトルは「大人も子供も虫採りで“知性”を磨こう!」である。  出席者は、なんと養老孟司、池田清彦、奥本大三郎の虫(採り)好きの3人である。  人にとって虫採りはとても意味がある、という内容で面白い。ちょっと、紹介してみようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 20

2008/06/14 23:44
円の切れ目が、縁の切れ目?
円の切れ目が、縁の切れ目?  以前に、「離婚時の年金分割制度の注意点」という記事を書いた。  「離婚時の年金分割制度」とは、07年から、夫婦が合意すれば、結婚期間中に収めた分の夫(妻)の厚生年金や共済年金を、最大2分の1まで相手に分割できるようになる、というものである。  記事では、この制度ができたからといって、安易に離婚はしないほうがいいよ、ということを書いた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2008/06/13 12:40
ソロとパーティー
ソロとパーティー  先週16日の朝日新聞・文化欄に沢木耕太郎さんの講演の要旨が載っていた。演題は「ソロとパーティー」である。  いろいろ考えさせられる内容だったので、簡単に紹介してみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 13

2008/04/21 23:48
定年・初老期うつ(鬱)
定年・初老期うつ(鬱)  定年を機に、あるいは定年の日が近づくにつれて、心に穴が開いたようになる人がいるという。いろんな意味で、定年前後は気持ちが動揺しやすくなるので、注意が必要なようである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 22

2008/03/02 19:12
ドライバーの認知症の予兆チェック
ドライバーの認知症の予兆チェック  最近は、高齢者の認知症による高速道の逆走が、ニュースになることが多い。  朝日新聞の「もっと知りたい!」(12/21)に、「高速道逆走 高齢者相次ぐ」として、家族が高齢者の認知症のチェックをすることの重要さが書かれていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2007/12/26 23:53
転倒予防
転倒予防  歳をとると転倒しやすくなる。転倒して足の骨を折って、寝たきりになったり、自力歩行ができなくなってしまうこともあるし、時には命を落とすこともある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 8

2007/12/18 20:00
「にもかかわらず」の微笑
「にもかかわらず」の微笑  キレる子どものことが問題になっているが、キレる大人や老人が増えている。“怒りをコントロールできない状態”という、かつては若者特有と言われていた現象が、30代や40代やそれ以上の世代にも広がってきている、ということだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 24

2007/10/19 23:53
肩書 ―― 『セピア色の言葉辞典』
肩書 ―― 『セピア色の言葉辞典』  仕事ではじめて会う人とは、名刺を交換する。名刺には肩書きが書いてある。その相手の肩書きによって、仕事の話の持っていき方が変わることもある。  仕事にもよるだろうが、ある意味で、人はその肩書きで仕事をしている、ともいえる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 8

2007/10/12 00:23
女性の4人に1人がバアさん
女性の4人に1人がバアさん  ちょっと前、といっても先月の「敬老の日」(17日)にちなんで、総務省が発表した推計がある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/10/01 23:05
孫育て <2>
孫育て <2> D ルールを決めておく(8/4) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/09/05 07:29
孫育て <1>
孫育て <1>  小児科医の毛利子来(もうり たねき)さんが、朝日新聞の「育児ファイル」に週1回、「孫育て」という連載をしていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2007/09/04 23:07
あなたの年金記録は大丈夫?
あなたの年金記録は大丈夫?  現在、年金の記録が宙に浮いたり、消えたり、見つからないなどの問題が起きている。自分の年金は、はたしてちゃんと記録に残っているのかどうか、とても不安になると思う。  女性の場合は、結婚して姓が変わったり、仕事を辞めたり、夫が亡くなったりするばあいがあるので、年金記録はより複雑になるからまちがいも多そうである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2007/06/23 01:11
1年1か月ぶりに離婚増
1年1か月ぶりに離婚増  「1年1か月ぶりに離婚が増加した」ということが、20日発表の厚生労働省・人口動態統計速報 [ 月報(概数)] (平成19年4月分)でわかったという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

2007/06/21 20:52
07年度版「高齢社会白書」
07年度版「高齢社会白書」  平成19(07)年度版の「高齢社会白書」が公表されたという。どんな内容かと、ネットで調べてみてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

2007/06/12 23:28
Denim(デニム)
Denim(デニム)  最近ラジオで、心地よい歌が流れている。竹内まりやの「人生の扉」で、いろんなランキングの上位にある。なんでも「Denim(デニム)」という新しいアルバムに入っているという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/06/08 22:21
夫婦喧嘩は親も食わぬ
夫婦喧嘩は親も食わぬ  昨日は昼少し前に家を出て、長女とチビりんを車で東京まで送っていった。もちろん、カミさんとひめも一緒である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 24

2007/05/30 20:54
笛吹き男
笛吹き男       男の子たち、ついてっちゃだめだよ! ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 12

2007/04/30 00:44
「前略 おふくろ様」のころの若者たち
「前略 おふくろ様」のころの若者たち  ちょっと前にテレビで「拝啓、父上様」という連続ドラマをやっていた。なかなか面白かったのだが、もうひとつ乗れないところがあった。なぜかといえば、もう30年近くまえにやっていた「前略 おふくろ様」の思い出が強烈だったからじゃないかと思う。それは、東京は深川の板前や鳶の人たちの物語だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

