守宮

画像
 夕食がすんで、バカ親父は部屋に戻ってブログ巡りをしていた。そこへ、カミさんがやってきて「ねえ、ねえ、ちょっと来て。台所で面白いものが見られるよ」と言う。「なんだい」と聞くと、「ヤモリ」と答えた。
 カメラを抱えて台所に行ってみると、換気扇の下のガラス戸の外にヤモリが張り付いている。頭の先からしっぽの先まで10センチくらいのやつである。足の指先が吸盤のようになっていて、かわいい形をしている。

 さっそく写真を撮るが、なかなかピントが合わない。ガラスだからオートフォーカスが合いにくいのだろう。ストロボを使うとガラスに反射してきれいに撮れないだろうから、ストロボも使えない。ちょっと薄暗いところだから、シャッタースピードも遅くなって、ブレ易い。ぐっと近寄って、マクロ撮影にして6枚ほど撮ってみた。
 写真はその中の1枚である。模様のあるガラスだから、ピントは合っていると思うのだが、ボケて見える。足先だけでガラスに張り付いているのが、おわかりになるだろうか。ヤモリの指先はひだ状になっていて、吸盤の役をするのである。
 カミさんはケータイで写真を撮って、娘たちに送っていた。

 タイトルの「守宮」は、ヤモリを漢字だとこう書くのである。ヤモリは灰色あるいは灰褐色で暗褐色の不規則な斑紋がある。それで、異称に「壁虎(へきこ)」という面白い名前もある。
 英語では、gecko または wall lizard というのだが、gecko (ゲコウ)というのは、鳴き声からつけられた名前らしい。そういえば、タイに行った時に、あの辺にはトッケイという30センチくらいになる大型のヤモリがいて、夜になると意外に大きな声で鳴いていた。このトッケイというのも、鳴き声から付けられたのである。
 日本のヤモリの鳴き声を聞いたことはないが、ゲコウなんていって鳴くんだろうか。鳴くのなら、一度聞いてみたいものだ。

