アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「本」のブログ記事

みんなの「本」ブログ

タイトル 日 時
『眠る狼』
『眠る狼』                 〔夕方に、真上に見えた飛行機雲〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/24 22:50
『Gマン 宿命の銃弾』
『Gマン 宿命の銃弾』                 〔庭のブルーベリーの花〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/04/23 22:06
『桜風堂ものがたり』
『桜風堂ものがたり』                 〔散歩する柴ワンコと飼い主さん〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/21 23:46
『装幀室のお仕事 〜本の表情つくりませんか?〜』
『装幀室のお仕事 〜本の表情つくりませんか?〜』                 〔公園の木の根元の花壇〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/20 20:58
『野良猫を尊敬した日』
『野良猫を尊敬した日』                〔今日の落日直前の夕日〕 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 70 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/04/04 23:43
『紳士と猟犬』
『紳士と猟犬』                〔雨でできたコンクリート壁の模様〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/03/26 23:44
『制裁』
『制裁』                  〔今朝の朝日〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/22 21:10
『美しいものを 花森安治のちいさな絵と言葉集』
『美しいものを 花森安治のちいさな絵と言葉集』                 〔今日の北東の夕空と夕景〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/16 23:23
『青鉛筆の女』
『青鉛筆の女』                  〔今日の夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/14 23:16
『活版印刷三日月堂』の「星たちの栞」と「海からの手紙」
『活版印刷三日月堂』の「星たちの栞」と「海からの手紙」                 〔炬燵に張りついていたSORA(^^ゞ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 48 / トラックバック 1 / コメント 4

2017/03/06 23:13
『殺人者の顔』
『殺人者の顔』                 〔今日のどんよりした夕空〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/03/02 23:30
『ゆる犬図鑑』
『ゆる犬図鑑』                〔今日の落日直前の夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/28 22:26
『ビブリア古書堂の事件手帖 7 ― 栞子さんと果てない舞台 ―』
『ビブリア古書堂の事件手帖 7 ― 栞子さんと果てない舞台 ―』                   〔飛び立ったカラス〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 63 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/27 22:56
『椎名誠 超常小説ベストセレクション』
『椎名誠 超常小説ベストセレクション』                  〔今日の西の夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/22 23:54
『書く力 ― 私たちはこうして文章を磨いた』
『書く力 ― 私たちはこうして文章を磨いた』                   〔今日の夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 72 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/21 00:19
『ニホンオオカミは消えたか?』
『ニホンオオカミは消えたか?』                 〔夕方見えた富士山〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/16 23:32
『バビロン行きの夜行列車』
『バビロン行きの夜行列車』                 〔今日の夕景とSORA〕 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 56 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/02/10 23:43
『三省堂国語辞典のひみつ ― 辞書を編む現場から』
『三省堂国語辞典のひみつ ― 辞書を編む現場から』                 〔今日の夕空と夕景〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/07 23:28
『文庫解説ワンダーランド』
『文庫解説ワンダーランド』                  〔今日の西の夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 62 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/02/06 23:59
『トワイライト・シャッフル』
『トワイライト・シャッフル』                  〔今日の夕空・夕景〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 61 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/02/01 22:36
『知の仕事術』
『知の仕事術』                 〔今日の夕景・夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/01/31 21:15
『日の名残り』
『日の名残り』                〔ケージで横になっていたSORAです〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 4

2017/01/28 23:59
『インヴィジブル・シティ』
『インヴィジブル・シティ』                 〔うちで咲いてるシャコバサボテン〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/24 22:26
『晴れた日の森に死す』
『晴れた日の森に死す』                  〔今日の夕空・夕景〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/18 22:13
『ザ・ロード』
『ザ・ロード』                  〔今日の夕方の月〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/11 23:11
『この世界の下に』
『この世界の下に』              〔夕方の散歩の時に見つけたボケの花〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 2

2017/01/06 22:31
『読書と日本人』
『読書と日本人』                  〔今日の南西の夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/27 23:48
『マタギ奇談』
『マタギ奇談』                  〔今日の夕空と夕景〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/12/22 23:59
『拾った女』
『拾った女』                   〔今日の夕焼けの西空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/19 23:46
『という、はなし』
『という、はなし』                  〔今日の夕空と夕景〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/12/16 23:37
『名画と読むイエス・キリストの物語』
『名画と読むイエス・キリストの物語』                  〔今日の北西の夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 66 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/15 00:13
『世間のカラクリ』
『世間のカラクリ』                   〔今日の夕景と月〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/12/10 23:40
『探検家、40歳の事情』
『探検家、40歳の事情』                  〔今日の夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 94 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/29 22:10
『幸せなひとりぼっち』
『幸せなひとりぼっち』                   〔今日の公園の夕景〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/23 23:35
『ナイル川を下ってみないか』
『ナイル川を下ってみないか』                  〔今日の夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/11/20 22:49
『万年筆インク紙』
『万年筆インク紙』             〔今日の夕景・夕空。雨滴がレンズについてます(^^ゞ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/19 23:30
『ガール・セヴン』
『ガール・セヴン』                   〔今日の夕景・夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/14 22:01
『未来の手紙』
『未来の手紙』                 〔公園に落ちていた紅葉〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/12 22:20
『猫のお化けは怖くない』
『猫のお化けは怖くない』                   〔今日の夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/11/08 22:33
『殺し屋を殺せ』
『殺し屋を殺せ』                 〔今日の夕空と夕景〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 61 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/08 00:23
『ヴェサリウスの秘密』
『ヴェサリウスの秘密』                 〔庭にあったヒメツルソバ〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/11/03 23:59
『本当はひどかった昔の日本』
『本当はひどかった昔の日本』                    〔今日の夕景〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/10/30 22:19
『特別料理』
『特別料理』                    〔今日の夕景〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/25 23:05
『狼の領域』
『狼の領域』                   〔今日の夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/10/20 23:42
『九十歳。何がめでたい』
『九十歳。何がめでたい』                   〔今日の夕空〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 67 / トラックバック 0 / コメント 11

2016/10/18 23:43
『傷だらけのカミーユ』
『傷だらけのカミーユ』          〔昨日の夕空。雲があったものの青空がきれいでした〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 56 / トラックバック 1 / コメント 4

2016/10/13 00:51
『ロルドの恐怖劇場』
『ロルドの恐怖劇場』                  〔今日の公園の夕景〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/06 00:10
『おもしろい! 進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』
『おもしろい! 進化のふしぎ ざんねんないきもの事典』                〔“頭隠して尻隠さず”で寝ているSORA(^^ゞ〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 56 / トラックバック 1 / コメント 6

2016/10/03 23:23
『コルトM1851残月』
『コルトM1851残月』                   〔桜の落ち葉〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/10/02 00:02
『ノース・ガンソン・ストリートの虐殺』
『ノース・ガンソン・ストリートの虐殺』                  〔今日の真夏のような昼空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/09/28 23:27
『過去をもつ人』
                〔夕方の原っぱの水溜まり〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 57 / トラックバック 0 / コメント 8

2016/09/20 23:12
『アリバイ・アイク』
               〔太陽が雲に隠れていた今朝の空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/18 00:05
『やめてみた。』
        〔道路脇の植え込みの上に巣を張っていたジョロウグモ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 62 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/09/15 22:15
『救い出される』
               〔昨日の昼間の入道雲〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 76 / トラックバック 1 / コメント 4

2016/09/05 09:21
『本人遺産』
                  〔公園の花〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/09/01 23:52
『飛行士たちの話』
               〔庭に咲いていた小さなアサガオ〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 70 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/08/29 09:55
『ライオンはとてつもなく不味い』
                  〔昨日の夕空・夕景〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/25 00:14
『緑衣の女』
               〔昨夕の落日の夕空。カラスも一羽飛ぶ(^^ゞ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/08/13 16:56
『湿地』
                〔昨日の夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/08/11 00:46
『暗殺者の反撃』
                 〔昨日の夕方の細い月〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 8

2016/08/07 16:42
『鳥肌が』
            〔昨日の夕方の上に伸びていく積乱雲〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 68 / トラックバック 1 / コメント 6

2016/08/02 22:02
『内田樹の生存戦略』
       〔原っぱでマッタリするSORAと、ボール遊びをする大きな白ラブ〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/31 13:51
『と、彼女は言った』
               〔公園で咲き始めたサルスベリ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 66 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/29 00:37
『ジャングル・ブック』
                 〔壁の雨沁み〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/21 23:54
『ジョイランド』
               〔昨日の落日ちょっと前の夕日〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 58 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/07/13 01:02
『ロボット・イン・ザ・ガーデン』
                〔今朝の公園入口の花〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 63 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/07/09 10:06
『サマードレスの女たち』
               〔夕方、庭を眺めるSORA〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 71 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/07/04 23:53
『死神遊び ― エリカ&パトリック事件簿』
                〔今日の夕空〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/06/30 23:50
『ニック・メイソンの第二の人生』
               〔庭で咲き始めたアガパンサス〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 58 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/06/22 23:59
『王女マメーリア』
               〔ツバメのひな。1羽だけ残っていました〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 65 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/20 23:48
『黄色いマンション 黒い猫』
               〔道路脇に毎年咲くアジサイです〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 69 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/06/16 21:21
『白夜の爺スナイパー』
                〔夕日を浴びるアジサイ〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 51 / トラックバック 1 / コメント 4

2016/06/03 00:16
『ユーコン川を筏で下る』
                 〔今日の寝るSORA(^^ゞ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 63 / トラックバック 1 / コメント 2

2016/05/20 00:03
『ドライ・ボーンズ』
               〔公園の木の下の花壇〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/05/04 19:03
『旅の窓』
               〔夕日が見えるようで見えない今日の夕空〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/23 21:46
『書店主フィクリーのものがたり』
                 〔今日の夕空と夕景〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 58 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/16 22:01
『漢字の使い分けときあかし辞典』
              〔咲き誇っているうちのツツジ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/14 11:22
『老人の壁』
               〔葉も伸びてきた満開の桜〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/04/06 00:07
『マプチェの女』
            〔公園に咲いていた「プリシマ」というチューリップ〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/04/01 21:24
『僕の名はアラム』
               〔咲き始めたツツジ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 59 / トラックバック 1 / コメント 2

2016/03/30 21:22
『10の奇妙な話』
                〔夕方のSORAのウロウロ〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/03/25 23:13
『断片的なものの社会学』
                〔昨日(21日)夕方の東の空の月〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/03/22 00:25
『絹の家』
               〔昨夕の落日後の光芒〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 57 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/16 22:45
『レヴェナント 蘇えりし者』
                〔公園の雨に揺れたユキヤナギ〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/03/10 00:14
『死体泥棒』
             〔子どもたちがたくさん遊んでいた夕方の公園〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 56 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/03/08 22:10
『私の本棚』
                〔炬燵にいるバカ親父の脇で寝るSORA〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 76 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/24 22:53
『イヌ ― どのようにして人間の友になったか』
                〔昨日の夕空と夕日の強い陽射し〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 58 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/24 00:34
『バスを待って』
                 〔今夕の月〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 6

2016/02/17 21:59
『オータム・タイガー』
               〔今日の落日〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/02/09 23:19
『キャロル』
               〔廊下で日向ぼっこするSORA〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/02/03 00:41
『生存教室 ― ディストピアを生き抜くために』
                 〔昨日の夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/02/01 11:48
『奪還 ― 女麻薬捜査官ケイ・ハミルトン』
               〔咲き始めた公園のチューリップ〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 0

2016/01/26 23:14
『報復』
 前々回に紹介した『失踪』と同じ作者ドン・ウィンズロウの『報復』を紹介する。  この2作は、同時発行されたものである。同じ作者の本が2冊同じ日に発行されるというのは、とても珍しいことだと思う。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/01/19 23:34
『失踪』
                〔星も見えた昨日の朝空〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 1 / コメント 2

2016/01/18 00:39
『たましいのふたりごと』
               〔昨日の夕方の赤い飛行機雲〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 4

2016/01/09 10:18
『哲学な日々 ― 考えさせない時代に抗して』
               〔夕方、棲家に帰るカラスの群れ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 68 / トラックバック 0 / コメント 10

2016/01/07 01:11
『骨風(こっぷう)』
               〔昨日(25日)の小焼け〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 12

2015/12/27 00:00
『ゲイルズバーグの春を愛す』
               〔雲に隠れがちだった昨日の月〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/22 19:24
『野生動物カメラマン』
                〔今日の夕月〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/12/19 21:20
『世につまらない本はない』
               〔うちにも咲いていた水仙〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 56 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/12/15 22:23
『芸術と科学のあいだ』
             〔公園のテニスコート脇のチューリップ〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/12 22:24
『ゼロ以下の死』
              〔台所の椅子に乗るSORA〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 2 / コメント 2