2007/04/29 00:06
団塊はまだまだ行ける?
団塊はまだまだ行ける?  定年を間近に控えた団塊世代の仕事と生活について、現在と将来の動向や意識を調べたものがある。次の調査結果だが、ごく簡単に紹介してみる。といっても、長くなりそうだが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 18

2007/02/28 00:02
07年問題は遅れる?
07年問題は遅れる?  「07年問題」というのがメディアで盛んに取り上げられるようになって久しい。  これは、団塊世代が07年から定年を迎え、企業の就業体制や技術の維持・伝承に大きな変化が生じ、企業の経営に大きな問題が起きるのではないか。あるいは、大量の退職者を受け入れる家庭や社会にも大きな変化が生じる等々、プラス・マイナス両面での社会問題として論じられてきたのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 18

2007/02/21 22:18
熟年の妻は、夫がいると「寒い」?
熟年の妻は、夫がいると「寒い」?  エアコン大手のダイキン工業(株)が、「第10回 現代人の空気感調査」というのを実施した。この結果が面白いので、紹介してみよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

2007/02/17 21:36
LPレコード
LPレコード  「LP生産 再開相次ぐ」という新聞記事があった(朝日新聞2/9・夕刊、「文化芸能」欄)。  LPレコードは、90年代以降もジャズなどで細々とつくられてきたが、昨年来、ロックやクラシックの生産再開が相次いでいるという。  次のようなものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2007/02/11 12:40
夫婦の危機の回避法
夫婦の危機の回避法  1月29日の朝日新聞に「夫婦の危機 ネットで脱出」という記事が載っていた。団塊の世代にも参考になりそうなので紹介してみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 8

2007/02/01 23:55
子や孫とどうつき合うか
子や孫とどうつき合うか  昨日はチビりんと遊べて楽しかったのだが、往復の車の運転もあったからちょっと疲れた。カミさんが家に帰ってから、いみじくも言ったものである。「子育ては、若くないとできないよねえ」と。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2007/01/31 22:49
思い込み
思い込み  さて、まずは漢字の読み方について、問題を二つ。次の漢字は、なんと読むでしょう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2007/01/29 22:25
一人暮らしのじいちゃんは……
一人暮らしのじいちゃんは……  男が歳をとって一人暮らしになると、いったいどんな生活になるのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 19

2006/11/29 00:05
新? 亭主関白
新? 亭主関白  以前にテレビのワイドショーで紹介していて、面白そうだなと思っていた団体がある。「全国亭主関白協会」(全亭協)というところである。  今日たまたま、雑誌を読んでいたらこの団体の名前を目にしたので、ネットでホームページを探して見てみた。なかなか面白いので、紹介してみようと思う。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 29

2006/11/18 01:05
情報スタイル
情報スタイル  現代の情報生活では、情報との係わり合いとして、「情報関連機器の保有」「情報関連サービスの利用」「メディアの利用」や「情報の受発信スタイル」などのいろいろな面(価値観)がある。  これらについて、博報堂生活総合研究所が分析し、性別や年代を分類した結果が出た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 9

2006/11/14 00:12
配偶者を何と呼ぶ?
配偶者を何と呼ぶ?  9月8日に「結婚してよかった?」という記事を書いた。それは、第一生命経済研究所の「結婚生活に関するアンケート調査」を紹介したものだが、また同研究所から面白い調査の結果が出た。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

2006/10/21 00:40
地図インフォ
地図インフォ  10月2日から、地名をクリックすると、全国どこでも丁目や大字(おおあざ)単位で人口や年代別構成、最寄り駅の情報や気象統計も表示されるという無料サービスがインターネットで始まった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/10/17 00:16
「腹がへった」と亭主は言う。
「腹がへった」と亭主は言う。  昨日の「折々のうた」(10/13・朝日新聞)が面白かった。次のような歌である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2006/10/14 23:44
「人生の楽園」
「人生の楽園」  「人生の楽園」というバカ親父の愛視聴テレビ番組の紹介である。2000年10月に始まったもので、テレビ朝日で土曜の午後6時から6時30分までの放送である。  ご存知の方も多いと思うのだが、時間帯からいって、主婦の方は夕食の支度などで意外と観ていないかもしれないと思うので、紹介してみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 26

2006/09/29 21:15
「転ばぬ先のチェック」
 年寄りが寝たきりになる原因の一つに、転倒による骨折がある。若くて元気な人でも、病気でしばらく入院して歩かないと、てきめんに脚が衰える。年寄りなら、骨折などしてしばらく歩かなかったら、寝たきりになる可能性が大である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 18

2006/09/21 00:38
キャッチボール
 結婚してカミさんのお腹に子どもが宿ったとき、男の子だったら将来思い切りキャッチボールをしたいな、と思ったものだ。でも、うちは娘二人で、その願いは叶わなかった。  男の子が生まれなくても、それはそれでいいと思っているのだが、やっぱりちょっと残念、という気持ちもある。  今日は、キャッチボールのお話。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 20

2006/09/20 08:09
キャリアマトリックス
 ネットに「職業の百科事典」といえるようなサイトがある。500を超える職業を紹介する情報データーベース「キャリアマトリックス(CAREER MATRIX・職業とキャリアに関する基盤情報システム)」というものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2006/09/18 23:43
「死ぬ時はアッカンベー」
 9月13日から、朝日新聞の夕刊に連載されている「ニッポン人・脈・記」で、「現代の漂泊」という新連載が始まった。その2回目(9/14)で高木護(たかきまもる・79)という詩人を取り上げていた。  タイトルは「死ぬ時はアッカンベー 捨て鉢詩人 俗を刺す」。この記事がなかなか興味深かったので、かいつまんで紹介してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 22