<後記>ヤモリは古い木造家屋に多くいるようです。といっても北海道にはいないらしい。板壁の隙間などにいて、夜になると灯火に集まる虫を食べるということです。
 東京で住んでいた家も古い家で、やはりヤモリがいて壁に張り付いているのをにらめっこして見たことがあります。目が大きくて、まん丸でかわいいのです。今の家に来てからも、3度ほど見ました。どうも、ヤモリには縁があるようです。というか、古い家にばかり住んでいるということでしょうかねえ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あ閑マダム
2005年09月23日 06:18
再びおじゃまします。あ閑マダムです。へえーヤモリって漢字で「守宮」と書くんですか(65へえーくらい)。この歳(内緒!)まで知りませんでした。すると守宮はヤ(屋、家)のみならず宮社までモリするわけですね。なんとも縁起のよい名ではありませんか!こちらの”gecko”とは大違い。動物好きのあ閑マダムですがこの手の動物はチと苦手でヤモリと聞いただけで慄いておりましたけど「守宮」ならまた話は別。写真の守宮ちゃん可愛くて愛嬌があるじゃござんせんか。遊哉さん家をしっかり守っているのですよ。ひめちゃん同様にかわいがってくださいね。それでは守宮君によろしく。ひめにも。
遊哉
2005年09月23日 10:16
☆ あ閑マダムさん、バカ親父も今回調べて知りました。「家守」だとばかり思っていたのですが、「家守」にヤモリの意味はないのでした。「守宮」なんてほんと縁起がいい名です。
 ちょっと前に3センチほどの小さいヤモリも見ました。どうもうちは守宮屋敷らしい(笑)。庭にはトカゲもいるし、これもまた面白くて楽しいのです。
 ヤモリは普段は姿を見せなくて、どこにいるかわかりませんが、今度会ったらよろしく言っときますね。
kaako
2005年09月23日 10:27
久しぶりに守宮君とお会いできて うれしいです。旧家では かなりのお馴染みさんでしたから。雨戸を閉めるときに 手の甲へ落ちてきたことが 何度もあり 最初は心臓が止まりそうにびっくりしましたが 姿形は 平気になりました。遊哉さんの観察どおり顔が かわいいですよね。しっかり窓に張り付いた足裏は 雪の結晶のようにも見えて <がんばってるんだなぁ・・家を守ってね。。>って言いたくなります。やっぱり新しい家は苦手みたいですよ。
以前 アメリカからいらした方の観光案内をしたとき ペットにlizardを飼っているという話をされ、私がとっさに うちは house lizardを飼っていると答えたたら とっても受けたことを思い出しました。(houseでも 通じました
)しかし 同類でも 私 トカゲとイモリは ダメです。守宮くん COME BACK!
2005年09月23日 10:57
おはようございます~
守宮、壁虎、gecko・・・足がなんとも可愛いですね(●^o^●)ホント、こんな字書くんですね~また賢くなったわ~うちにはトカゲとゲジゲジと蟻と蜘蛛は沢山居るけど守宮にはお目にかかったことないです。夜しか出ないなら「怪しいオバサン」やれば会えるかも・・でも木造じゃないからだめかしら~
今朝ターシャ・テューダーさんのお庭の番組見ました~見たかったんですよね。教えていただいてよかったm(__)m 蛇を追うメギーでバッタとひめちゃんを思い出してしまいました。庭はもちろんステキだけど、生き方がステキですね。「体が疲れても心が満たされる」「どんな厳しい時も幸せは心の持ち方にあるのだから~」思わず、「守宮」と共にメモ、メモ!最近私の周りにはメモった紙片と切り刻んだ布が山のよう。誰が見てもゴミの山だろうけど、私にはお宝、お宝!
2005年09月23日 12:33
 こんな物が窓にいたら私は気絶しますよ!!。
 まるで、指輪物語(原作本)にでてくるゴクリですね。
2005年09月23日 13:34
ヤモリは家を守るからヤモリ、イモリは井戸を守るからイモリと親から教えられてたのウソかしら?
爬虫類も両生類も苦手なのに、ハンドルネーム爬虫類の親玉にしてしまったの、自分でもわけわからん?!(-_-;)
>「ねえ、ねえ、ちょっと来て。・・」
これだけの会話で、ご夫婦円満が読めて取れました~、ふふふ。かわいい奥様だこと、どこぞとえらい違いだす。
こすけ
2005年09月23日 13:44
こんにちは。我が家にもいます。玄関の中にもいた事があります。外に出そうと袋を近づけたら尻尾を切って高いところに逃げました。それで、あきらめて放置しましたが、いつの間にか台所の出窓の外にいました。ほんとに家をまもってくれるのでしょうか。可愛いといわれますが、私は怖い悲鳴をあげています。
遊哉
2005年09月23日 14:10
☆ kaakoさん、守宮とは久し振りのご対面でしたか。昔の板戸の雨戸のあるような家だったら、きっといるんでしょうね。どっかに隙間があれば、きっと帰ってくるんじゃないでしょうか。
 守宮って壁などに張り付いている時はあまり動きませんが、逃げたりする時はサッサッと意外と速く動きます。トカゲよりも体が柔らかそうです。身近に現れて観察していると、だんだんかわいくなります。
 house lizard という言い方もいいですね。アメリカでも、やっぱり人家に住んでいるんでしょうね。
 イモリは形は似ているけれど、両生類だからちょっと雰囲気が違います。山の清流で見たことがありますが、お腹が赤くて、たしかアカハラとも言うと思いますが、見かけは毒々しいですね。
 守宮くんが、帰ってきてくれるといいですね。
遊哉
2005年09月23日 14:26
☆ patyokoさん、ゲジゲジがいっぱいいるんですか。あれは苦手だ~。
 守宮は夜、灯火に集まる虫を食べるそうですから、怪しいオバサンをやった時に、そんなところを見てください。ひょっとしたら、いるかもしれません。