2015/12/05 22:25
文春ミステリーベスト10 2015
 今日(3日)発売の『週刊文春』(12月10号)・「文春図書館」に、今年の“ミステリーベスト10”が載っていたので、紹介してみる。  今年もそんな時期になったのだと思うと、月日の経つ速さに愕然とする(^^ゞ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/12/03 23:49
『井上ひさしの読書眼鏡』
               〔レースのカーテンの影〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 58 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/12/02 00:20
『ガール・オン・ザ・トレイン』
               〔朝日でできた樹の影〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/11/28 00:56
『灯台の光はなぜ遠くまで届くのか』
               〔灯台でなく、玄関灯(^^ゞ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/23 23:45
『特捜部Q ― 吊された少女』
               〔雨に濡れたサザンカに小さな虫がいた〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/11/18 23:07
『新しい道徳』
              〔炬燵にいたバカ親父の脇で寝るSORA(^^ゞ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/09 23:29
『血盟の箱』
               〔昨日の夕方の水溜まりに写る街灯〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/11/03 22:41
『いつまでも若いと思うなよ』
                〔夕日に輝く壁〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 69 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/10/31 22:01
『アルファベット・ハウス』
                〔公園の黄色いユリ〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 83 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/10/27 22:25
『天国でまた会おう』
                〔昨日(21日)の夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/23 00:30
『夢に出そうなミクロ生物』
                〔今朝の公園の水溜まり〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 65 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/10/17 23:26
『悲しみのイレーヌ』
              〔昨日(14日)の快晴の夕空〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 67 / トラックバック 3 / コメント 8

2015/10/15 23:52
『ディセント 生贄の山』
                〔道路に会った「仕切弁」〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 57 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/10/05 20:44
『出口のない農場』
                〔雨に濡れた桜の落ち葉〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 8

2015/09/25 23:38
『山怪』
                〔雨の中の散歩〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 53 / トラックバック 1 / コメント 6

2015/09/24 22:10
『もう過去はいらない』
               〔気持ちよさそうに寝るSORA〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 51 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/09/16 14:32
『昆虫はもっとすごい』
                 〔公園の親子〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/09/13 00:30
『にょにょにょっ記』
                〔夕日の反射〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 63 / トラックバック 1 / コメント 4

2015/09/10 22:35
『ラスト・タウン ―神の怒り―』
              〔昨日の夕方、車の上でマッタリしていたニャンコ〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/09/05 15:12
『偽りの楽園』
                〔今日の落日の空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 47 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/09/03 00:08
『紙の動物園』
                〔子ども用滑り台のシロクマ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 8

2015/08/29 13:49
『逃亡のSAS特務員』
               〔昨日の公園の原っぱの水溜まり〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/18 23:38
『読書の腕前』
                 〔公園のサルスベリ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/08/14 09:57
『新車のなかの女』
 セバスチアン・ジャプリゾの『新車のなかの女』の新訳が出たので、紹介してみる。  旧訳版がいつ出たのか知らないのだが、フランスで原作が出版されたのが1966年だから、邦訳も50年近く前なのだろう。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/08/06 12:45
『シートン探偵記』
                〔昨日の落日直前の夕日〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/07/30 23:05
『来訪者』
 ロアルド・ダールの短篇集『来訪者』を紹介してみる。  これは、『あなたに似た人』、『キス・キス』に続く、田口俊樹さんによる新訳版である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 52 / トラックバック 2 / コメント 2

2015/07/29 11:03
『探偵は壊れた街で』
 クールでちょっと変わった女私立探偵の出てくるサラ・グランの『探偵は壊れた街で』を紹介してみる ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/24 00:44
『十五少年漂流記』
                 〔昨日の夕空〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 57 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/07/18 11:51
『最終講義 ― 生き延びるための七講』
               〔公園で咲き始めたヒマワリ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/07/17 00:56
『狛犬ジョンの軌跡』
                〔一昨日の落日直前の夕空〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/07/14 23:31
『夏の沈黙』
              〔公園の斜面に咲いていたハルジオン〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/06/28 22:54
『アデスタを吹く冷たい風』
 はじめて読むミステリー作家トマス・フラナガンの短篇集『アデスタを吹く冷たい風』を紹介してみる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 56 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/23 22:49
『生物学の「ウソ」と「ホント」』
               〔今夕のベンチの上のSORA(^^ゞ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 49 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/06/15 23:55
『死のドレスを花婿に』
               〔公園のタイサンボクの花が咲いた〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 36 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/06/12 00:36
『ロミオと呼ばれたオオカミ』
           <公園のユリ。「コンパニオン」という名前でした> ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/09 22:49
『子どもはみんな問題児。』
                   〔公園のユリ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 68 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/06/06 16:42
『りんごかもしれない』
                   〔夕方の雲〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/06/02 00:30
『人魚姫 ― エリカ&パトリック事件簿』
 “エリカ&パトリック事件簿”シリーズの第6弾「人魚姫」を紹介する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/29 23:39
『イタリアのしっぽ』
          〔寝ているSORAを撮ろうとしたら、じろっと睨まれた(^^ゞ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 63 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/23 23:01
『氷雪のマンハント』
                 〔目のような……〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/21 23:00
『おじいさんになったね』
                 〔ソファーで寝るSORA〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/05/19 19:36
『鹿の王』
 本屋大賞を受賞した上橋菜穂子さんの『鹿の王』を紹介する。異世界を舞台とした、上・下2巻の長篇ファンタジーである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/05/13 08:21
『踊る骸 ― エリカ&パトリック事件簿』
               〔公園に植えてあった「花手毬」〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 8

2015/05/08 23:25
『隅っこの昭和』
                 〔桜の実ができていた(^^ゞ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/05/01 00:29
『ウェイワード ― 背反者たち ―』
            〔街路樹のイチョウの下に咲いていたカラー〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/04/21 23:47
『死を哭く鳥 ― エリカ&パトリック事件簿』
 『悪童』に続く“エリカ&パトリック事件簿”シリーズの第4弾『死を哭く鳥』の紹介である。  今回も過去と現在の出来事が並行して語られていく。  プロローグは、その過去の話から次のように始まる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 55 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/04/19 14:13
『もう年はとれない』
                 〔ベンチでマッタリ〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 60 / トラックバック 1 / コメント 6

2015/04/13 11:51
『吉野弘詩集』
       〔「SORA!」 「何ですか? むやみに呼ばないでください!」(^^ゞ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 72 / トラックバック 0 / コメント 7

2015/04/10 22:27
『悪童 ― エリカ&パトリック事件簿』
                  〔落花〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 35 / トラックバック 1 / コメント 5

2015/04/07 22:37
『たんぽぽ娘』
                 〔今日の夕食の後のSORA〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 2

2015/03/26 22:35
『ザ・ドロップ』
                〔アメリカ合衆国(壁にできた雨の沁み)〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/03/19 23:00
『幸福に死ぬための哲学 ― 池田晶子の言葉』
                 〔はみ出し草(^^ゞ〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 57 / トラックバック 0 / コメント 6

2015/03/15 22:36
『説教師 ― エリカ&パトリック事件簿』
               〔公園でまだ咲いている水仙〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 36 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/03/09 22:05
『霊の棲む島 ― エリカ&パトリック事件簿』
               〔ヘリコプターが飛んでいく〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 43 / トラックバック 2 / コメント 4

2015/03/04 23:14
『氷姫』
               〔公園のサザンカがまだ咲いています〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 55 / トラックバック 2 / コメント 4

2015/02/23 12:31
『アイスランド ― 絶景と幸福の国へ』
               〔庭で日向ぼっこするSORA〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 62 / トラックバック 1 / コメント 8

2015/02/14 22:45
『ありふれた祈り』
              〔夕日でできた影〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 59 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/02/10 22:31
『闇の記憶』
               〔寒さで膨らんでいたヒヨドリ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 41 / トラックバック 1 / コメント 0

2015/02/04 23:23
『希望の記憶』
                 〔今日の月〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 2 / コメント 2

2015/01/28 23:21
『昆虫はすごい』
                  〔今日の月〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 1 / コメント 6

2015/01/27 23:13
『腹を抱へる』
               〔昨日の夕空と夕景〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 8

2015/01/17 21:50
『笑う子規』
               〔今日の夕景〕 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 64 / トラックバック 0 / コメント 4

2015/01/11 19:12
『スナイパーの誇り』
               〔夕方の公園の2本の木〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 47 / トラックバック 1 / コメント 2

2015/01/09 23:17
『ビブリア古書堂の事件手帖 6 ― 栞子さんと巡るさだめ ―』
                   〔メル(^^ゞ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 38 / トラックバック 1 / コメント 10

2014/12/30 21:30
『Mr. スペードマン』
               〔庭のツワブキの綿毛〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/28 23:24
『ジーニアス英和辞典 第5版』
                  〔今日の夕雲〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/12/21 18:48
『その女アレックス』
               〔昨日(18日)の夕空・夕景〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 50 / トラックバック 3 / コメント 4

2014/12/19 22:50
『夜の木の下で』
              〔夜の公園の水飲み場〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/12/13 13:21
『約束の道』
 ワイリー・キャッシュという作家のミステリー『約束の道』を紹介する。  本作は、2014年英国推理作家協会(CWA)賞のゴールド・ダガー賞(最優秀長篇賞)を受賞している。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/10 23:26
『ラスト・マタギ』
              〔今日は、今年最後の満月でした〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 12

2014/12/06 22:49
『内田樹の大市民講座』
 内田樹さんの本『内田樹の大市民講座』を紹介してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/12/05 00:14
『忙中閑語』
               〔道路に張りついていた落ち葉〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/11/26 23:13
『言葉なんかおぼえるんじゃなかった』
                 〔長〜い飛行機雲〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 62 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/11/24 19:13
『スカウト52』
                  〔雨の公園〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/11/21 21:40
『梁塵秘抄』
                    〔今日の夕景〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/11/19 22:38
『ピルグリム』
               〔雨滴〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 56 / トラックバック 1 / コメント 2

2014/11/12 23:40
『天国の囚人』
               〔SORAの影〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/11/03 23:54
『なんとか生きてますッ』
                〔雨の夜の横断歩道〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/11/02 00:59
『容疑者』
               〔夜の公園の斜面〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 1 / コメント 2

2014/10/28 15:31
『窓から逃げた100歳老人』
 スウェーデンの作家、ヨナス・ヨナソンの『窓から逃げた100歳老人』という小説を紹介してみる。今、ちょっと話題になっている本である。  プロローグは、次のように始まる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/09/30 14:53
『たとえ傾いた世界でも』
                 〔今日の夕空〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/09/21 22:07
『ライトニング』
               〔雲間のスーパームーン〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/09/09 22:46
『妻の沈黙』
             〔ヤマボウシの赤い実〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/08/30 22:08
『トワイライト・シャッフル』
               〔夕日でできた影〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 43 / トラックバック 1 / コメント 4

2014/08/28 23:46
『復讐のトレイル』
             〔夕日でできた影〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 1 / コメント 2

2014/08/24 21:53
『約束の森』
            〔タカサゴユリ。今、庭にたくさん咲いています〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/08/14 23:30
『短編を七つ、書いた順』
             〔夕日が射しこんでいた〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 10

2014/08/01 07:43
『特捜部Q ― 知りすぎたマルコ』
            〔朝の散歩の時に鳴いていたクマゼミ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 36 / トラックバック 2 / コメント 4

2014/07/26 23:57
『乱読のセレンディピティ』
              〔昨日(11日)の雲の多い夕空〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 69 / トラックバック 0 / コメント 12

2014/07/12 10:20
『暗殺者の復讐』
                   〔今日の夕空〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 54 / トラックバック 1 / コメント 2

2014/07/05 22:54
『満願』
           〔昨日の夕空。夕方でも入道雲が出ていました〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 49 / トラックバック 1 / コメント 4

2014/06/29 00:03
『真夜中の相棒』
 はじめて読む女性作家テリー・ホワイトの『真夜中の相棒』というミステリー小説を紹介する。  この作品は1984年に邦訳・刊行された文庫の新装版である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/06/15 21:56
『キス・キス』
 一年前に短篇の名手ロアルド・ダールの『あなたに似た人』を紹介したが、それに続く短篇集の新訳版が出たので紹介してみる。  タイトルは『キス・キス』で、洒落てはいるが、皮肉の利いた苦く危険な大人向けの短編集である。妖しい魅力がいっぱいである(^^ゞ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 74 / トラックバック 3 / コメント 8

2014/05/26 19:48
『血の咆哮』
              〔老人と犬(^^ゞ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 43 / トラックバック 1 / コメント 4

2014/05/13 23:04
『犬と、走る』
               〔夕方の月〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/05/09 23:54
『山賊ダイアリー』
 『山賊ダイアリー』という漫画の紹介である。  会社勤めを辞めて岡山の山間の郷里に帰り、狩猟免許を取り、猟友会にも入り、兼業猟師になった岡本健太郎さんという方の実体験をもとにして描かれている。現在、4巻まで発行されている。  猟をして鳥や獣をさばき、それを食べる日々を淡々と描いているだけだが、それがとても心惹かれるのである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 70 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/28 22:52
『死んでいるかしら』
 翻訳家でエッセイストの柴田元幸さんのエッセイ集『死んでいるかしら』の紹介である。  まず、柴田さんについてカバー裏から紹介しておく。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 55 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/04/26 10:40
『海うそ』
 梨木果歩さんの書下ろしの新作『海うそ』を紹介してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 0