2006/09/16 23:59
「おばあちゃん仮説」
 「おばあちゃん仮説」というのがあるんだそうである。これが面白い。どういう仮説かというと、 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

2006/09/11 00:10
のんき
 先日書いた「聞き上手」でも紹介した「暮らしうるおう 江戸しぐさ」(朝日新聞・越川禮子)で、“「呑気しぐさ」でバランスを”(9/6)というのが載っていた。ちょっと紹介してみようと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 10

2006/09/10 10:20
結婚してよかった?
 熟年世代の離婚が話題になったり、晩婚化や未婚が問題になったり、結婚に対する価値観が多様化しているように思われる。  既婚者は、はたして結婚についてどう感じているのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 28

2006/09/08 23:26
涙の効用
 「男の子は泣くな」とお袋に言われながら育った。われわれの年代だったら、だいたいそんなふうに育てられたと思う。だから、男の中には、ここ何年も涙を流したことはない、という人もいるだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 22

2006/09/02 00:35
親父のやせ我慢
 以前に、朝日新聞に連載されている山本一力氏のエッセイ「陽を浴びた朝つゆ」について書いたのだが、30日の夕刊に「かわいい子には旅をさせよ」というタイトルで面白いことが書かれていた。紹介してみようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/09/01 00:05
結婚しない男たち
 30〜40代の「結婚しない男」の未婚理由を調べた調査がある。結婚情報サービス会社の「オーエムエムジー」が、今年の6月に、全国の30歳から49歳の未婚男性、30代750人、40代450人計1200人を対象として行ったネット調査である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 22

2006/08/24 23:20
平均余命
 「平均余命」について書いてみようと思う。人口問題に興味があって、それに関連して人の寿命にも関心がある。といっても、専門家ではないから、ほんの概略である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 18

2006/07/25 00:58
パラサイトシングルが増えている?
 1世帯あたりの規模が2.8人と過去最低になり、パラサイトシングルが増加していることが、国立社会保障・人口問題研究所が04年に実施した「世帯動態調査」でわかったという。  昨日の朝日新聞に出ていたものだが、この調査は5年に1回行われ、今回は全国の1万711世帯から回答を得たという。少し紹介してみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 16

2006/07/24 00:41
あ〜あっ、ジイサンだ!
 最近のことである。家の中にいると感じないのだが、外に出て歩いているときに、左目の片隅に糸くずのようなものが見えることがある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/07/21 21:51
離婚時の年金分割制度の注意点
 カミさんに熟年離婚されるオソレのあるバカ親父は、この問題にとても興味があって「熟年離婚の回避法」(2/3)とか「虎視眈々と……」(6/25)なんて記事を書いてきた。  昨日の朝日新聞に、「離婚時の年金分割制度」についての面白い記事が載っていたので、紹介してみようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 10

2006/07/15 00:28
虎視眈々と……
 朝日新聞の日曜版に「あっと!@デ〜タ」という欄がある。ここが面白い。25日の記事は「結婚は情熱、離婚は経済」というタイトルだった。離婚についてのいろいろなデータが書かれているのだが、ちょっと紹介してみよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 20

2006/06/25 23:54
オープンエンド
 新聞を読んでいたら「オープンエンド」という言葉が出てきた。どこかで見たような聞いたような気はするが、よくわからない。調べてみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 12

2006/06/19 23:22
5か条「愛妻家テミル原則」
 以前に「愛妻の日」(1/26)という記事を書いた。日本愛妻家協会が提唱しているものだったのだが、この協会のブログで山名清隆氏(会長)が面白いことを書いているので、ご紹介する。  とりあえず、その記事「5か条」をそのまま引用してみる。下記のとおりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 24

2006/06/14 21:32
「団塊は、資源です。」
 5月16日の新聞各紙に、宝島社の企業広告が載っていた。新聞を読み進めていると突然、見開き2頁に、馬が群れで走る写真が載っていて驚いたのである。なんじゃこれは、と思った方が多かったのではないだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/05/26 22:33
広げる世代
 <団塊世代は、「広げる世代」である。>と始まるコラムを読んだ。  朝日新聞の「経済気象台」(4月4日)というコラムで取り上げていたものである。紹介してみようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

2006/04/08 20:40
テレビをいっしょに
 昨日の夜、9時少し前だが、カミさんが写真を持ってバカ親父の部屋にやってきた。一昨日の散歩の時に撮った写真である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2006/04/04 00:11
団塊世代は狙われている
 一昨日(3月31日)の朝日新聞に、電通の推計として、07年前後に団塊世代の大量退職が始まることによる経済効果が15兆円にのぼる、とする見通しが出ていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 18