 ターシャ・テューダーさんのところのメギーはちょっと太めで、足も短いのに、蛇を追うときは敏捷でしたね。ひめがバッタを追うときとよく似てます。あのガーデニングを始めたのが、57歳のときだそうですね。バカ親父も頑張って夢を追わなきゃ、と思いました。長男や孫の援助はあるものの、一人で生きているというのもいいです。きっと芯の強い方なんでしょうね。いろいろ教えられました。
 ゴミの山に見えちゃってもいいですから、お宝をいっぱい蓄えてください。
遊哉
2005年09月23日 14:32
☆ あはは、かなかな さんは、きっとそう言うだろうと、思っていましたよ。ご安心を、北海道にはいないそうですから。元々は熱帯とか亜熱帯の生き物なんでしょう。でも、ゴキブリも北海道に渡ったということだし、地球温暖化で、そのうち北海道にも現れるかもしれませんよ。
 ゴクリってどんな生き物なんだろう。知りたい。
遊哉
2005年09月23日 14:46
☆ レイコサウルスさん、イモリは「井守」と書くから、そうかもしれません。昔の井戸には魚が泳いだりしていました。環境指標生物として、イモリも使われていたのかもしれませんね。
 爬虫類も両生類もよく見ると意外とかわいいから、大きさは相当違うけど、爬虫類の親玉でもいいじゃん……うん、これって、贔屓の引き倒しか?!
 うちのカミさん、かわいいときと、かわいくないときとの落差が大きい。まあ、だいたい、どこの奥様も似たようなもんでっしょ。違うかなあ。
遊哉
2005年09月23日 14:56
☆ こすけ さん、ヤモリはトカゲと一緒で尾っぽを切って逃げるようですね。毒もないし、虫を食べてくれるし、悪さはしないようです。見かけても、そーっとしておいてください。
 人は見かけじゃわかりません、って人じゃなかったか。ヤモリが住める家は、落ち着いたいい家なのかもしれません。古いだけかもしれませんがね。
2005年09月23日 18:50
家を守ってくれるやつが 居るんだから お宅は 間違いない よかった よかった
2005年09月23日 19:45
 こんばんは ヤモリは漢字で「守宮」ですか。勉強になります。私(富士山の西麓)のところは守宮はあまり見かけませんが、トカゲが住み着いていて、庭に出るたびに見かけます。何も悪さはしない思うのですが、顔だけだと長いもの君に似ているので、ギョッとします。虫などを食べているのでしょうね。守宮は沖縄の西表島でシャワーを浴びようと中に入ったら、ベージュ色のトカゲがいて、驚きました。その際にこれがヤモリだなと認識した次第です。
遊哉
2005年09月23日 20:14
☆ seiziさん、どうもうちには、いっぱいいるようです。いっぱいいすぎても、よくないじゃないかと……
遊哉
2005年09月23日 20:23
☆ 時さん、冬に気温が低くなるようなところには、あまりいないのかもしれませんね。
 トカゲでもカナヘビなんていう名前のもいて、やはり長いもの君の仲間ですね。昆虫やミミズを食べるようですよ。
 西表島なら、この辺のより大きいかもしれませんね。トカゲより目が大きくて、まん丸でかわいい感じじゃなかったですか。
2005年09月23日 21:57
ヤモリとイモリの違いがわからない私です。(^^ゞ
 ウチにもヤモリもいるし、トカゲ君もカナヘビ君もいます。虫がいっぱいいるって証拠だから自然があるって事だよね。虫、昔は苦手だったんですが、子供のおかげで強くなりました。
遊哉
2005年09月23日 22:52
☆ キョンさん、分類上は、ヤモリはトカゲ目ヤモリ科の爬虫類、イモリはサンショウウオ目イモリ科の両生類です。イモリは普通は川とか池などの淡水に棲んでいて、街中ではあまり見かけません。
 たしか森が近くにあるんでしたよね。虫がいっぱいいて自然があっていいですね。うちの娘も子どものころはむしがすきだったんだけど、今は虫を見るとぎゃあぎゃあいって駄目になりました。残念!
2005年09月23日 23:33
ありゃ。私も「家守」だと思っていました。父の田舎では、時々、疲れたヤモリが天井からボトンと落ちてくると言っていました。
東京生まれ東京育ちの、自称お嬢様、もしくは深窓の令嬢の私には、この手は苦手でして、理解しがたい姿かたちです。奥様が、「ねえねえ、ちょっと来て。台所でおもしろいものが見られるよ」っておっしゃる意味がわかりません。私だったら・・・ギャー!と、ヤモリも驚く悲鳴を上げると思います。
遊哉
2005年09月24日 00:14
☆ yu_mamaさん、あはは、自称お嬢様、深窓の令嬢には、このかわいらしさがわかりませんか。
 うちのカミさんは、東京生まれ東京育ちで、自称下町の深窓の令嬢ですが、やはり苦手だったようです。でも、バカ親父の影響でかわいいと思うようになったのでした。ヤモリやトカゲの3~4センチくらいの子どもも出てくるのですが、こいつを捕まえてカミさんに見せて、そのかわいらしさを教えてやるうちに、好きになったかどうかはわかりませんが、かわいくて面白いと思うようになったようです。yu_mamaさんちは山に近いから、ヤモリは、きっといますよ……
2005年09月24日 18:20
 こんばんは 再びです。
>この辺のより大きい・・・
 :大きさは遊哉さんのところと同じようなものでした。
>トカゲより目が大きくて・・・
 :そんなにまじまじと見なかったものですから分かりません。(笑)確か、シッシッと云ったら出て行きました。
遊哉
2005年09月24日 18:45
☆ あはは、時さん、今度機会が会ったら、是非にらめっこしてじっくり見てみてください。かわいいですよ。
かなかな
2005年09月25日 09:11
 遊哉さん、ゴクリは指輪物語にでてくる架空の生き物です。指輪の魅力に取り付かれて、主人公をずっとストーカーしている、トカゲのような気味の悪い元人間です。映画では少し設定が違ったかもしれませんが、原作はトカゲのイメージでした。「私のいとしい しと」といいつつ指輪を狙います。 ~参考までに!~
遊哉
2005年09月25日 09:29
☆ かなかな さん、了解です。映画では、ちょっとヨーダに似た顔で、体つきの細っこいやつですね。ちょっと憎たらしくて、哀しげで、憐れなやつでした。

この記事へのトラックバック

  • 押し守宮

    Excerpt:  写真は、バカ親父が発掘した恐竜の化石である。と言いたいところなんだが、ちと違う。 Weblog: 団塊バカ親父の散歩話 racked: 2005-11-18 22:33
  • 庭の小さな生き物

    Excerpt:  うちの荒れた庭には、少しだが生き物がいる。アリんこはいっぱいいるが、これは置いといて、他のをちょっと紹介してみる。 Weblog: 団塊バカ親父の散歩話 racked: 2006-07-30 23:51
  • 木乃伊守宮

    Excerpt:  今日はちょっと不気味な話である。気の弱い方は、これから先は決して読まないように。フッフッフッフッ…… Weblog: 団塊バカ親父の散歩話 racked: 2007-09-28 00:21
  • いたっ!

    Excerpt:  今日は気温は29℃くらいになったが、湿度が少なくてとても気持ちのいい一日だった。  夕方のSORAの散歩に出かけたのは、5時半くらいだった。 Weblog: 団塊バカ親父の散歩話 racked: 2008-09-09 23:08
  • おチビ現る(~_~)

    Excerpt:  毎年夏になると現れるのだが、今年ははじめて見た。  おチビである(~_~)。 Weblog: 団塊バカ親父の散歩話 racked: 2012-09-26 23:40