2014/04/21 20:03
『おじさんの哲学』
 フリーライターの永江 朗(ながえ あきら)さんがまとめた『おじさんの哲学』を紹介してみる。  世の中における「叔父さん」的存在について考察した本である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 76 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/04/18 12:47
『世間のひと』
 写真家・鬼海弘雄(きかい ひろお)さんの写真集『世間のひと』の紹介である。  まず、鬼海さんについてカバー裏から紹介しておく。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/04/13 23:41
『おじいちゃんがおばけになったわけ』
 久しぶりに、絵本の紹介である。  タイトルが『おじいちゃんがおばけになったわけ』という本で、2004年にデンマークで刊行され、邦訳は2005年に出版された。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/03/27 23:08
『バン、バン! はい死んだ』
 20世紀を代表する英国の女流作家ミュリエル・スパークの日本オリジナル短篇集『バン、バン! はい死んだ』を紹介してみる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/03/24 23:08
『最後の紙面』
              〔雨で濡れたベンチ〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/03/20 20:57
『パインズ ― 美しい地獄 ―』
            〔昨日(12日)の夕方の月〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 50 / トラックバック 2 / コメント 4

2014/03/13 22:25
『ディアスポラ』
 勝谷誠彦(かつや まさひこ)さんの『ディアスポラ』という小説を紹介してみる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/03/12 14:22
『デザインのめざめ』
 グラフィックデザイナーの原 研哉(はら けんや)さんのエッセイ集『デザインのめざめ』を紹介する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/03/05 23:55
『チャールズ・M・シュルツ 勇気が出る言葉』
 チャールズ・M・シュルツへのインタビューから、その言葉をまとめた本『チャールズ・M・シュルツ 勇気が出る言葉』を紹介する。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/03/03 23:58
『葡萄園の骨』
 スケルトン探偵と呼ばれる形質人類学者のギデオン・オリヴァーが活躍するミステリー『葡萄園の骨』の紹介である。  これはシリーズの17作目になる一冊である。(邦訳では10冊目) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/03/01 13:50
『私は写真機』
 片岡義男さんの写真集『私は写真機』を紹介してみる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 66 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/27 00:51
『古書店主』
 パリを舞台にしたサスペンス小説『古書店主』を紹介してみる。  推理物としても充分に楽しめるし、古書がミステリーの鍵になっているのも面白いのである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 44 / トラックバック 1 / コメント 4

2014/02/23 21:27
『星を賣る店』
            〔学校の体育館の屋根上の残雪〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/20 22:57
『手紙魔まみ、夏の引越し(ウサギ連れ)』
 今まで何冊か著作を紹介してきた歌人・穂村 弘さんの歌集『手紙魔まみ、夏の引越し (ウサギ連れ)』を紹介してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 44 / トラックバック 2 / コメント 2

2014/02/18 23:36
HUG!
            〔玄関前の夜の雪の様子〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 4

2014/02/14 21:55
『虹をつかむ男』
 ジェイムズ・サーバーの短編集『虹をつかむ男』を紹介してみようと思う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 57 / トラックバック 0 / コメント 2

2014/02/13 00:44
電子書籍の問題点
 最近、電子書籍の世界で、紙の本ではありえないことが起こり始めたというニュースが話題になった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/02/07 00:05
『第三の銃弾』
                〔弾丸が飛んでるみたい(^^ゞ〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 43 / トラックバック 1 / コメント 4

2014/02/01 18:38
『ビブリア古書堂の事件手帖 5 ―栞子さんと繋がりの時―』
              〔夕方の子どもたち〕 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 1 / コメント 6

2014/01/26 00:34
ゴキブリを嫌いな人が多いわけ
                  〔止まれ!〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/01/21 23:02
第七版の『三国』
 今朝の朝日新聞の「天声人語」に、第七版『三国(さんこく)』のことが書かれていた。  『三国』というのは『三省堂国語辞典』のことである。  以前に『辞書を編む』という本を紹介したが、この『三国』の編纂(へんさん)者の一人である飯間浩明という方が、『三国』の第七版をつくるにあたっての言葉集めや辞書づくりの苦労話をまとめたものである。  その『三国』第七版が1月の10日に発行されたのである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 8

2014/01/11 23:29
『バカの壁のそのまた向こう』
 養老孟司(ようろう たけし)さんのエッセイ集『バカの壁のそのまた向こう』という本を紹介してみる。  この本は、養老さんが住んでいる鎌倉の地元で発行されている月刊誌『かまくら春秋』の、2009年1月号から2013年7月号に連載された「養老孟司の虫メガネ」をまとめたものである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 6

2014/01/06 01:09
『面倒だから、しよう』
           〔散歩の途中で見つけた小さなクリスマス飾り〕 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/12/23 20:44
『成長から成熟へ ―― さよなら経済大国』
 10月20日に亡くなったコラムニストの天野祐吉さんの本『成長から成熟へ ―― さよなら経済大国』の紹介である。遺作というか、われわれへの最後のメッセージといってもいいのかもしれない。  この本は11月20日に第一刷発行で、新聞に広告が出てすぐに本屋に行ったのだがなく、ネットで頼んだら在庫がなくなっていた。  4日ほど前に本屋に行ったらあった。奥付を見ると第三刷となっている。読まれているようである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 52 / トラックバック 1 / コメント 6

2013/12/17 23:05
『ヘンな日本美術史』
 1年ほど前から気になっていた本があった。山口 晃さんという方が書いた『ヘンな日本美術史』という本で、評判もなかなかいいのである。  1週間ほど前に本屋に行ったら、平積みで置いてある。なんで今ごろ? と思って見たら「第12回 小林秀雄賞受賞」と銘打った帯が巻かれていた。  いい機会だと思って読んでみたので、紹介してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/12/11 00:08
『漢字はすごい!』
 山口謠司(やまぐち ようじ)という方の『漢字はすごい!』という本の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 52 / トラックバック 1 / コメント 6

2013/12/06 23:17
『魔法の樽 他十二篇』
 バーナード・マラマッドの短編集『魔法の樽 他十二篇』を紹介してみる。   実は、マラマッドの作品を読むのは、これがはじめてである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/11/26 10:21
『沈むフランシス』
 松家仁之(まついえ まさし)という作家の恋愛小説『沈むフランシス』の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/11/21 00:19
『暗殺者の鎮魂』
 以前に紹介した『暗殺者グレイマン』、そして『暗殺者の正義』というグレイマン(人目につかない男)シリーズの、第3弾が出たので紹介してみる。  タイトルは『暗殺者の鎮魂』である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 2 / コメント 4

2013/11/11 22:43
『冬虫夏草(とうちゅうかそう)』
               [夕闇の公園の斜面] ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 62 / トラックバック 1 / コメント 8

2013/11/02 14:29
『北極の白魔』
     [公園のテニスコートの外側にある植木の影が、網に映っています] ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/10/28 23:48
『裏読み深読み 国語辞書』
             [夕方の公園] ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 2 / コメント 4

2013/10/25 00:13
『おいでフレック、ぼくのところに』
        [公園で、水溜りに落ちた雨粒が街灯の光で輝いていました] ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/10/21 00:17
『陽だまりの彼女』
 12日から公開されている「陽だまりの彼女」という映画がある。松本 潤と上野樹里が主演の恋愛映画である。  どういうわけか、その原作本を読んでしまったので、紹介してみる(^^ゞ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/10/16 00:20
『内澤旬子のこの人を見よ』
 内澤旬子さんの『内澤旬子のこの人を見よ』という画文集の紹介である。  以前に内澤さんの『おやじがき』を紹介したが、今回は“おやじ”だけでなく幅広い人々を描いている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/10/02 15:43
“スヌーピーのひみつ”
              [ランタナに蝶々] ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 61 / トラックバック 2 / コメント 4

2013/09/28 23:54
『じぶんのための子守歌』
 工藤直子さんの『じぶんのための子守歌』という詩集を紹介してみる。  これは、今までの工藤さんの詩を集めたアンソロジーである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/09/25 01:07
『掏摸(スリ)』
 この前の日曜日に本屋に寄った時、気になる本を見つけた。  中村文則さんの『掏摸(スリ)』という本で、その帯の惹句に惹きつけられた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/09/19 00:05
『ネコライオン』
 BSプレミアムで「岩合光昭の世界ネコ歩き」という番組をやっている。  動物写真家の岩合さんが、世界各地のネコを動画で撮っているものである。  ネコの生態がよくわかって興味深いのだが、ネコと人とのかかわりも描かれていて面白いのでよく観ている。  その岩合さんの新しい写真集『ネコライオン』が出たので、紹介してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 41 / トラックバック 1 / コメント 6

2013/09/16 23:38
『キング・オブ・クール』
 好きな作家ドン・ウィンズロウの最新邦訳である『キング・オブ・クール』の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/09/11 09:07
『ポーカー・レッスン』
 『ボーン・コレクター』や『ウォッチメイカー』などのリンカーン・ライムシリーズで有名な、ジェフリー・ディーヴァーの第二短篇集『ポーカー・レッスン』を紹介してみる。  同作者の長篇『追撃の森』を紹介したことがあるが、語り口は相変わらず巧いものの、こちらは短篇集だから、だいぶ趣を異にする。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/09/07 20:44
『ねこはい』
 ちょっと前に紹介した『オレって老人?』に続いて、同じ著者・南伸坊さんのちょっと変わった本を紹介してみる。  書名は『ねこはい』。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 50 / トラックバック 1 / コメント 8

2013/09/05 23:51
『折れた竜骨』
 2週間ほど前に本屋に行った時、とても気になる文庫本があった。  米澤穂信(よねざわ ほのぶ)さんの『折れた竜骨』というものだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 1 / コメント 6

2013/08/28 23:30
『灯(ひ)をともす言葉』
 去年のはじめに『花森安治のデザイン』という本を紹介した。  30年の長きにわたって『暮しの手帖』の編集に携わった花森安治さんの、表紙の原画や誌面デザインなどを集めた本である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 1 / コメント 4

2013/08/25 14:24
『氷の闇を越えて』
 昨年末に、『解錠師(かいじょうし)』という、ミステリーと青春物語が最高の形でミックスされた傑作を紹介した。  2012年の「このミス」でも「週刊文春」でも、海外部門で第1位を獲得した作品である。。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/08/19 23:13
『オレって老人?』
            [夕日に照らされるSORA] ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 53 / トラックバック 3 / コメント 6

2013/08/16 00:15
『訣別のトリガー』
 アーバン・ウェイト著『訣別のトリガー』の紹介である。  ブログでは紹介していない彼のデビュー長篇『生、なお恐るべし』は、スティーヴン・キングらに激賞されたが、その著者の第2作である。    プロローグは、次のように始まる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/08/14 00:06
『画廊の隅から』
 イラストレーターの和田 誠さんの画集『画廊の隅から』の紹介である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/20 23:35
『ガミガミ女とスーダラ男』
              [夕日に映える薄雲] ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 40 / トラックバック 1 / コメント 8

2013/07/17 14:01
『フリーファイア』
 去年紹介した『裁きの曠野』に続き、米国はワイオミング州猟区管理官ジョー・ピケットの活躍するシリーズの、邦訳第6弾『フリーファイア』の紹介である。  冒険サスペンスであると同時に、ミステリーとしても楽しめる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 1 / コメント 4

2013/07/13 22:50
『ディープゾーン』
 久しぶりに冒険ものを読みたいと思い、本屋で探していて見つけた本の紹介である。  タイトルは『ディープゾーン』で洞窟探検が主な内容だが、スリル満点でミステリーの要素もある。  それに、女性が主人公というのがちょっとユニーク。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/07/06 10:30
『ことば絵本 明日のカルタ』
 本屋の本棚を見て回っていたら、ちょっと変わった本があった。  『ことばの絵本 明日のカルタ』というタイトルで、表紙にはこの本を持った顔に「明」という字が浮き彫りになった4、5歳の男の子の漫画チックな絵が描いてある。  倉本美津留という作者だが、知らない人だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/07/03 00:28
『開高 健 名言辞典 漂えど沈まず』
            [公園の原っぱにいたキジバト] ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/06/25 00:33
『役たたず、』
 石田 千(いしだ せん)さんの味わいのあるエッセイ集『役たたず、』を紹介してみる。  以前にも石田さんの『月と菓子パン』を紹介したことがあるが、カバー裏から改めて石田さんを紹介しておく。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 51 / トラックバック 2 / コメント 10