2006/04/02 20:32
痛みが2日後に……
 一昨日の午前中のことだが、カミさんが生垣の剪定をしようという。今ごろ剪定をするのがいいのか悪いのかはわからないが、生垣の枝がツンツンと四方八方に飛び出して、なんともみっともない。  以前は植木屋に頼んでやってもらっていたが、ここ1年ほどは放りっぱなしだった。  庭の梅や木蓮、ミカン、椿などはあまりのひどさにバッサバッサと枝を切ったのだが、生垣が残っていた。やらずばなるまい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2006/03/23 22:21
高齢者ドライバー
 現在92歳のクソ親父が、70歳くらいになったころのことだが、車の運転がどうにも下手になった。普段は運転せず、年に何回か運転するくらいだったから、もう運転免許は返上するように勧めた。  本人も、もう危ないと思ったようで、その後、免許の更新はしなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 18

2006/02/10 21:13
熟年離婚の回避法
 テレビドラマの「熟年離婚」は視聴率も高かったようだが、バカ親父は観なかった。とてもじゃないけど、こわくて観れなかった、というのが正直なところである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 7 / コメント 22

2006/02/03 19:49
愛妻の日
 「愛妻の日」というのが、あるんだそうである。1月31日で、「1」をアルファベットの「I(あい)」とみなし、「31」を3(さん)と1(いち)の頭をとって「さい」と読んで「愛妻の日」としたらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 23

2006/01/26 22:22
主人在宅ストレス症候群
 昭和の終わりごろだったか、テレビのコマーシャルで「亭主、元気で留守がいい」というのが流行った。まあ、世の奥さん方は、それ以前にもそんなことを言っていたような気がするのだが。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 24

2006/01/20 22:21
帽子が好き
 一昨日紹介した『無思想の発見』の中で、「大宅壮一文庫」で有名な評論家・大宅壮一について触れているところがある。次のような文章である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 16

2006/01/14 16:00
洋ナシ型とリンゴ型
 昔、適正体重というのは、身長(cm)から110を引いた値と、100を引いた値の間にあればいいと言われた。  たとえば、170cmの人だったら、60sと70sの間に体重があればいいということである。女性の場合はどうだったのか忘れてしまったが、今はこれに代わって、BMI という指数が使われる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 18

2006/01/11 00:26
50歳未満お断り?
 Biglobeのサイトトップのレイアウトが、3、4日前から変わった。その左上、「BIGLOBE」のロゴの下に、「話題の団塊世代向けサイトはこちら」と出ている。  これは昨年の12月26日から開設されたポータルサイトの入口である。前は、右中ほどにさりげなくあったが、目につくところに移ったので、本格的に始めたらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

2006/01/07 22:12
貧乏人の子沢山?
 一昨日書いた「少子化対策?」には、貴重なそして面白いコメントや TB をいただいた。  いろいろ考えるところもあって、少子化の原因ということについて、改めてまとめてみた。できるだけわかりやすく書いたつもりであるが、まとまりがないかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 15

2005/12/29 23:06
少子化対策?
 この4、5日の間に、少子化と人口減に関する記事が新聞紙上を賑わしている。曰く、「人口 初の自然減」、「人口減時代 改革が急務」、「人口減 どうなる日本」、「人口減 産めぬ現実」等々。  日本が人口減少社会になることは、実はもう30年前からわかっていたことで、有効な手段を打てなかった政府のやり方が間違っていた、あるいは中途半端だったといわざるを得ないだろう。  じゃあどうすればいいのか、なんてバカ親父にわかるわけはないのだが、来年度の少子化対策への政府予算案も出たことだし、ちょっと書いてみよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 21

2005/12/26 23:56
ヒートショックにご注意!
 今日は九州から山陰、北陸を中心に寒気が入り、大雪になったようである。冬至を迎え、明日からは少しずつ日が長くなるとはいえ、寒さはこれからが本番である。  こんな時に気をつけなければいけないのが、ヒートショックである。高齢者が家庭内で亡くなる原因の4分の1を占めているという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 12

2005/12/22 23:47
新型ASIMOに思う
 Honda が新型 ASIMO を発表した。昨日は、どこのテレビのニュースでも取り上げていたし、新聞にも載っていた。なかなか大したものである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2005/12/15 23:48
胃カメラ呑んだ
 毎年1回、日帰りの人間ドックに行っている。今年は7月のはじめに行く予定だったのだが、「石よでてこい!」(6/25)騒ぎがあって、これ幸いと延期していた。あれって、めんどくさいんだよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2005/12/13 21:56
三種の神器
 三種の神器といえば、皇位の標識として歴代の天皇が受け継いできたという下記の三つの宝物である。 ・八咫鏡(やたのかがみ)……天照大神(あまてらすおおみかみ)が天の岩戸に隠れた時、石凝姥命(いしこりどめのみこと)が作ったという鏡。天照大神より瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に授けられたといわれる。 ・天叢雲剣(あまのむらくものつるぎ)……素戔鳴尊(すさのおのみこと)が出雲国簸川上(ひのかわかみ)で八岐大蛇(やまたのおろち)を退治した時、その尾から出たという剣。天照大神に奉った。 ・八尺瓊曲玉(やさ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2005/12/06 19:37
『団塊バカの壁』
 AERA(No.60・11/14)に『団塊バカの壁』というタイトルで、下記の3人が対談をしている。団塊の世代の池田と吉岡が養老孟司と「2007年問題で激突」とある。これは読まねばなるまい、ということで読んでみた。団塊世代とは何か、が少しはわかるかもしれない。独断と偏見で抄録してみた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2005/11/11 21:34
蕎麦打ち
 昨日の夕食が終わってから、カミさんが「区の蕎麦打ち講習会があるけど、行ってみない」と聞いてきた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

2005/11/05 23:17
遺心
 一昨日書いた「遺品の整理と処理」に、yu_mamaさんからのTBをいただいた。コメントを書き始めたら長くなりそうなので、お返しTBとする。以下のとおりである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2005/11/04 19:33
遺品の整理と処理
 お袋が亡くなってから、後1か月ほどで4年が過ぎるのだが、亡くなって3年間は、遺品の整理に手をつけなかった。クソ親父が残っていたし、一緒に住んでいなかったから、遺品の整理にかけるまとまった時間がとれなかったということもある。  それが3年経って、クソ親父と同居することになり、所帯道具を運び入れようにも収納場所を確保しなければならない。意を決して遺品の整理に取り掛かった、というのが実情である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 18

2005/11/02 23:11
即戦力
 新社会人に「企業は即戦力を求めている」とは、よく言われることである。では、この「即戦力」というのが、何を意味しているかというと、はっきりとしていないようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2005/10/27 22:32
団塊の世代を伐(き)れ
 10月15日に徳島県で、「四国の森づくりシンポジウム」というのが開かれた。そのパネルディスカッション『温暖化防止への「木づかい」』で、有馬孝禮東大名誉教授が、次のような提案をしたという。  「二酸化炭素(CO2)を減らすためには、もっと木を伐って使おう」というものである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 14

2005/10/25 20:54
ビタミンJ
 最近の子どもには「落ち着きがない」子が、わりと多いらしい。これは見方を変えれば、「何にでも興味がある」あるいは「エネルギーに満ち溢れている」という、肯定的な長所としてとらえることができる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2005/10/18 21:42
手元供養
 お袋が亡くなったとき、遺骨はお墓に入れた。鎌倉にある比較的有名な霊園で、三十数年前に手に入れたものである。  死んだらお墓に入る、とういうのはあたりまえじゃないか、と言われるかもしれないが、当節どうもそうとは限らないらしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 15

2005/10/17 00:41
丸くなる・円くなる
 寒くなると、ひめは丸くなって寝る。寒くなればなるほど、丸くなる度合いがより強くなる。真冬は、前足を胸の下に入れ、後ろ足の先を顎の下あたり、しっぽの先を鼻の先に持ってきて丸まって寝る。毛の薄いお腹や足先を寒さから守る寝方なのだろう。  エスキモー犬などは、同じような格好で雪に埋もれて眠るようだ。雪洞の中にいるようなものなのだろう。しっぽの先を鼻のところに持ってくるのは、できるだけ冷たい空気を吸わないようにするためらしい。  写真は、カミさんが安売りをしていたとかで買ってきた、犬用のベッドで... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 21

2005/10/09 01:30
わが道<思い出バトン>
 「鉄骨住宅からはじまる第2の人生」のkaakoさんから、<思い出バトン>というのを依頼された。小・中・高校時代の思い出をつづればいいらしい。最初は躊躇したが、エエイままよ、と引き受けることにした。  今までのブログで、この時代のいくつかの断片は書いたが、まとまりのあるものではない。今回もうまくまとまるとは限らないが、いい機会である。思い出してみようと思った。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2005/10/07 22:28
収納の極意
 引っ越してから2か月とちょっと、だいぶこの家にも生活にも慣れてきた。慣れてきたのはいいのだが、困ったことも出てきた。バカ親父の部屋が、前の家のゴチャゴチャ状態に戻りつつあることである。  前の家では、8畳間が茶の間とバカ親父の部屋を兼ねていたのだが、空間の3分の2は箪笥と机、それに本で占められていた。カミさんからは、人も呼べない、といつも怒られていた。  今の家には6畳ほどの書斎を増築して、バカ親父のものはすべてここに入れることにした。窓のない2面の壁には作り付けの書棚も設置した。さあ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 22

2005/10/01 22:37
ブログと仲間
 一昨日書いた「懐かしい台所道具」には、バカ親父のブログには珍しく1日で参照数が100を超えた。いただいたコメントにも皆さんの思い出などが書かれていて、楽しくて、返事を書くのに嬉しい悲鳴だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 20

2005/09/28 21:54
暇人なので、
 昨日の午後、長女からメールがきた。タイトルが「暇人なので、」だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2005/09/13 00:36
奇遇
 今日は、バカ親父とカミさんの共通の友達が遊びにきた。カミさんと同い年の独身女性A子だが、この友達について書いてみようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 21

2005/09/11 21:51
日本の文化を見直す
 昨日の朝日新聞朝刊に、法政大学教授の王敏(ワン・ミン)という中国の方が、日本文化について面白いことを書いていて、教えられることが多かった。「時流自論」という欄に「日本の秘められた文化力」というタイトルで日本の文化の素晴らしさ・特徴、そして期待について書いている。  少し長くなるかもしれないが、その中からいくつか拾ってみたい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2005/09/06 22:09
生まれた年を振り返る
 今日は、ちょっとお遊びである。バカ親父は1947年(昭和22年)生まれの団塊の世代であるが、同年生まれの芸能人・有名人にどんな人がいるのか、知りたくなって調べてみた。調べているうちに、自分が生まれた年がどんな年だったのかを知りたくなった。  そこでまた、調べてみた。以下がその結果である。いろいろ面白かったのである(⇒以下は、バカ親父の感慨) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2005/09/03 20:32
同窓会ブーム
 定年を間近に控えて、団塊の世代を中心に同窓会が静かなブームなんだそうである。あるホテルでは、今年の6月末ですでに、昨年一年間の回数を上回る同窓会が開催されている、なんていうこともあるらしい。    同窓会を開くっていうと、一番ネックになるのが、煩雑な幹事の仕事を誰がやるのか、ということだろう。よほどそういうことが好きな人がいればいいのだが、幹事が決まらずにお流れになる場合が多そうである。  そこで登場したのが、なんと「同窓会幹事代行サービス」というもので、幹事は卒業名簿(同窓会名簿)を渡... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 14

2005/08/31 19:40
独り暮らしシミュレーション
 魚柄仁之助(うおつかじんのすけ)という食文化研究家がいる。福岡県の大正7年創業という由緒ある古典料理屋に生まれたのだが、自身は古道具店を経営するかたわら、食文化を研究している。一月9,000円の食費で生きる男、として有名で、生活の実践をいろいろ書いて面白い本にしている。  そのへんのことは、別の機会に紹介するつもりだが、今日は別の話題である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

2005/08/26 22:41
「美尻」パンツ
 今日の朝刊(朝日新聞)に、なんとも面映い記事が載っていた。  <中年男性も「美尻」パンツ 体形補整用、続々と新製品>というもので、「下っ腹が出てきたり、お尻が垂れてきたり……。年とともに体形が崩れるのは男性も気になるところ。体形を補整する男性用の下着を各メーカーが相次いで発売、体形を気にする中年男性を中心に人気を集めている。」というのだ。  1枚3千円〜4千円前後が主流だが、30代後半から50代の中年男性に人気があるという。メーカーによっていろいろ工夫をしているらしい。どんなものがあるかと... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 10

2005/08/22 20:54
寝る
 暑さが続くようになってから、朝のひめとの散歩は6時くらいにするようにしている。この前のブログに書いたように、ひめはばあちゃん犬で、めっきり暑さには弱くなったからである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2005/08/20 21:20
わたしのお宝
 お袋が残してくれた荷物の中から、バカ親父が昔使っていた懐かしいものがいろいろと出てきた。今週はどうも昭和の回顧週間のようで、他のブログでもそんな話題が多いから、昨日に引き続き昔のことを書いてみようと思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 16

2005/08/10 23:20
アウトレット
 最近、アウトレットがあちこちにできている。アウトレット(outlet store)というのは、売れ残りの在庫品を割引価格で売る店のことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 5

2005/08/07 19:00
老人たちの街
 前にもちょっと書いたのだが、引っ越してきた親父の家は、四十数年前に親父が土地を買い建てた家である。三浦半島にあるのだが、大手私鉄が、沿線の山を分譲地として開発して売り出したもので、沿線開発の初期に当たるものだろう。  当時は、最寄の駅から50メートルほど東に国道があり、その国道からさらに30メートルほど先は海岸だった。海苔養殖のためのヒビ(枝つきの竹)が並び立てられていたし、初夏にはアサリの潮干狩りもできたのである。その後埋め立てが進み、今では国道からは、海なんかどこにあるの? という感じに... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 18

2005/08/01 23:32
『中年を悟るとき』
 本の整理をしていたら、ちょっと面白いのを見つけてしまった。見て見ぬ振りをして片付けようと思ったけれど、やっぱり駄目だ。著者はアメリカ人らしいのだが、訳が伊丹十三である。これは見逃せない。それに薄い本である、すぐ読めると思ったら読み始めてしまった。  『中年を悟るとき』という本で、原題は「You know you're grown up when …」で、「大人になったと感じるのはこんな時。たとえば……」とでも訳すのだろうが、それを伊丹は「中年を悟るとき…」と意訳している。そこに、面白さがある... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 25

2005/07/14 22:59
腐れ縁
 「腐れ縁」といえば、本来は悪い意味である。一説には「鏈(くさ)り縁」(鎖のようにつながりあう縁)ともいわれ、「離れようとしても離れられない悪縁」あるいは、「なかなか断ち切れない好ましくない関係」という意味で使われる。  ところが、これを反語的に使うことがある。たとえば、腐れ縁の親友とか、バカ親父とカミさんは腐れ縁だ、とかいう使い方である。これは、「自分たちの親密な関係を、いつまでも切れることがないものだと強調して言う」のに使っているのである。  「腐れ縁」という言葉を使うときには、悪縁であ... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 11

2005/06/13 20:01
老父との同居を決める
 今日は、一日中蒸し暑くて嫌になったが、カミさんとひめを連れて親父のところに行ってきた。  なんでも、親父が行っているデイ・ケア・センターで文化祭のようなものをするとかで、来てほしいという連絡が入ったのである。親父はセンターの職員と一緒に、「湖畔の宿」を歌うということだった。  ここ2か月ほど、カミさんが親父のところに行くと、一生懸命この歌を練習していたらしい。バカ親父は今さら、お経のような親父の歌なんぞ聴きたくないから、親父の家で待つことにした。聴きたくないなんて言っちゃあいけないかもしれ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 21

2005/06/12 21:00
「うつ」にならないために
 6月8日の「こんな時代・社会に生きている」にも書いたのだが、働き盛りの男性を中心に自殺者が増え、7年連続で3万人台が続いているという。今日の夕刊に、厚生労働省がこの状況を受けて、うつ病による自殺を減らすための初の大規模研究に着手する、という記事が載っていた。  まあ、大いに研究して、対策法や自殺予防策を示してほしいものだが、そんなに待っちゃあいられない、という方のために、うつ病にならない手っ取り早い方法はないかと調べてみた。ありましたので、以下にその要約を。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 12

2005/06/11 19:56
こんな時代・社会に生きている
 最近の統計や調査の結果に、興味深いものが3つほどあった。現在の社会や時代をよく表していると思われるので、新聞から拾ってみた。問題提起ということで、読んでいただきたいのである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 6

2005/06/08 20:49
団塊世代のファッション
 高校のときだったが、アイビールックというのが流行った。これは、米国東部の大学フットボール・リーグのアイビー・リーグにちなみ、在校生や卒業生が着始めたスタイルである。  ちなみに、アイビー・リーグとういうのは、ツタ ivy の絡まる校舎に象徴されるように、高度な学問的実績、社会的威信で知られる8つの大学の総称である。ハーバード大学、イェール大学、コロンビア大学、プリンストン大学、コーネル大学、ダートマス大学、ブラウン大学、ペンシルベニア大学の8校である。    アイビー・ルックの基本は、上... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 16

2005/06/06 20:25
うんこ(うんち)
 またもや、変なタイトルだが、一昨日のおむつの話に関係する話である。  9日の朝日新聞朝刊に『女性が見た「子ども・男・母」 ― 20〜60代100人の思い 本に』という記事が載った。    あなたにとって、子どもとは? 男とは? 母とは? 子育てを通じて生き方を見つめ直そうというウェブマガジン「マザー・ディクショナリー」の問いかけに、20代から60代の女性100人が寄せた答えが、本になったという。  書名は「3つのしつもん」で、100人の中には主婦や会社員、デザイナー、カフェ経営者など、... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/05/14 19:59
シュウカツとジコブン
 「シュウカツ」と「ジコブン」という言葉が、最初に耳に入ってきたとき、何のことかわからなかった。シュウカツは「就職活動」の略で「就活」、ジコブンは「自己分析」の略だそうだ。  はじめ、自己分析がなんで就職活動と関係あるのか、わからなかった。これは、自分の長所や適正を探し、面接などで個性を上手に伝えるために、過去の体験を掘り下げる作業だそうである。  インターネットや書店には自己分析や適性検査の情報があふれているという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 11

2005/05/10 21:50
おばさん力
 『おばさんに、まかせなさいっ! ―「おばさん力」が日本を救う―』という特集が、雑誌『ダカーポ』(5/18・580号)に載っていた。  これは、読まないわけにはいかない。なにせ、景気低迷の日本で、おばさんだけは元気でパワフルだ。  おばさんたちがつくり出した、冬ソナ現象に始まる韓流ブームの経済効果は、韓国へは1兆1906億ウォン、日本へは1225億円にも上っているという。また、おばさんを中心として爆発的なフラダンスブームで、専門誌も出たという。  このほかにも、ファッション、コスメ、サプリ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 17

2005/05/09 22:03
いつか、役に立つ?
 昨日のブログ「もったいない」には、いろいろなコメントをいただき興味深かった。考えさせられるのや、身につまされるようなのもあった。そんなのも含めて、バカ親父の愚痴話というか言い訳話。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2005/05/08 18:53
職人と伝承
 カミさんの親父さんは、木型(きがた)職人である。木型職人とは何ぞや。バカ親父も結婚するまでは、こんな仕事があるとは知らなかった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/05/05 17:11
BB2・団塊ジュニア
 新聞を読んでいたら、「BB2」という文字が目に入った。何かと思ったら、1971〜1974年に生まれた第2次ベビーブーマーのことで、「ベビーブーマーツー」を略して、「ビービーツー(BB2)」と呼んでいるという。これは、ある民間の研究所が呼んだものだという。  いわゆる、団塊ジュニアのことであるが、バカ親父は「1971〜1974年生まれ」というのに、以前からどうも引っかかっていた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/04/08 22:57
ぼく、おれ、わたし、わたくし
 団塊の世代の男は、自分のことを言うのに「僕」を使う人が多いそうだ。たしかに、そんな気もする。  バカ親父は使わない、今は。……大学を卒業してしばらくは使っていたと思うが、それ以降は、なぜか「僕」と言うのが恥ずかしくなったのだ。それに、仕事の場では「僕」は使えない。「わたし」か「わたくし」だろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/03/06 18:17
食べ物の思い出
 コーラを初めて飲んだのは、小学校6年のときだった。なんて薬臭いまずいもの、というのが第一印象だ。アメリカ人は変なものを飲んでいるんだ、と思った。  ピザを食べたのは、もう社会人になってからで、初めて食べたときはなんて旨いものだ、と思った。十代のころはピザ屋なんて見かけなかったものね。それとも、六本木あたりにはあったんだろうか。  てなことで、つれづれなるままに、食べ物の思い出話……といっても、小学校時代を中心に。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2005/02/28 20:07
老人愚連隊
 昨年11月8日「朝日新聞」に面白い記事が載っていた。  福井県福井市の南東に美山町というところがある。町の中央を足羽川(あすわがわ)の清流が貫き、平家の「隠れ里」伝説や昔ながらの焼畑農業が残る、自然豊かな中山間地の町である。  ここに、「老人愚連隊」を標榜する団体があるという。そば屋を営む明石五雄さん(83)らが結成した「美山あすなろ会」である。近年もてはやされる「物わかりのいい老人」の道はあえて拒否し、「愛郷」と「直言」を掲げて、11年前からミニコミ誌の発行を続けている。町を巻き込んだ国... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/02/14 21:39
シバレンもいいなあ―半分独白―
 今日は朝からカミさんが着物を着て出かけ、バカ親父は一人で留守番です(今日は「です、ます」調でいきます)。傍らの座布団には、ひめが横倒しで寝ています。  風は強いのですが、晴れて気持ちのいい日曜日。新聞の天気欄を見ると、北海道・東北(仙台以外)と富山に雪のマーク、新潟は今日は雲のマークですが、明日から水曜日までずっと雪のマークが並んでいます。大変ですねぇ。また、地震で弱った家がつぶれなければいいんですがね…… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2005/01/30 16:24
猫と子どもの町
 犬にはなじみがあるが、猫にはあまりない。でも、猫と子どもが住む町は、住みよい町だと思っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

2005/01/28 23:03
時には、泣かせて!
 お袋の親父さん(母方の祖父)は、教練(学校で行う軍事に関する教育や訓練)の先生だったという。写真を見ると、軍服姿で軍刀を両手で持って座り、いかめしい顔をしている。1日1升を飲む大酒のみで、とても厳しい人だったそうだ。    お袋は、兄2人、弟2人、妹1人の長女で、小柄で面倒見はよかったが、やはり厳しい人だった。  和裁をしていたから、いつも手元に鯨尺(和裁で使う竹製の物差し)があった。バカ親父が(もちろん、子どものころ)、何かいたずらをしたり、宿題を忘れたり、(いつもやらされていた)漢字... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2005/01/27 18:57
「である」調と「です、ます」調
 今日はちょっと言い訳話である。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

2005/01/25 23:56
グランマ・モーゼス―第三の人生の始まり―
 渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで開催されている「グランマ・モーゼス展」を見に行った。  ご存知の方もいるだろうが、グランマ・モーゼス(モーゼスおばあさん)について、カタログから少しご紹介しよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/01/24 23:24
ソイレント・グリーン
 チャールトン・ヘストンという、かっこいい映画俳優がいた。いや、今でもいるのだが、最近は映画には出ていないようだ。現在は、全米ライフル協会の会長かなんかをやっていると聞いた……なんでそんなことをやっているのか。残念。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

2005/01/23 23:52
忘れてたまるか!
 四十代半ばから、老眼になった。眼鏡をかけ始めたのは20歳のときで、近視はそれほどでもなく乱視がしだいにひどくなって、今では、ど乱視(裸眼で月を見ると、左右にずれて2つに見える)。  それに老眼が加わったからもう大変である。普通の遠近両用レンズでは、とてもじゃないが間に合わなくて、今では、遠見用と近見用の眼鏡が2ついる。  これが面倒で、うっかり近見用を待たずに外出すると、書類でも本でも読めない。反対に、うっかり近見用のままで外にでると見るもの全体がぼやけて、知ってる人でも顔がわからない。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

2005/01/21 22:23
戦後60年なんて関係ねぇ、かな?
 小学校の6年間を、古都鎌倉で過ごした。鎌倉はご存知のとおり観光都市だが、当時(50年くらい前)は由比ガ浜の手前には原っぱが広がり、ノンビリしたものだった。そういえば、小学校にはプールがなくて、夏は海パン(海水パンツの略)のまま学校から海までゾロゾロ歩いていき、海水浴をしたものだったなあ。  そんな鎌倉の街でも、ジープに乗った進駐軍(死語かな?)のアメリカ兵をたまに見かけた。横須賀や厚木あたりから休日を楽しみに来ていたんだろう。彼らはカッコよかったね。背が高く、清潔な制服に、名前はわからないが... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2005/01/09 13:44
団塊世代は貧を知る
 私の親父とお袋は戦前(太平洋戦争の前ということですぞ)に結婚し、親父は戦争に行って5,6年帰ってこなかったという。敗戦後、親父がシンガポールから復員(召集を解かれた兵士が帰郷すること)して、バカ親父が生まれたというわけだ。  戦後すぐの子育ては大変だったと思う。カミさんには2人の兄がいて、長兄は私より3歳上、次兄は私と同年である。義母が言うには、長兄を産んだ戦中よりも次兄を産んだ敗戦後のほうが、着るものも食べるものもその他諸々のものが無く、育てるのに苦労したということだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2005/01/08 15:02
バカ親父のクソ親父(介護の一例)
 正月は親父のところに帰っていた。バカ親父の親父だからもう91歳の老親父である。3年前にお袋がなくなり、今は独りで生活している。  91歳で独り暮らしとなると、世間のバカ親父への風当たりは強くなる。「あんな年寄りを独りにしておいて、あの息子はひどい親不孝者だ」と言われているのは知っている。だが、ことはそれほど単純ではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/01/03 15:08
団塊世代が日本の将来を決めるか?
 団塊バカ親父が、ブログを始めようと思う。  はたして、どうなることやら。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/12/26 15:20

トップへ | みんなの「団塊世代」ブログ

団塊バカ親父の散歩話 団塊世代のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる