ベアドッグ(クマ対策犬)

 毎日曜日の夜は、テレビ三昧である。7時からは「さんまのスーパーからくりTV」、8時からは「どうぶつ奇想天外!」、9時からはドラマなのだが、「恋の時間」は俳優としての宮迫博之は好きだが、ドラマとしてはイマイチ。でも、昨日は観てしまったが……。
 10時からは「情熱大陸」か「素敵な宇宙船地球号」で、10時30分からは「世界遺産」となる。「世界遺産」のナレーターが、3回前くらいからオダギリジョーになった。俳優としての彼はなかなか面白いが、ナレーションは以前の緒方直人や寺尾聡と比べると、今ひとつ訴えてくるものに、見劣りじゃなく聴き劣りがする。でも、これからどうなるかが楽しみ。

 さて、昨日の「素敵な宇宙船地球号」は「クマ追い犬 軽井沢最終兵器の2頭マル秘騒音作戦」とある。犬が出てくるとなれば、見逃すわけには行かない。観たのである。

 軽井沢は有名な避暑地で浅間山麓にあり、まだ豊かな自然が残る地域で、年間800万人もの人が訪れるという。ところが、開発が進み草原環境が失われて、そこの動植物が激減したり、人工林の荒廃や広葉樹林の減少により、森の野生動植物にとっても生息環境の減少や悪化が起こっているという。
 ツキノワグマも、人間の認識や配慮が足りないこともあり、人家周辺にたびたび現れるようになって、ゴミや人の食べ物に執着するようになってしまったという。
 NPO法人ピッキオ(picchio)というところが、浅間山麓全体の地域生態系保全と生物多様性維持のために活動しているのだが、その一環としてベアドッグを導入し、人家周辺に現れたクマを森に追い払うという活動を始めたのである。

 このベアドッグを使ってクマを追い払うという考え方は、米国のクマ対策専門家であるキャリー・ハントという人がカレリア犬の性質に注目して始めたということである。
 カレリア犬というのは、フィンランドとロシアの国境地帯にあるカレリア地方原産の犬である。ヒグマ猟に向くように改良された犬で、勇敢で独立心に富むという。
 北米ではクマをできるだけ殺さずに人と共存しようと、クマを捕まえて、クマ撃退スプレーやゴム弾、花火弾などの殺傷能力のない道具を使って、人間の優位さを学習させ、山や森に追い払うという方法をとっている。これにベアドッグも使うことにより、人間の安全が確保され、より効果的に学習させることができるようになったということだ。

 ピッキオは、この対策法を導入しようと、昨年6月に米国から「ルナ」と「ブレット」という子犬をつれてきて、ベアドッグの育成活動を始めた。
 カレリア犬を使う理由は次の3点だという。
 ① クマを傷つけないで追い払う。
 ② 繊細で人が好きで、優しい。
 ③ クマを深追いせず、人と離れても戻ってくる。
 猟犬でも獲物に襲いかかる習性を持つものもいるが、カレリア犬は主人が来るまで、クマを一か所に留めておくというスタイルを持っているので、人・犬・クマの安全を求める対策の方針に合致したということである。

 このルナとブレットがかわいい。なかなか精悍なのだが、それぞれのハンドラーと一緒に暮らしながら、訓練を重ねてベアドッグとして成長しているようだ。
 こういう方法がうまくいけば、クマを殺さずに人との共存も可能になると思う、というより可能にしなければいけないと思う。日本の各地で採用できるようになればいいな、と思ったのである。

<後記>このカレリア犬は人には優しいが、他の犬に対しては攻撃的な面もあるということで、一般家庭で、ペットとして飼うのは無理だということです。
 クマを人里に呼び寄せないためには、ゴミの処理などもきちんとしなければならないでしょうし、熊の餌となるドングリのなるカシやクヌギ、ナラなどを森や山に植林するなども必要でしょう。
 昨年1年で、全国で2,234頭のクマが駆除された(殺された)ということです。殺すのは最後の手段にして、なんとか殺さずに共存していきたいものです。ほかの野生動物も同じですけどね。
 詳しくは、picchioのホームページをご覧ください。

 ベアドッグに関する、次のような本もあります。
がんばれ!ベアドッグ―クマとともに生きる

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年11月14日 22:43
山歩きをしていて、一番気をつけなければいけないのは熊です。単独で歩く時はクマスズが頼りです。
もっとも、熊よりも人間のオスのほうが怖いという向きもあるようですが・・。
2005年11月14日 23:22
全国ニュースにもなりましたが、最近我が家の近くで60キロのセントバーナードが親猪に襲われて出血多量で死んだ事件があり、犬を飼っている人は怯えています。猪が出るのはごく日常的なことなので我が家でも夜はビートと娘を駅まで迎えに行けなくなりました。通り魔も猪も出てやっかいです。猪が通り魔を襲うといいのですがね。
遊哉
2005年11月15日 00:40
☆ 山いろいろ さん、熊だって人間が恐いでしょうから、こちらの居場所をあらかじめ知らせてやれば逃げていくでしょうね。
 里に降りて生ゴミなどを漁るようになって、人間を恐がらなくなった熊が恐いですね。
 バカ親父は、人間のメスが恐い。
遊哉
2005年11月15日 00:50
☆ uraraさん、六甲山の麓でイノシシが出没するというのはニュースで見たことがありますが、セントバーナードが襲われたというのは、知りませんでした。イノシシの牙はとても鋭くて、猟犬もやられることがあるそうです。
 軽井沢では、ゴミ箱も熊が破れないようなものを考案しているそうです。日光の猿とか、外来のアライグマや台湾リスとの問題もあります。なんとか、野生動物との共存を図りたいですね。
 通り魔は共存じゃなくて、撲滅したいですね。
2005年11月15日 09:35
熊の気持ちになったことはないけど、おどおどしながら、ひっそりと、隠れているのも辛いでしょうね。健康のためとかいって、山奥まで人が入ってくるし。人間のように、まとまった食事がとれるわけでもなく、あの大きな体で、小さなドングリを1つ1つ探しながら食べる、可哀想でもあります。「熊天国日」を設けて人間の入山を禁止するのは如何?
2005年11月15日 17:39
そうですよね、簡単に殺されちゃう熊、多いですよね。別に本人ぃぇ本熊は、悪い事しているとは思っていないんですものね。カレリア犬、初めて聞く犬種です。犬っていろいろなんですね。ウチの犬は、きっと熊見たら、腰抜かしちゃうだろうなぁ。(^^ゞ
2005年11月15日 17:43
熊だけでなく↑のイノシシも猿も以前は人里には下りてこなかったでしょうに、人間のエゴで餌付けなどしたせいもありますよね(-_-;)ゴミ問題も一向によくならないし、味を覚えてしまった動物が哀れです。このベアドッグが上手くいって殺生がなくなるといいですね!
2005年11月15日 19:15
気持ちいいぐらい 番組が重ならない 接点なしの日曜日の夜 オッー
遊哉
2005年11月15日 19:31
☆ 片靴さん、「熊天国日」というのもいいですね。厳しい自然の中で、熊をはじめとした野生動物が生きているということを認識するいい機会になりそうです。子どもたちにも、エコツアーとか環境教育で、いろいろ教えてやりたいですね。
遊哉
2005年11月15日 19:42
☆ キョンさん、そうだよねえ。本熊は食べ物が手に入れにくいから人里に仕方なく降りてくるわけで、それを殺されたんじゃかわいそうだ。この方法だと、熊は人里に降りてくると嫌な思いをすると学習をするらしい。
 いろんな犬がいて、人のために働いている。アクセルは友達犬で癒し犬かな。
遊哉
2005年11月15日 19:57
☆ patyokoさん、イノシシや猿に餌をやる人がいるみたいですね。北海道のキタキツネもそうだけど、観光客が餌をやるようになってから、いろんな問題が起きているみたいです。野生動物には餌をやってはいけないでしょうね。ゴミの管理も必要です。身近ではカラスの問題もありますね。
 人のエゴで動物たちを殺さなきゃならないというのは寂しいです。一緒に生きていきたいと思いますね。
遊哉
2005年11月15日 19:59
☆ seiziさん、テレビっ子としては、貴重な日曜の夜を、有意義に過ごしてます。
kaako
2005年11月16日 07:00
<カレリア犬>名前がやさしい響きですのに 強くて 賢くて 人にやさしく 素晴らしい犬ですね。私も 神戸でセントバーナードがいのししに殺された話を聞きました。つながれていたので 不利だったのでしょうね。かわいそうです。この犬は映画<ベートーベン>を見てから 大好きになりました。
クマと人・・・うまく共存したいですね。
遊哉
2005年11月16日 20:32
☆ kaakoさん、カレリア犬て魅力的な犬ですが、やはり自然の中で飼ってやらないといけないんでしょうね。映画「ベートーベン」は面白かったですね。でも、あの巨体だから、飼うのは大変なようです。それに、セントバーナードはアルプスで飼われている犬だから、山の上とか寒い地方でないとかわいそうですね。
 日本の山や森は、もともと熊などの野生動物の棲みかですから、後から入ってきた人は彼らを滅ぼすのでなく、共存できるようにする義務があると思いますね。

この記事へのトラックバック