2013/06/21 00:46
『鳩居堂の日本のしきたり 豆知識』
 ちょっと面白い本を見つけたので、紹介してみる。  タイトルは『鳩居堂の日本のしきたり 豆知識』というものである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/06/12 23:11
『あなたに似た人』
 短篇の名手であるロアルド・ダールの『あなたに似た人』が、半世紀以上を経て新訳が出たので読んでみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 35 / トラックバック 5 / コメント 6

2013/05/30 21:17
『山本容子のアルファベットソングス』
 今までにも何冊か紹介してきたが、好きな版画家・山本容子さんの本の紹介である。  『山本容子のアルファベットソングス』というタイトルで、52枚の遊び心に満ちた銅版画である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/05/26 23:25
『特捜部Q ― カルテ番号64』
 2月に『特捜部Q』シリーズの第3弾「Pからのメッセージ」を紹介したが、シリーズ第4弾「カルテ番号64」が出たので紹介してみる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 1 / コメント 4

2013/05/22 00:31
『辞書を編む』
 三浦しをんさんの『舟を編む』が一昨年の9月に発売されて、ベストセラーになり、ロングセラーになり、映画化もされた。  本を読んでもいないし、映画を観てもいないのだが、辞書をつくる話で本も映画も面白いという。  『舟を編む』というタイトルは最初はいったい何だろうと思ったのだが、“辞書は言葉の海を渡る舟、編集者(編纂者)はその海を渡る舟を編む”という意味でつけられたということだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 44 / トラックバック 3 / コメント 8

2013/05/15 23:52
『それ、どこで覚えたの?』
 子どもというのは、大人が思いもかけないような言動をする。  そんな子どもたちの言動の観察が、今はツイッターでたくさん発信されているという。  その観察ツイートを集めた本『それ、どこで覚えたの?』の紹介である。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 66 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/04/30 01:13
『私の中のおっさん』
 女優の水野美紀さんの、とても愉快で痛快で毒もあるエッセイ集『私の中のおっさん』の紹介である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/04/28 00:30
『ビッグ・ドライバー』
 久しぶりに読んだホラー小説の雄スティーヴン・キングの『ビッグ・ドライバー』を紹介してみようと思う。  長篇あるいは中篇と言える2話が収録されている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 12

2013/04/25 23:57
『チェットと消えたゾウの謎』
 第1作『ぼくの名はチェット』、第2作『チェット、大丈夫か?』?に続く、《名犬チェットと探偵バーニー》 シリーズの第3作『チェットと消えたゾウの謎』の紹介である。  このシリーズは4部作の予定だったが、米国ではすでに5作品が刊行されているという人気シリーズである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/04/22 23:59
『暗殺者の正義』
 以前に紹介したマーク・グリーニー著『暗殺者グレイマン』の続篇の紹介である。  前作に続く傑作冒険アクションである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 40 / トラックバック 3 / コメント 4

2013/04/16 00:19
『アウトロー』
 トム・クルーズが主人公ジャック・リーチャーを演じた映画「アウトロー」の原作を紹介する。文庫本で上・下に分かれている。  サスペンスアクションだが、ミステリーとしての面白さも兼ね備えていてなかなかいい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/04/10 23:13
『ファイナル・ターゲット』
 プロの暗殺者ヴィクターを主人公とするシリーズの第2作『ファイナル・ターゲット』が出たので、紹介してみる。  冒険小説界の大型新人トム・ウッドの処女作『パーフェクト・ハンター』では、主人公ヴィクターが世界各地を舞台に緊迫したアクションを展開したが、この第2作も期待を裏切らなかった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/27 22:43
『ルクセンブルクの迷路』
 サスペンスだけど粋な物語『ルクセンブルクの迷路』の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 4

2013/03/20 00:37
『写真』
 詩人の谷川俊太郎さんの写文集『写真』の紹介である。  谷川さんが撮った写真とそれにかかわる長めのキャプションというか、いろんな想いが描かれている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/03/15 23:58
『パイの物語』
 2002年に、ブッカー賞(英国の年間最優秀長編小説に与えられる世界的な文学賞)を受賞した『パイの物語』という小説の紹介である。  現在、公開されている映画「ライフ・オブ・パイ」の原作本である。文庫本で上・下2分冊である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 1 / コメント 6

2013/03/12 01:17
『悪口のすゝめ』
     [何かを狙っていた猫。カメラを向けたら、振り向いて睨まれた(^^ゞ] ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 12

2013/03/08 23:49
『ヘタウマ文化論』
 日本の芸能やサブカルチャーにだけにある(?)「ヘタウマ」の面白さを文化論として鮮やかに論じた、山藤章二さんの本の紹介である。  タイトルはそのまま『ヘタウマ文化論』である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/02/28 01:27
『ビブリア古書堂の事件手帖 4 ― 栞子さんと二つの顔』
                 [団子3兄弟(^^ゞ] ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 1 / コメント 6

2013/02/24 22:30
『カラスの教科書』
 2月15日の朝日新聞・「ひと」欄に、松原 始(まつばら はじめ)さんという方が紹介されていた。  “カラスにほれ込み「カラスの教科書」を著した”人だという。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/02/20 00:16
『特捜部Q ― Pからのメッセージ』
 昨年12月に『特捜部Q ― 檻の中の女』を紹介したが、そのシリーズ第3弾『特捜部Q ― Pからのメッセージ』を紹介してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 46 / トラックバック 1 / コメント 10

2013/02/13 22:05
『面白い本』
 『面白い本』というノンフィクション本の紹介(書評)本の紹介である(^^ゞ。  著者は成毛 眞(なるけ まこと)さんという方で、奥付から紹介しておく。  こんな方である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 10

2013/02/05 23:28
『フリント船長がまだいい人だったころ』
 『フリント船長がまだいい人だったころ』という変わったタイトルのミステリーの紹介である。  著者は、ニューヨーク在住の若手作家、ニック・ダイベックのデビュー長篇で、有名紙誌に絶賛されたという。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 6

2013/02/01 10:48
『三匹のかいじゅう』
 『三匹のかいじゅう』なんて絵本のタイトルのようだが、違う(^^ゞ。  椎名誠さんの本で、『岳物語』、『続 岳物語』、『大きな約束』、『続 大きな約束』と続いてきたエッセイ風私小説につながるものである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 58 / トラックバック 0 / コメント 16

2013/01/21 23:19
『十蘭ビブリオマーヌ』
 30年以上も前だが、久生十蘭(ひさおじゅうらん)という作家の本を読んだことがある。  作品名は覚えていないのだが、面白かったということだけは覚えている(^^ゞ。  昨年の暮れに、『十蘭ビブリオマーヌ』という短篇集が出たので読んでみた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 9

2013/01/19 22:59
『女ノマド、一人砂漠に生きる』
 『女ノマド、一人砂漠に生きる』という本の紹介である。  フォトジャーナリストの常見藤代という方が書いたノンフィクションである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 40 / トラックバック 0 / コメント 14

2013/01/11 23:02
『解錠師(かいじょうし)』
 ミステリーと青春物語が最高の形でミックスされた『解錠師(かいじょうし)』という本を紹介してみる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 2 / コメント 2

2012/12/26 23:40
『マルタの鷹』
 ハードボイルドものの雄ダシール・ハメット著『マルタの鷹』の紹介である。  翻訳は小鷹信光さんである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/19 23:53
『特捜部Q ― 檻の中の女』
 昨年の6月に邦訳が発行されたデンマークの警察小説の紹介である。  だいぶ話題になったが、シリーズものの第一作で『特捜部Q ― 檻の中の女』というタイトルである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 36 / トラックバック 2 / コメント 6

2012/12/17 23:01
『ソフト・ターゲット』
 冒険アクションものの雄スティーヴン・ハンターの新刊『ソフト・ターゲット』が出たので読んでみた。  彼の書いている伝説の狙撃手ボブ・リー・スワガーのシリーズは、スワガー・サーガ(スワガー家の年代記)とも呼ばれてファンが多いが、これはその息子レイ・クルーズの活躍する物語である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/12/14 23:20
「おばあさんの練習」
 月刊誌の『本の雑誌』に、歌人でエッセイストの穂村 弘さんが「続・捧パン日常」というエッセイを連載をしている。  12月号は、「おばあさんの練習」というタイトルだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/11/30 00:21
『首斬り人の娘』
 長篇で17世紀のドイツを舞台にした歴史ミステリーを紹介してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 35 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/11/22 23:17
『なんらかの事情』
 だいぶ前だが、岸本佐知子さんの『ねにもつタイプ』という本を紹介した。  第23回講談社エッセイ賞を受賞した、とても面白いエッセイ集である。  筑摩書房の月刊誌『ちくま』に「ネにもつタイプ」として連載されたものを本にまとめたものだった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 55 / トラックバック 1 / コメント 18

2012/11/14 22:54
『日本語と英語』
 本の紹介が続く(^^ゞ。  前2回はエンターテインメントだったが、今日はちょっとだけ学術的(?)な本である(~_~)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/11/08 21:13
『紳士の黙約』
 昨年の8月に紹介したドン・ウィンズロウの新シリーズ第1弾『夜明けのパトロール』の第2弾が邦訳されたので、紹介してみる。  タイトルは『紳士の黙約 The Gentlemen's Hour』で、主人公は前作と同じ探偵ブーン・ダニエルズである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 47 / トラックバック 2 / コメント 4

2012/11/06 23:23
『ハンガー・ゲームB マネシカケスの少女』
 9月に『ハンガー・ゲーム』の第2部「燃え広がる炎」を紹介した。  その第3部(完結編)「マネシカケスの少女」<上・下>の邦訳が出たので、紹介しておく。    でもネタバレになってしまうので、あまり詳しいあらすじは書けない(^^ゞ。  ということで、本書のカバー裏から簡単なあらすじを紹介しておく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 63 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/11/05 13:37
『るり姉』
 一昨年だが、椰月美智子さんの『しずかな日々』という本を紹介した。  はじめて読んだ作家だったが好みの作品で、そのあともこの作家のことは気になっていた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 74 / トラックバック 2 / コメント 12

2012/10/17 08:38
『暗殺者グレイマン』
 “激烈な戦闘が連続する傑作冒険アクション”という惹句のついた『暗殺者グレイマン』という本の紹介である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 4 / コメント 6

2012/10/10 23:49
「記念写真」
          [昨日の夕方、地平線から現れた赤い月です] ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/10/02 23:37
『ハンガー・ゲームA 燃え広がる炎』
 2か月ほど前に『ハンガー・ゲーム』という本を紹介した。  その3部作の第2部「燃え広がる炎」の邦訳が出たので、紹介しておく。    とはいえ、第1部の映画がこの9月28日に公開されるので、くわしいあらすじは書けない。  でも、この第2部を紹介すれば、どう書いてもネタバレにはなってしまう(^^ゞ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 48 / トラックバック 1 / コメント 8

2012/09/19 16:01
『本人伝説』
 “おにぎり顔”で有名なイラストレーターで装丁デザイナー、エッセイストでもある南伸坊さんの本『本人伝説』の紹介である。  実は、南文子さんとの共著である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 64 / トラックバック 3 / コメント 8

2012/09/13 17:17
『大追跡』
 アドベンチャーものの巨匠クライブ・カッスラーの新シリーズの第一作『大追跡』(上・下巻)の紹介である。  プロローグである第一章「過去の亡霊」は、こんなふうに始まる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 70 / トラックバック 0 / コメント 2

2012/09/09 23:58
『ジョン万次郎』
 ジョン万次郎(中浜万次郎)といえば、幕末に日本と米国の懸け橋となった人として、日本人なら誰でも知っているだろう。  このジョン万次郎の生涯を、米国人との交流と米国での生活を中心に描いた本の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 65 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/09/06 23:29
『遺稿』
 さて、今日は久しぶりに本の紹介である。  前回本を紹介してから4、5冊は読んでいるのだが、頭が働かなくてなかなか紹介できない。  なにせ、この暑さで脳味噌がだいぶ溶け出ちゃったからね(~_~)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 68 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/09/03 23:47
『クロ日記』
 沢野ひとしさんの画文集『クロ日記』の紹介である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/08/17 01:06
『はるまき日記』 <2>
 さて、前回に続き『はるまき日記』の後半である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 56 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/08/06 16:59
『はるまき日記』 <1>
 瀧波(たきなみ)ユカリという漫画家の、育児日記というスタイルを借りた笑いがいっぱいのエッセイ集『はるまき日記』の紹介である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 58 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/08/05 13:14
『ハンガー・ゲーム』
          [道路脇に生えていたネコジャラシ] ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 66 / トラックバック 2 / コメント 2

2012/07/29 23:52
『WITH A SMILE』
 昨日は、カミさんがほしい本があるというので、大きな本屋がある駅3つ離れたデパートに行った。  カミさんが友達から借りた文庫本がシリーズものの第3巻で、その1、2巻をまず読みたいというのである。  暑いので、SORAのためにエアコンをかけて出かけた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 80 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/07/27 13:17
『すべては今日から』 <2>
 さて、前回に続いて児玉 清さんの『すべては今日から』の第2弾である。  2章までとはちょっと違った児玉さんの一面が見えてくる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 58 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/07/17 00:27
『すべては今日から』 <1>
 本の紹介が続く。  今日は、児玉 清さんの『すべては今日から』というエッセイ集の紹介である。  自身の生い立ちとか、俳優や読書人となったいきさつ、人生観、書評、時事評論など、児玉さんが書き遺した文章の中でこれまでの単行本に未収録のものを集めたものだということである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 64 / トラックバック 1 / コメント 8

2012/07/15 12:38
『サラダ好きのライオン』
 ちょうど一年前の7月に、村上春樹さんの“村上ラヂオ”第2弾『おおきなかぶ、むずかしいアボカド』を紹介した。  『アンアン』連載のそのエッセイは今年の3月で終わったそうだが、第2弾後の1年分が、『サラダ好きのライオン』としてまとめられた。  紹介してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/07/13 01:21
『生きのびる からだ』
 作家・南木佳士(なぎけいし)さんのエッセイ集『生きのびる からだ』の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 68 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/07/04 11:03
『追撃の森』
 『ボーン・コレクター』などでお馴染みの、ジェフリー・ディーヴァーの『追撃の森』を紹介してみる。  自然を舞台にしたサスペンスである。  主人公はブリン・マッケンジーという、ウィスコンシン州ケネシャ郡の女性保安官補である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 61 / トラックバック 1 / コメント 8

2012/06/26 15:35
『ビブリア古書堂の事件手帖 3』
 ちょっと前に、『ビブリア古書堂の事件手帖』1・2について記事にしたが、第3巻が出たので紹介してみようと思う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 55 / トラックバック 2 / コメント 11

2012/06/21 23:22
『ぼおるぺん古事記 (一)天の巻』
 人気漫画家・こうの史代さんの『ぼおるぺん古事記 (一)天の巻』の紹介である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 58 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/06/20 23:54
『ホーンズ 角(つの)』
             [公園の滑り台の雨滴] ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 70 / トラックバック 0 / コメント 12

2012/06/16 21:44
向上心が強過ぎる?(~_~)
 今、土屋賢二さんの『純粋ツチヤ批判』という本を読んでいる。エッセイ集である。  とても面白い本だ。  面白すぎてクックックッと笑いすぎて、読み終わると脱力感にとらわれガックリときて、そのあと何もする気がなくなるから、できるだけ読まないようにしているのだが、読まずにはいられないという本である(^^ゞ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 63 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/06/04 16:26
『いいかげんが いい』 <2>
 『いいかげんが いい』の続きである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 63 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/05/28 23:12
『いいかげんが いい』 <1>
 “いい加減(好い加減)”という言葉がある。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 72 / トラックバック 0 / コメント 6

2012/05/28 00:12
『裁きの曠野』
 米国はワイオミング州猟区管理官ジョー・ピケットの活躍するシリーズの、邦訳第5弾『裁きの曠野』の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 59 / トラックバック 1 / コメント 10

2012/05/24 01:10
『ビブリア古書堂の事件手帖』
 しばらく前から、本屋で気になっていた本があった。  『ビブリア古書堂の事件手帖』というのだが、表紙の装丁は漫画だし、なんだかとても軽そうな本である。ミステリーもので読むのは、ほとんど洋書ばかりというバカ親父には、ちょっと読む気になれなかった本なのである。  ただ、その本の帯には「本の雑誌が選ぶ2011年度文庫ベストテン 第1位」と書いてあるのが、とても気にはなっていた。  『本の雑誌』が文庫ベストテンの第1位に選んだものなら、面白くないはずはないのだが…… ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 58 / トラックバック 3 / コメント 10

2012/05/17 23:49
『雪と珊瑚と』
 外房にいる間に読んだ本の紹介である。  梨木香歩さんの新刊で『雪と珊瑚と』という小説である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 56 / トラックバック 2 / コメント 14

2012/05/15 23:47
『いきなりはじめる仏教入門』 <2>
        [水滴の連なり。どういうところか、わかりますか?(^^ゞ] ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 61 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/05/02 23:47
『いきなりはじめる仏教入門』 <1>
 内田 樹(うちだ たつる)さんと釈 徹宗(しゃく てっしゅう)さんの共著『いきなりはじめる仏教入門』を紹介してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 59 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/05/02 11:22
『森で過ごして学んだ101のこと』
 とても好きな作家でイラストレーターである本山賢司さんのエッセイ集『森で過ごして学んだ101のこと』を紹介してみる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 54 / トラックバック 0 / コメント 8

2012/04/14 00:28
『考える鉛筆』
             [夕方の木の影] ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/03/28 00:41
『生きるコント2』
 2年ほど前に、大宮エリーさんの『生きるコント』というエッセイ集を紹介した。  映画監督・脚本家・作家・演出家・CMプランナーと幅広く活躍している大宮エリーさんが、『週刊文春』に連載していたエッセイを集めたものである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 46 / トラックバック 1 / コメント 10

2012/03/24 20:14
『傑作! 広告コピー516』 <2>
 前回に続く、後半部分の紹介です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/03/10 23:25
『傑作! 広告コピー516』 <1>
 昨日(9日)は雨の一日だった。  カミさんにお客が来ていて、バカ親父は本屋に行ってみた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 4

2012/03/10 13:06
『おじさん図鑑』
 ちょっと前に『おやじがき』という面白い本を紹介した。  イラストと言葉で、おやじというか、おじさんを鋭く斬ったものだった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 72 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/03/08 23:08
『パーフェクト・ハンター』
            [夕方の公園の水溜り] ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 38 / トラックバック 1 / コメント 2

2012/03/02 23:38
帯(オビ)または腰巻(こしまき)について
          [ショッピングセンターの天窓] ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 60 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/02/23 18:16
『おやじがき』
          [道路にあった模様。古い白線と思われる] ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 49 / トラックバック 2 / コメント 14

2012/02/20 23:23
『リンデ』
 いつも読ませてもらっているのだが、児童書とかヤングアダルト向けの本を主に紹介されているブログがある。  このジャンルはあまり読んでいないのだが、とても丁寧にわかりやすく本を解説されていて、いつもその本を読みたくなってしまう。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 49 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/02/17 13:32
『ミスター・クラリネット』
 英国推理作家協会賞とマカヴィティー最優秀新人賞を受賞したというミステリーの紹介である。  ミステリーでありノワール(暗黒小説)であり、スリラーともハードボイルドとも冒険ものとも言えるような物語である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/02/14 00:51
『中学・高校で習った英語の基本を5時間でやり直す本』
 本屋に行って、ある本を探したのだがなかった。  その本はPHP文庫に入っている本なので、その文庫のコーナーを見ていったわけだが、そこで見つけてしまった別の本を紹介してみる(^^ゞ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 66 / トラックバック 0 / コメント 16

2012/02/12 08:41
『ひとりの夜を短歌とあそぼう』
 短歌に関する本の紹介である。といっても、堅苦しい内容の本ではない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 47 / トラックバック 1 / コメント 8

2012/02/04 11:44
『個人はみな絶滅危惧種という存在』
 彫刻家の舟越 桂(ふなこし かつら)さんの画文集『個人はみな絶滅危惧種という存在』を紹介してみる。  サブタイトルは、「彫刻家・舟越 桂の創作メモ」である。    舟越さんの作品は、いろいろな本の装丁に使われているので、ご覧になった方が多いと思う。  この本は、その作品写真と創作メモによる画文集である。  1951年生まれの舟越さんは、80年代から木彫に彩色をほどこした人物像を発表しているが、都会的でこざっぱりした洒落た作品である。  しかし、90年代半ばからは、肩にこぶがついたり... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 63 / トラックバック 1 / コメント 20

2012/01/28 23:45
洋書屋とか本屋
 今日は、カミさんは着付けの仲間が来て、うちで勉強会をするということだった。  朝食を済ませて、しばらくテレビを観てから、その友達を駅まで迎えにいくというので、カミさんとSORAを車で送っていった。  SORAは帰りに散歩をさせるという。朝の散歩にも行ったのだが、SORAにとっては嬉しいかもしれない(~_~)。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 14

2012/01/27 23:13
『にんげんのおへそ』
 女優の高峰秀子さんは、一昨年の12月に亡くなった。享年86歳だった。  今、その高峰さんのいろいろな著書が復刊されて、書店に並んでいる。  名随筆家として有名だが、まだ読んだことがなかったので何か一冊読んでみようと思って、文庫本になっているものから選んでみた。  平成10年に単行本として出版されたものだが『にんげんのおへそ』というタイトルで、高峰さんが70代のときに書いたものである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 10

2012/01/26 00:50
『燦(さん)』
 今日は、ちょっと前に読み終わった、あさのあつこさんの文庫オリジナルの新シリーズ2冊を紹介してみる。  『燦(さん)』というタイトルの時代物である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 7

2012/01/23 09:14
『花森安治のデザイン』
 『暮しの手帖』という雑誌がある。  花森安治さんと現在「暮しの手帖社」の社主である大橋鎭子さんらが1948年につくった雑誌である。  広告をとらない雑誌という類のないものである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 64 / トラックバック 2 / コメント 16

2012/01/13 00:38
『月に映すあなたの一日』
 『月に映すあなたの一日』というネイティブ・アメリカンの諺をまとめた本を紹介してみる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/12/19 11:47
『海にはワニがいる』
 アフガニスタンから始まり、イタリアで終わる旅の物語を紹介してみる。  次のようなプロローグで始まる。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 48 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/12/01 23:35
『ピグマリオンの冷笑』
 2か月ほど前に『邪悪』というミステリーを紹介した。  1900年代はじめのニューヨークを舞台とした、犯罪学黎明期の刑事と犯罪学者コンビの活躍を描く歴史ミステリーだが、その第2弾『ピグマリオンの冷笑』を紹介してみる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/11/26 00:00
『異国のおじさんを伴う』
 作家の森 絵都さんの作品では『カラフル』や『DIVE!!』が人気があるようである。  バカ親父が読んだことがあるのは、『いつかパラソルの下で』と『アーモンド入りチョコレートのワルツ』、そして絵本といっていい『あいうえおちゃん』の3冊だけだが、文章がいいし、物語が面白い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 46 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/11/18 00:57
『チェット、大丈夫か?』
 第一作『ぼくの名はチェット』という、犬のチェットが語り手を務めて新鮮なデビューを飾った“名犬チェットと探偵バーニー”シリーズの待望の第二作が翻訳された。  今回、バーニーとチェットが遭遇する事件は、ドッグショーがらみの誘拐事件である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 50 / トラックバック 1 / コメント 4

2011/11/14 23:36
『灯台守の話』
 2か月ほど前だが、『週刊文春』(9月8日号)の書評に面白いものがあった。  「私の読書日記」という欄で、池澤夏樹さんが紹介していた本である。  ちょっと長くなるが、その本についての全文を載せてみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 51 / トラックバック 2 / コメント 12

2011/11/02 23:27
『新編 あいたくて』
 以前に、“あいたくて ― 『工藤直子詩集』”というタイトルで工藤直子さんの詩集を紹介した。  その中で、タイトルにもした「あいたくて」という詩がとても心に響いた。  次のような詩である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 57 / トラックバック 1 / コメント 10

2011/10/22 23:03
『フランケンシュタイン 対決』
 第1巻『フランケンシュタイン 野望』、第2巻『フランケンシュタイン 支配』と続く、天才科学者ヴィクター・フランケンシュタインと彼がつくり上げた怪物デュカリオンが、ともに現代まで約200年を生き延びていたという話を紹介してきた。  ディーン・クーンツの作品である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 59 / トラックバック 2 / コメント 8

2011/10/10 13:51
『なつかしの小学校図鑑』
 何とも懐かしい想いを呼び起こしてくれる本を、本屋で見つけてしまった。  『なつかしの小学校図鑑』というタイトルで、詩人・エッセイストの奥成 達さんという方が小学校時代の思い出を書き、イラストレイターのながた はるみさんという方がイラストを描いている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 53 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/10/09 01:09
『ツレうつ』
 “ツレうつ”って何だかわかるだろうか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 58 / トラックバック 0 / コメント 22

2011/10/05 18:32
『ようこそ、自殺用品専門店へ』
 5日ほど前に、本屋で本を眺めていたら、とても気になるタイトルの本の背文字に目が止まった。  『ようこそ、自殺用品専門店へ』  気になって手にとって見ると、表紙の絵がいい(^^ゞ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/09/30 23:38
『道端に光線』
     [三渓園にいた赤とんぼ。たくさん飛んでいました] ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 1 / コメント 6

2011/09/28 21:44
『下世話の作法』 <2>
     [庭に咲いていた1本だけの彼岸花。なんだか寂しげ(^^ゞ] ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 43 / トラックバック 0 / コメント 22

2011/09/23 23:35
『下世話の作法』 <1>
     [SORAの寝顔です。ちょっと薄目を開けてます(^^ゞ] ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 30 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/09/23 23:19
『子どもが体験するべき50の危険なこと』
 子どもたちがテレビゲームに夢中になったり、塾や稽古事で忙しく、外で遊ばなくなったと言われるようになって久しい。  テレビゲームをしたり、テレビやネットを見ることで疑似体験は増えたのかもしれないし、勉強で頭の働きはよくなった? のかもしれないが、実際に体を使う遊びや体験不足が言われている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 22

2011/09/17 23:52
『邪悪』
 今日も暑かった。  カミさんは、次女の和装での結婚衣装の写真撮りで、その着付けのために朝早く出かけていった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 58 / トラックバック 1 / コメント 8

2011/09/15 23:42
『父でもなく、城山三郎でもなく』 <2>
 『父でもなく、城山三郎でもなく』の続きである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 14

2011/09/10 23:03
『父でもなく、城山三郎でもなく』 <1>
     (今年も庭に咲き始めたヤブランです) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/09/10 15:40
『おかえり。5ねんぶりの生協の白石さん』
 一昨日本屋に行った時に、懐かしい書名に出会った。  『おかえり。5ねんぶりの生協の白石さん』という本である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 75 / トラックバック 0 / コメント 14

2011/09/08 00:50
『エージェント6』
 (一昨日の夜、台所の窓の網戸にいたヤモリ。久しぶりに出てきました(^^ゞ) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 2 / コメント 14

2011/09/05 15:58
『叡智の断片』 <2>
 前回に続き『叡智の断片』の紹介である。  同じように、【 】内は項目名、[ ]内は引用句の作者とか発言者の名前とか出典、< >内は池澤さんの文章そのままである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/08/28 23:40
『叡智の断片』 <1>
     (スーパーの入口で、飼い主を待っているジャックラッセルテリア) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 16

2011/08/28 01:19
『青豆とうふ』
      (毎日、少しずつ熟していくブルーベリー) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 52 / トラックバック 0 / コメント 17

2011/08/23 14:37
『死の航海』
     (夕日に輝くクモの巣) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/08/15 13:13
『夜明けのパトロール』
 ドン・ウィンズロウの新しいシリーズの第1弾『夜明けのパトロール The Dawn Patrol』の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 36 / トラックバック 3 / コメント 8

2011/08/07 23:08
『シロターノフの帰郷』 <2>
 昨日の続きである。  短篇集『シロターノフの帰郷』の各短篇の冒頭を紹介していく。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/08/03 08:54
『シロターノフの帰郷』 <1>
 ドイツ文学者の池内 紀(いけうち おさむ)さんの短篇集『シロターノフの帰郷』の紹介である。  池内さんは翻訳家やエッセイストとしても有名である。  バカ親父もエッセイは読んだことがあるが、小説ははじめて読む。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 4

2011/08/02 23:06
『おおきなかぶ、むずかしいアボカド』
 村上春樹さんの小説には、熱烈なファンが多いようである。  ところが、バカ親父はちょっと苦手である。  今までに何度か挑戦してみたことはあるのだが、何ページか読んで、その先に進めなくなってしまうのである。  何故だかはわからないのであるが(^^ゞ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 60 / トラックバック 2 / コメント 28

2011/07/21 12:14
『藤田嗣治 本のしごと』
 一昨年の12月に『藤田嗣治 手しごとの家』を紹介したが、それにつながる藤田嗣治(ふじた つぐはる)の“本に関わる仕事”をまとめた本が出た。  『藤田嗣治 本のしごと』である。著者は、前の本と同じで、林 洋子さんである。  紹介してみようと思う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 6

2011/07/08 00:03
「コクリコ坂から」
 ブログ友の記事で「コクリコ坂から」が取り上げられていた。  今月の16日(土)から公開される、スタジオジブリの最新作のことである。試写会を観たという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 44 / トラックバック 1 / コメント 24

2011/07/05 12:18
『ふがいない僕は空を見た』
 (公園に飾ってあった七夕飾り。もう、そんな季節なんですね(^^ゞ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/07/04 00:01
天災か天罰か
 「天災は忘れた頃にやって来る」という言葉がある。  意味するところは、説明は要らないだろう。  これは、寺田寅彦の言葉とされている。高知市のにある彼の屋敷跡の碑文は「天災は忘れられたる頃来る」となっているらしいが。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 47 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/06/27 00:08
『フランケンシュタイン 支配』と黒雲
 前に紹介した『フランケンシュタイン 野望』の続きで『フランケンシュタイン 支配』が翻訳されたので紹介してみる。  作者はもちろん、ディーン・クーンツである(^^ゞ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 2 / コメント 14

2011/06/21 23:02
『くじけな』
 枡野浩一さんの詩集『くじけな』の紹介である。  これは、枡野さんがツイッターで発信したものをまとめたものだが、反響が大きかったという。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 38 / トラックバック 0 / コメント 14

2011/06/15 23:26
『とりつくしま』
 東 直子(ひがし なおこ)さんの短編集『とりつくしま』の紹介である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 34 / トラックバック 1 / コメント 18

2011/06/02 12:31
『大人の流儀』
 伊集院 静さんのエッセイ集『大人の流儀』の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 2 / コメント 10

2011/05/29 20:58
『ぱじ』
 もう一昨年になるが、話題になった漫画『星守る犬』(村上たかし 著)を紹介したときに、<後記>でこんなことを書いた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 32 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/05/27 00:36
『天才アラーキー 写真ノ愛・情』
 アラーキーこと荒木経惟(あらき のぶよし)さんの私小説といってもいい本『天才アラーキー 写真ノ愛・情』の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/05/25 01:04
『おかしな本棚』
 クラフト・エヴィング商會の『おかしな本棚』という本の紹介である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 2 / コメント 12

2011/05/21 23:53
『縦横無尽の文章レッスン』
 小説家・村田喜代子さんの『縦横無尽の文章レッスン』を紹介してみる。  村田さんが、ある大学の文章講座で実際に行なった授業を基にして書かれた文章読本(?)である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 41 / トラックバック 1 / コメント 16

2011/05/17 21:50
『身近なもので生き延びろ』
 本屋では最近、地震や原発関係や防災関係の本のコーナーが設けられている。  ある本屋のそんなコーナーを眺めていたら、文庫本で面白そうな本があった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 45 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/05/10 23:49
『バタをひとさじ、玉子を3コ』
 石井好子さんのエッセイ集『バタをひとさじ、玉子を3コ』の紹介である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 49 / トラックバック 1 / コメント 18

2011/05/04 23:24
『アフォリズム』
 ロバート・ハリスという方の『アフォリズム』という本を紹介してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 0 / コメント 12

2011/04/30 01:17
『映画の構造分析』
 内田 樹(うちだ たつる)さんの『映画の構造分析 ― ハリウッド映画で学べる現代思想』という本の紹介である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/04/28 00:55
『僕は、そして僕たちはどう生きるか』
 梨木香歩さんの新刊『僕は、そして僕たちはどう生きるか』の紹介である。  児童文学と言ってもいいかもしれないが、社会生活を営む人間のあり方を問う深い内容の本である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 27 / トラックバック 3 / コメント 14

2011/04/24 22:55
『無用のかがやき』
 谷 郁雄(たに いくお)さんという詩人の詩集『無用のかがやき』の紹介である。  リリー・フランキーさんの写真とのコラボである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 41 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/04/20 23:28
『もう頬づえをついてもいいですか?』
 (街路樹のイチョウの木の根元に咲いていたカラーです) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 43 / トラックバック 1 / コメント 10

2011/04/15 23:57
『千思万考』
 漫画家の黒鉄ヒロシさんのエッセイ集『千思万考』を紹介してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/04/10 23:41
『生きてるだけでいいんです。』
 (ソメイヨシノが咲き始めました。暖かい日が続けば、一気に咲いてくると思います) ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/04/02 00:09
昼寝の勧め
 去年『kotoba』(集英社)という季刊誌が創刊された。  なかなか面白いのだが、その第3号(2011年春号)の特集が“クリント・イーストウッドの「超老人力」というものである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 41 / トラックバック 1 / コメント 18

2011/03/08 23:31
『フランケンシュタイン 野望』
 ディーン・クーンツの新しいシリーズの第一作が翻訳された。タイトルは「フランケンシュタイン 野望」という。  その本の紹介をしようと思うのだが、その前にちょっとだけ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 33 / トラックバック 3 / コメント 15

2011/03/03 00:44
『犬は「しつけ」でバカになる』
 犬ほど、人間の世界に入り込んだ動物は他にはいない。とても珍しい動物である。  それでは、犬とはいったいどんな動物なのか?  そして、犬とはどうつき合っていったらいいのか? ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 36 / トラックバック 0 / コメント 20

2011/02/26 01:16
『トゥルー・グリット』
 昔、ジョン・ウェイン主役の「勇気ある追跡」(1969年公開)という映画があった。  若き日のロバート・デュバルやデニス・ホッパーも悪役で出ていた。  父親を殺された14歳の少女が、連邦保安官補とテキサス・レンジャーとともに犯人を捕まえに行く、という西部劇である。  ジョン・ウェインの晩年の出演作で、アカデミー賞主演男優賞を獲得した。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 19

2011/02/22 16:10
『脱出山脈』
 冒険小説の紹介である。  タイトルは『脱出山脈』で、作者はトマス・W・ヤングという新人作家である。  帯には、 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 10

2011/02/19 16:48
ブッキッシュって、悪いこと?!
 「ブッキッシュ」という言葉がある。元は英語で“bookish”と書く。  バカ親父は「ブッキッシュ」だと思っている。  本を読むのが好きだし、何かを始めようと思ったら、まず本を読んで勉強する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 18

2011/02/14 23:40
『蘇えるスナイパー』
 昨日読み終わったサスペンスというかミステリーというか、アクションもの、冒険ものといったほうがいいかもしれない本の紹介である。  タイトルは、『蘇えるスナイパー』という。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 2 / コメント 12

2011/02/10 17:08
『長尾みのるの人間イラストーリー』
 イラストレーターの長尾みのるさんの本、『長尾みのるの人間イラストーリー』の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 8

2011/02/05 23:49
速読か、遅読か
 昨年一年間、本屋に行っていて気づいたことがあった。  それは、速読とか速読法に関する本がたくさん出ていたことである。  エッセイとかビジネス書のコーナーに並べられていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 18

2011/01/10 00:07
『小さき花』
 なんだかとても力をもらえるような本を紹介してみる。 (長くなりそうです。年末でお忙しいでしょうから、時間のあるときにでも読んでください(^^ゞ)  『小さき花』というタイトルで、加島祥造さんの文(詩)と金澤翔子さんの書で構成されている。   ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 19

2010/12/28 00:40
仕掛け絵本
 “仕掛け絵本”というのをご存知だと思う。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 25 / トラックバック 0 / コメント 21

2010/12/21 23:28
『まさかジープで来るとは』
 去年の10月に、『カキフライが無いなら来なかった』という本を紹介した。  自由律俳句とエッセイを集めたものである。  著者は、せきしろという文筆家と又吉直樹というお笑い芸人である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/12/18 00:06
『水辺にて』
 この前紹介した「梨木香歩さんの3冊の本」の中の一冊、『水辺にて』(文庫版)を読んだので、紹介してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 1 / コメント 9

2010/12/15 23:36
『散歩の収獲』
 赤瀬川原平さんの「散歩の収獲」という写真集であり、エッセイも書かれている本の紹介である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/11/30 23:01
映画好きにお薦めの2冊
 映画好きには堪らない内容の2冊の本を紹介する。  一冊は文庫本で『映画が目にしみる―増補完全本』、もう一冊は雑誌で『BRUTUS』の12月1日号である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/11/27 21:48
『願わくは、鳩のごとくに』
 とても面白い本を読んでしまった。  面白くもおかしいのだが、切なくもあり、悲しく(哀しく)もあり、温かくもあり、楽しくもあり……いろいろな感慨をもつことになった本であった。  エッセイなのだろうが、一人の男の後半生から始まった子育て、そして家族の物語とも言える。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 31 / トラックバック 0 / コメント 14

2010/11/24 19:18
梨木香歩さんの3冊の本
 梨木香歩さんの書いたものが好きである。  今までにブログで、『西の魔女が死んだ』、『家守綺譚』、『村田エフェンディ滞土録』、『f植物園の巣穴』の4冊の小説と、『ぐるりのこと』というエッセイ集を紹介してきた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 4 / コメント 18

2010/11/17 23:47
『カメラは詩的な遊びなのだ。』
 以前に、田中長徳(チョートク)さんの『カメラは知的な遊びなのだ。』という本を紹介した。  これは、「知の創作手段」としてのカメラテクニックに焦点をあてて書かれたものだった。  その続編として、同じ著者の『カメラは詩的な遊びなのだ。』という本が出たので紹介してみる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/10/28 20:42
『音もなく少女は』
<読者諸賢へ  わたしは殺人の隠蔽工作の手助けをしました。嘘の上塗りをする手助けもしました。自分の人生、宗教、職業が否定していることをしました。しかし、そのためにこそより幸福になれました。  しかし今、わたしは真実をあなた方に語る手助けもするよう頼まれました。その真実の背景にある物語を記録にとどめ、決定的瞬間に行き着いたその女性の人生の詳細をつまびらかにするようにと。  すべてがわたしに任されていたら、わたしは何も語らなかったでしょう。残念ながら、しかし、わたしはこのド... ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 11

2010/10/25 23:41
せつなくて……
 秋である。  なぜだか、つらくて、やりきれなくて、いたたまれなくて、やるせない。  悩ましく、狂おしく、身を切られるようにせつなくて……。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 19

2010/10/21 23:39
『レッドライト・ランナー抹殺任務』
 クリス・ライアンの冒険小説『レッドライト・ランナー抹殺任務』の紹介である。  クリス・ライアンは、SAS(英空軍特殊部隊)の隊員や元隊員を主人公とした冒険小説を数々発表しているが、この物語もその一つである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/10/17 23:45
『緒形拳からの手紙』
 俳優・緒形拳の手紙に書かれた(描かれた)書や絵、そして語ったことをまとめた本の紹介である。  タイトルは『緒形拳からの手紙』である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 23

2010/10/09 14:26
『ベルファストの12人の亡霊』
 スチュアート・ネヴィルという作家のミステリー『ベルファストの12人の亡霊』の紹介である。  処女作だというが、今、英国や米国で絶賛の嵐を巻き起こしているという。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/10/06 13:07
『撮りたい写真が撮れる! デジカメ撮影のコツ』
 最近、本屋に行って写真集とかカメラのコーナーを見ていると、気づくことがある。  デジタル一眼(デジタル一眼レフカメラ; デジ一)でいかに撮るかというハウツウものが目立つということである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 22

2010/10/01 23:38
『カーデュラ探偵社』
 ミステリーの短編集『カーデュラ探偵社』の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/09/12 22:30
『森の惨劇』
 久しぶりのミステリーというかホラー・サスペンス本の紹介である。  ジャック・ケッチャム著『森の惨劇』で、帯の惹句にはこうある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/09/08 23:53
『熊田千佳慕の言葉 私は虫である』
 熊田 千佳慕(ちかぼ、本名五郎))さんという細密画家・童画家の残した言葉を集めた本の紹介である。  熊田さんは自身では「生物画家」と言っていたようだが、「ファーブル昆虫記」や絵本「不思議の国のアリス」や「ピノキオ」などの絵も手がけている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 28

2010/08/28 19:39
『もうおうちへかえりましょう』
 前回の『絶叫委員会』に続いて、穂村 弘さんのエッセイ集の紹介である。  本書『もうおうちへかえりましょう』は、2004年に小学館から刊行されたものが文庫化されたもので、著者の2冊目のエッセイ集ということである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 14 / トラックバック 2 / コメント 16

2010/08/15 16:35
『くじけないで』
 昨日、カミさんがアウトレットでセールをやっているので見てみたい、というのでアッシー君をやらされた(~_~)。  あっちこっち見て回って、カミさんはシャツを1枚、バカ親父は鉛筆削りを2個手に入れた(^^ゞ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 35 / トラックバック 1 / コメント 22

2010/08/06 15:32
『ぼくの名はチェット』
 先々週の『週刊文春』(7月29日号)で、書評コーナーの「ミステリーレビュー」に、池上冬樹さんが面白そうな本を紹介していた。  次のようなものである。(前記事の「これは何?」の答えは、<後記>に書いてあります(^^ゞ) ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 2 / コメント 14

2010/08/01 22:21
『しずかな日々』
 先週の木曜日、本屋で平積みの文庫本を眺めていたら、ちょっと気になる本があった。  表紙がミニチュア写真だと思われる公園の写真で、小さな文字でタイトルが書いてある。  『しずかな日々』。そして作者は椰月(やづき)美智子とあった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 3 / コメント 18

2010/07/25 13:23
『メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット』
 伊藤計劃さんの『虐殺器官』を紹介したばかりだが、彼の長編第2作となった『メタルギア ソリッド ガンズ オブ ザ パトリオット』を読んだので紹介してみる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/07/17 13:57
『文房具を買いに』
 去年の3月に、片岡義男さんの『なにを買ったの? 文房具。』という本を紹介した。  そのなかで、“以前に出た片岡さんの『文房具を買いに』という本の続編とも言えるものである”と書いた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 2 / コメント 14

2010/07/01 11:01
『虐殺器官』
 伊藤計劃(いとうけいかく)という作家の『虐殺器官』というSF小説の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 14

2010/06/24 23:20
ウェブキャットプラス
 いつか読んだ本だけど、もう一度読んでみたい、ということがある。  ところが寄る年波で、というか、もともと記憶力は弱いから、どうしても書名が思い出せないことがある。  そんな時に、とても便利なサイトがあるのである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 34 / トラックバック 0 / コメント 8

2010/06/23 11:16
『いい顔してる人』
 荒木経惟(アラーキー)さんの本の紹介である。  荒木さんの本の紹介は、これが2度目になる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 1 / コメント 24

2010/06/10 11:11
『味写入門』
 今日は、写真集の紹介である。  といっても、ちょっと変わった面白い写真を集めた本である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 1 / コメント 20

2010/05/30 23:22
『絶叫委員会』
 以前に3冊ほど紹介したことのある穂村 弘さんの本『絶叫委員会』の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 5 / コメント 18

2010/05/21 00:54
『とらわれない言葉』
 4月の終わりころだが、朝日新聞の書評欄に、美術家の横尾忠則さんが書評を書いていた。  アンディ・ウォーホルの語録をまとめた『とらわれない言葉』という本についてである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/05/18 00:48
『震える山』
 今日は。C・J・ボックスという作家の『震える山』という本の紹介である。  この本は、米国ワイオミング州の猟区管理官ジョー・ピケットを主人公としたシリーズの一冊である。  今までに9冊出ているが、邦訳されたのはこれが4冊目である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 1 / コメント 6

2010/05/07 23:34
『人間的なアルファベット』
 丸谷才一さんの『人間的なアルファベット』という本の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 1 / コメント 21

2010/04/25 21:02
『Ex-formation はだか』
 今朝(20日)の新聞(朝日新聞)を読んでいて、あるページにビックリさせられた。  一面を使った本の広告である。  『BALLERINE 〔バレリーヌ〕』というタイトルで、サブタイトルに「精神と肉体」とつけられている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 14

2010/04/21 00:07
『生きるコント』
 大宮エリーさんの『生きるコント』という本の紹介である。  ところで、大宮エリーさんという方をご存知だろうか。最近は、ときどきテレビにも出ているから見た方もいるかもしれない。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 3 / コメント 24

2010/04/15 23:26
『センス・オブ・ワンダー』
 だいぶ前に読んだことがあるのだが、ブック・オフで見つけて、久しぶりに読み直してみた本がある。  レイチェル・カーソン著『センス・オブ・ワンダー』である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/04/11 19:09
『澁澤龍彦 ドラコニア・ワールド』
 中学3年のときだったが、友達が薦めてくれた本を借りて読んだことがある。  衝撃的だった(^^ゞ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/04/08 23:48
『男の道具 手入れがわかる本』
 いつもとはちょっと雰囲気の違う本を紹介してみる。  本といっても、大判のムックである。(ムック:編集の仕方や体裁が雑誌と書籍の中間のような出版物)  男のいろんな道具や持ち物のメンテナンス法を解説している。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 0 / コメント 14

2010/03/31 23:10
『そこのまる』
 今日は気楽な本というか写真集の紹介である。  「そこのまる ―養老孟司先生と猫の営業部長―」という本で、養老研究所で飼われている、じゃなくて営業部長の「まる」というちょっと太目のスコティッシュ・フォールドという種類の猫の写真集である。  養老さんのエッセイも少し載っている。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 16

2010/03/26 00:32
『終生ヒトのオスは飼わず』
 大好きな作家、米原万里さんの本が文庫本になったので読んでみた。  この本『終生ヒトのオスは飼わず』は、以前に単行本として出された『ヒトのオスは飼わないの?』と『終生ヒトのオスは飼わず』を合わせて文庫本に再構成されたものである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 22 / トラックバック 0 / コメント 12

2010/03/23 00:29
『殺す女』
 本屋のミステリーのコーナーを見ていたら、本の帯に心踊らされる惹句が書かれた本があった。  曰く。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 16

2010/03/17 23:47
『シャーロック・ホームズ最後の解決』
 ちょっと古めかしい懐かしい感じのするミステリーの紹介である。  マイケル・シェイボン作『シャーロック・ホームズ最後の解決』である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 1 / コメント 20

2010/03/10 23:38
『逃げの一手』
 童謡「ぞうさん」や「一ねんせいになったら」などの作詞をした、まど・みちおさんが昨年の11月16日に100歳の誕生日を迎えたという。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/03/08 23:46
文庫本を読んじゃった
 今日は朝方はちょっと曇っていたが、しだいに晴れ間も見えてきて暖かくなった。  鎖骨の骨折の手術をしてから、1か月目の診察の日だった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 1 / コメント 28

2010/03/03 23:50
『犬の足あと 猫のひげ』
 一昨日の新聞に載っていた本の広告で、読んでみたい本があった。  昨日さっそく本屋に行って、買ってきた。読んでしまった(^^ゞ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 20 / トラックバック 1 / コメント 12

2010/02/27 11:00
『活字たんけん隊』
 本の紹介が続く。  昨日読み終わった本、椎名誠の『活字たんけん隊 ― めざせ、面白本の大海』の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 10

2010/02/15 19:50
『それからはスープのことばかり考えて暮らした』
<茶色の紙袋に白いインクで数字の「3」がひとつ刷ってある。  この町に越してきたばかりのころ、すれ違う人が、皆、その紙袋を抱えているのがなんとも不思議に思えた。「1」や「2」や「4」はなく、ただ「3」だけが、乾いた紙の音をたててすれ違ってゆく。  「ああ、あれはね」  ――ある日、意を決してアパートの大家さんにたずねてみると、  「サンドイッチ屋の袋なのよ」  あっさりと答えが返ってきた。  「わたしも何回かためしてみたけど、なかなかおいしいわよ」  大家さんは... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 19 / トラックバック 2 / コメント 24

2010/02/13 20:58
『一年でいちばん暗い夕暮れに』
 1週間入院していた間に読み終わった2冊のうちの1冊を紹介してみる。  大好きな作家ディーン・クーンツの『一年でいちばん暗い夕暮れに』という本である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 18 / トラックバック 1 / コメント 12

2010/02/11 20:06
『三行の智恵 ― 生き方について』
 今朝早く(7日)、カミさんは友達の着付けを頼まれて出かけた。  帰ってきたのは9時半ころで、いっしょにSORAの散歩に出かけた。  一人でSORAを連れていってもいいのだが、左手で持てないから右手だけでリードを持つと、急に引かれたときにちょっと危ないのである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 22

2010/02/08 00:07
チリモン ― 『チリモン博物誌』
 いつも読ませてもらっているキーブーさんのブログ記事に「チリモンは大当たり?!」というのがあった。  とても楽しくて面白いので読んでいただきたいのだが、その“チリモン”についてちょっと書いてみようと思う。ついでに、チリモンについて書かれた『チリモン博物誌』という本があるので紹介してみる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 18 / トラックバック 1 / コメント 16

2010/02/05 23:31
『イン・ザ・プール』と『空中ブランコ』
 昨年末から今まで、本をなかなか読めないでいる。  と言いつつ、今日は2冊の本をまとめて紹介してみる(^^ゞ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 26

2010/01/22 00:23
『甘い生活』
 この前本屋に行ったときに、平積みになっている本が目についた。  その帯に、「続々重版!」とあり、「瀬戸内寂聴さん大推薦」と書かれている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/12/16 00:51
鳥もも肉の燻製づくり
 この前コストコに行ったときに、カミさんが鳥のもも肉を買った。  いつも、SORAのドライフードに鳥のもも肉とキャベツを煮たものを少しだけ足しているが、それに使うためである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 0 / コメント 26

2009/12/14 22:20
『藤田嗣治 手しごとの家』
 藤田嗣治(ふじだつぐはる)という画家がいた。レオナール・フジタとしても知られる方である。  おかっぱ頭にロイドメガネという国籍不明の独特の風貌と、オシャレなダンディーとしても有名だった。  独創的な乳白色の下地による絵画スタイルで、大きな名声も獲得した画家である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 17 / トラックバック 2 / コメント 7

2009/12/06 23:47
『儚(はかな)い羊たちの祝宴』
 “あらゆる予想は、  最後の最後で覆(くつがえ)される――。  ラスト一行の衝撃にこだわり抜いた、暗黒連作ミステリ。” ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 2 / コメント 18

2009/12/03 22:26
『ロンドン・ブールヴァード』
 英国の悪漢小説(ブリティッシュ・ノワール)『ロンドン・ブールヴァード』の紹介である。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 15 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/11/16 23:43
デンプン進化論
 毎月読んでいる『BE−PAL』という雑誌がある。アウト・ドアに関する月刊誌である。  最新の12月号で、「焚き火のすすめ」という特集を組んでいた。サブ・タイトルには「Let's gather around a fire 大切な人との距離をぐっと縮める」とある。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 20

2009/11/11 22:02
翻訳ミステリー大賞シンジケート
 「翻訳ミステリー大賞」というのが創設された、という新聞記事があった。  水曜日(10/21)の朝日新聞夕刊である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/10/26 22:33
『夏への扉』
 今や古典といってもいいSF作品、ロバート・A・ハインライン著『夏への扉』を読んでみた。  SF読者による人気投票、オールタイム・ベストの第一位にも選ばれたことのある作品である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/10/24 13:26
『鉄は旨い!』
 鉄は食べると旨い、ということを書いてある本の紹介である。というのは、ウソである(^^ゞ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 1 / コメント 18

2009/10/13 11:19
『カキフライが無いなら来なかった』
 ここ1か月ほどだったが、本屋に行くたびに気になる本があった。  背表紙のタイトルは『カキフライが無いなら来なかった』というまことに奇妙なものである。  著者も二人で、「せきしろ×又吉直樹」となっている。  エッセイなのか小説なのか、いったいなんだろうと思っていたのだが、手にとらずにいたのである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 21 / トラックバック 1 / コメント 14

2009/10/06 23:51
『整形前夜』
 以前に紹介した『にょっ記』や『にょにょっ記』の著者・穂村弘さんの本の紹介である。  『整形前夜』というちょっと変わったタイトルのエッセイ集である。いろんな雑誌などに掲載されたものを集めたものである。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 3 / コメント 12

2009/09/25 22:57
『死とは何か ― さて死んだのは誰なのか ―』 <その2>
 さて、昨日の続きである。前回とはちょっと視点の変わった内容もあるが、似通ったものがあるかもしれない。ご容赦を。  また長いので、興味のありそうなところを選んでお読みください(^^ゞ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 21

2009/09/17 23:55
『死とは何か ―さて死んだのは誰なのか ―』 <その1>
 昨日の記事の<後記>でもちょっと触れた本の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 12

2009/09/16 22:54
『グラーグ57』
 千葉に行っている間に読み終わった本の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 4 / コメント 22

2009/09/08 22:55
『デンデラ』
 ちょっと毛色の変わった小説の紹介である。  時代も場所も不明だが、深沢七郎さんの『楢山節考』の後日談といってもいいような話である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 1 / コメント 16

2009/08/26 23:44
『川の図鑑』
 もう30年くらい前、見目麗しき美青年(?)だったころ、山登りにハマっていた。  山登りといってもいろいろあって、ピークハンター、縦走、陽だまりハイク、花ハンター等々、その登り方はいろいろである。  バカ親父が一番好きだったのは、沢登りだった。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 16 / トラックバック 1 / コメント 16

2009/08/23 17:04
『日々の考え』
 一昨日、買い物にショッピングセンターに行ったときに本屋に寄った。  そのときに見つけた、よしもとばなな さんの『日々の考え』というエッセイ集の紹介である。    よしもとさんの本は、だいぶ前に『アルゼンチンババア』というのを一冊読んだだけで、とても変わった面白い本だった。この本も面白そうに思えたので読んでみたのだが、面白かった。  日々の生活や考えたことなのだが、話題は、家族、友達、ボーイフレンド、夫、映画、食べ物……と種々雑多である。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 19 / トラックバック 0 / コメント 26

2009/08/18 17:02
『シャトゥーン ヒグマの森』
 サスペンスというか冒険ものというか、サバイバルものの本の紹介である。  はじめて読む作家・増田俊也さんの『シャトゥーン ヒグマの森』である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 1 / コメント 12

2009/08/14 23:31
『荒木経惟 トーキョー・アルキ』
 写真集の紹介である。といっても、読むところもたくさんある本である。  書名は『荒木経惟 トーキョー・アルキ』。ご存知、アラーキーの写真集である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 16 / トラックバック 2 / コメント 8

2009/08/13 01:29
『星守る犬』
 最近ちょっと話題になっている本の紹介である。  といっても、漫画の本である。普段は漫画は読まないから、ブログで紹介するのはこれがたぶん2冊目だと思う。  タイトルは『星守る犬』という。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 21 / トラックバック 3 / コメント 22

2009/08/10 20:31
『にょにょっ記』
 以前に穂村 弘さんの『にょっ記』を紹介したが、今日はその続編『にょにょっ記』を紹介してみる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 13 / トラックバック 5 / コメント 20

2009/08/06 23:06
『ピーナツ・バターで始める朝』
 さて、前々回で紹介した「ナポリへの道はまだ続く」というエッセイの入っている片岡義男さんの本『ピーナツ・バターで始まる朝』の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/08/04 00:04
ナポリタンの始まり
 今読んでいる本に、ちょっと興味深い話が載っていた。  その本は、『ピーナツ・バターで始める朝』という片岡義男さんのエッセイ集である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 14 / トラックバック 1 / コメント 25

2009/07/31 15:09
『おじいちゃんの絵手紙』
 一昨日、本屋に寄ったときに、面白くて楽しくて、そして切ない本を見つけた。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 28 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/07/23 20:43
『六月の夜と昼のあわいに』
 初めて読む作家・恩田 陸さんの本の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 21

2009/07/16 22:35
『ひとり連句春秋』 <その2>
 昨日の続きである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 26 / トラックバック 1 / コメント 23

2009/07/11 23:00
『ひとり連句春秋』 <その1>
 野坂昭如という作家をご存知だろうか。  1930年生まれで、1960年代後半から1970年代半ばまで、独特の七五調を基調とした文体とテーマで小説やエッセイを次々と発表した。  われわれ団塊世代にとっては、思春期から青年期にかけて忘れることのできない作家の一人である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/07/10 22:12
『上機嫌な言葉 366日』
 田辺聖子さんの『上機嫌な言葉 366日』という本の紹介である。  田辺さんの小説やエッセイの中から、人や人生についての何かの示唆を与えてくれるような言葉を選んで、1年366日(365日+うるう年の1日)に当てはめたものである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 22 / トラックバック 1 / コメント 29

2009/07/02 20:50
『男女(オスメス)の怪』 <その2>
 『男女(オスメス)の怪』の続きである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 24

2009/06/21 09:58
『男女(オスメス)の怪』 <その1>
 養老孟司さんと阿川佐和子さんの対談集の紹介である。  タイトルは『男女(オスメス)の怪』という。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 23 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/06/20 15:29
『続 大きな約束』
 『大きな約束』(椎名 誠 著)の続編『続 大きな約束』の紹介である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 1 / コメント 15

2009/06/02 01:18
『f 植物園の巣穴』
 梨木香歩さんの新作『f 植物園の巣穴』を紹介してみる。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 2 / コメント 18

2009/05/25 23:10
『20世紀の幽霊たち』
 怪奇幻想短篇小説集『20世紀の幽霊たち』の紹介である。  作者はジョー・ヒル(Joe Hill)。聞いたことのない名前である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 20

2009/05/24 16:46
『野の花さんぽ図鑑』
 昨日、親父の特養に行く途中で、カミさんが用があって数駅離れた駅の駅ビルに寄った。  そこの書店で面白そうな本を4冊ほど手に入れた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 18

2009/05/21 21:19
『ハッピーロンリーウォーリーソング』
 一昨日、カミさんは仕事で朝9時ころ家を出て、帰ってきたのは夜の11時ころだった。  帰る途中でメールがあり、疲れたので駅まで迎えに来てほしい、とあった。仕方がない、迎えに行った。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 25

2009/05/12 16:34
『今日もていねいに。』
 一昨日、ブログ友 uraraさんの「気になる人」というタイトルのブログを読ませてもらった。  そのなかで、松浦弥太郎さんの『今日もていねいに。』という本を紹介されていた。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 9 / トラックバック 0 / コメント 14

2009/05/10 22:49
『わがタイプライターの物語』
 ポール・オースター著『わがタイプライターの物語』という本の紹介である。たぶん、長くなります(^^ゞ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 10 / トラックバック 1 / コメント 15

2009/04/22 13:20
『にょっ記』
 本屋でふと見つけてしまった面白い本を紹介してみる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 6 / トラックバック 10 / コメント 12

2009/04/09 12:58
『なにを買ったの? 文房具。』
 片岡義男さんの文房具について書かれた本『なにを買ったの? 文房具』の紹介である。  以前に出た片岡さんの『文房具を買いに』という本の続編とも言えるものである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 5 / コメント 10

2009/03/28 15:00
『読まない力』 <その2>
 さて、前回の続きである。  紹介したいところがたくさんあって、困った。一部だけ抜き出すと、わかりにくくなるところもある。  できるだけ面白そうなところを選んで、しかも簡略にしたいと思う。興味のなさそうなところは、飛ばしてお読みください。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 7

2009/03/04 23:41
『読まない力』 <その1>
 今朝目が覚めて外を見ると、一面の銀世界であった。というのを期待してたのに、残念。雪なんてどこにもなかった(^^ゞ。  関東地方でも北の方は雪になったようだが、横浜の南端のうちの方はミゾレになっただけで、それもすぐに雨になり、早めに止んでしまったようである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 12

2009/03/04 11:41
『コンラッド・ハーストの正体』
 ここ1週間ほど、毎晩寝る前に読んでいた本を紹介してみる。  タイトルは『コンラッド・ハーストの正体』で、コンラッド・ハーストという殺し屋の話である。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 8

2009/02/28 23:30
『本漫画』
 昨日は親父の病院の帰りに、ほしい本があったので本屋に寄った。  ほしい本はなかったが、ちょっと面白い本を見つけてしまった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 16

2009/02/25 23:47
『世の中にひとこと』 <その2>
 前記事に続いて、『世の中にひとこと』の秋と冬の章から紹介する。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

2009/02/21 11:23
『世の中にひとこと』 <その1>
 昨日はカミさんと決闘をして、一太刀でバッサリ切られてノビテいた。  というのは、もちろん冗談である。冗談で済んで、良かったのである。えせスポチャンの決闘は五分五分というところであった(^^ゞ。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 1 / コメント 10

2009/02/20 19:01
『大きな約束』
 ちょっと前の新聞に、椎名誠の『大きな約束』という本の広告が載っていた。  惹句に、“『岳物語』から25年。シーナ家三代の物語。新章、スタート!”とか“あのシーナが、「じいじい」に!”とあった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 2 / コメント 13

2009/02/13 12:05
『極限捜査』
 1か月半ほど前の去年の年末のことだが、久しぶりに『本の雑誌』を買って読んだ。  1月号で、「本の雑誌が選ぶ2008年度ベスト10」という特集だったからだ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 6

2009/02/09 22:56
『本日のスープ』
 『本日のスープ』という本の紹介である。「スープのレシピ本」だと思われるかもしれないが、ちょっと違う、いやまったく違う。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 13 / トラックバック 1 / コメント 22

2009/02/04 23:20
『チャイルド44』
 なかなかに面白いサスペンスものを読んでしまった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 6 / コメント 13

2009/01/14 23:06
『どうしても描きたかった 60年前のえにっき』
 昨日、いつも読んでいる『BE−PAL』の2月号を買った。この本は、自然を学び、楽しもうという趣旨の月刊誌である。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 6

2009/01/13 23:03
焚き火のすすめ:『男の焚き火事典』
 前々回で紹介した『語前語後』に、糸井重里著『思い出したら、思い出になった。』の中から、何篇か紹介されていた。  その中に、次のようなものがあった。(―― 以下は、安野光雅さんのコメント) ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2008/12/18 10:32
『語前語後(ごぜんごご)』
 安野光雅という画家がいる。絵本や本のイラストなどを数多く描いている。バカ親父が好きなのは、水彩で描いた風景画である。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 10

2008/12/15 15:55
『求めない』
 カミさんが面白い本だからと貸してくれた本を紹介してみる。以前から本屋で見かけて、読もうかどうしようか迷っていた本である。『求めない』というタイトルである。  去年出た本なので、もう読まれた方もいるかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 10

2008/12/03 23:56
『反撃のレスキュー・ミッション』
 久しぶりに、ワクワクドキドキ、そしてハラハラする冒険アクションものを読んだので、紹介してみる。  題名は「反撃のレスキュー・ミッション(STRIKE BACK)」といい、著者は迫力に満ちた冒険小説を続々と送り出しているクリス・ライアンである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 10

2008/11/25 23:47
『紅葉ハンドブック』
 次の写真は、今朝の散歩の時に公園で撮った紅葉の写真である。何の木だかわかるでしょうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

2008/11/19 23:10
『風のガーデン 貞三先生の花言葉365篇』
 現在テレビで放映中の連続ドラマで「風のガーデン」というのをやっている。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 2 / コメント 20

2008/11/10 23:54

トップへ | みんなの「本」ブログ

団塊バカ親父の散歩話 本のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる