自然と生きる? 自然に生きる?

画像 日本の田舎の懐かしい風景といえば、水田が思い出される。いかにも自然そのままという感じであるが、実はこれほど人工的なものはないのである。

 元は森や林、あるいは草っぱらだったようなところで水利のいいところを、人が切り開き水田にしていったのである。緑があるし、あまりにも見慣れた風景だから、自然そのもののように勘違いしているだけである。
 とはいっても、稲作は日本の気候・風土にあっていたのだろう。今じゃ、日本の自然に溶け込んでいるといっていいのだろう。

 北海道の見渡す限り果てしなく続く牧草地や畑を見れば、大自然が広がる北海道、だと思うが、かつてはそこも豊かな落葉広葉樹林に覆われていたのだという。
 今日の朝日新聞・夕刊の科学欄の「記者席」に、科学医療部の柏原さんという方が書いた「アイヌの暮らしは自然の一部」という記事があった。
 北海道ウタリ協会の秋辺得平さんという方が話したことについて書いている。次のようなものである。

 「大自然の北海道、っていいますけど、大ウソ。短い間に、これほど収奪された土地は他にありません」
 「アイヌは、腕に止まった蚊を叩きません。払うだけです。植物にとってかけがえのない花は手折らず、飾る習慣がありません。シャケは、川に戻って産卵を終えたものを食べる。森が一番元気な夏には山に入らない。それがマナーなんです」
 「育てた熊は、3歳までに殺してみんなで食べます。いわゆる、イヨマンテです。わが子も同然だったんですから、それは悲しい。でも、熊はアイヌの貴重な食糧。食べて、神の国に送らないと、自然との関係がおかしくなってしまうのです」

 柏原さんは、こう書いている。
<自然との共生という言葉は、アイヌの暮らしぶりをいうには、まだ人間側に寄りすぎていると思う。「自然の中で自然の一部として生きる」。そんな表現はどうだろう。
 「天然」の対立語が「人工」ではない世界観から、現代が学べることは少なくないはずだ。しかし、アイヌ語を母語とし、アイヌ語で物を考える人は、もはや「皆無」。「結婚はアイヌ同志にこだわらない」のもこの文化の特徴なのだという。>

 「自然との共生」とよく言うが、アイヌの生活は自然の中で自然に生きていたのではないだろうか。人工とか人工的という概念もなかったのかもしれない。自然を征服するという考え方もなかったんだと思う。アイヌそのものが自然の一部だったのだろうね。

<後記>米国のイエローストーン公園で、たしかカナダから狼を導入して、自然のバランスをとるようになった、という話しを聞いたことがあります。
 北海道でもエゾシカが増えすぎて農作物や林業に多大の被害が出て、米国から狼を導入しようという計画が持ち上がっているらしい。現段階では、一つの夢の段階であるようですが、昔は、北海道にも狼がいて、ヒグマももっといて、エゾシカが増えすぎて困るなんていうことはなかったのでしょう。
 一度壊した自然を元に戻すのは、とても難しいものがあります。ましてや、自然のなかで自然に、自然そのものとして生きることは、とてつもなく難しいことだし、自然に生きる知識も技術も知恵もない今の人にはまず不可能でしょう。
 とはいっても、自然を全く知らずに、自然と全く離れて生活することは、どこか人間をおかしくしてしまうような気がするのです。少子化が問題になっていますが、日本ももっと人口が少なくなって、自然のなかで生きられるようになるといい、と思うのですが、無理だろうな~。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年06月21日 00:12
人口が多いのが問題なのか、国土が狭いのが問題なのか・・・?東京しか知らない私なので、なんともわからないのですが、必要以上に自然を壊しているような気がします。原っぱ、空き地、こういう言葉が死語になってる環境にいますのでねえ。どこも土地は誰かの所有地。そして売られて高層マンションが建築される、そういう地域に住んでいるので、なんだかな~~。
捕鯨を規制して、鯨を保護するあまり人間の食べる魚が鯨に大量に食べられてしまうという話。狼の件に似ていますね。マグロも乱獲をやめようって話だし、鰯が高級魚になるかもしれないって・・・。自然に生きるのって難しいんですね。生態系を正常化するのは、どこをどうするかが非常に難しそうですね。
あーまとまりませんでした(^_^;)いつもながら。
(チビりんちゃん滞在記?楽しく読ませていただきました。ユキジイさま^^)
2006年06月21日 18:45
日本の総人口が減っていくそうですが、経済規模や交通戦争の激しさは今しばらく増大傾向が止まらないんでしょうね。北欧のような福祉大国を目指すのか、少ない人数の中で競争し合う「格差社会」を目指すのか、その間にはどのような選択肢があるのか、団塊世代の巨大なパワーが大きな影響力を持つように思います。能力と働きぶりに応じて生活充実度に差異が生じるのは励みになるとしても、他人をけ落としてでも自分が上に立てばいいんだ、との風潮になると、人生後期を過ごす国土として認めたくない気持ちになります。
遊哉
2006年06月21日 20:33
☆ yu_mamaさん、人口が多すぎて、国土が狭すぎるのも両方問題でしょうね(~_~)。食糧の自給率も低いとなれば、人口が少なくなるのはいいと思うんですけどね。そうも言っちゃあいられないところもあって、難しいところです。
 今50歳以上くらいの人が死に絶えたころに、自然と親しみながら余裕のある豊かな生活ができるようになっているといいと思うのですが、はたしてどうなりますか。
 マグロなんか食べなくてもいいと思うのですが、日本人は贅沢すぎると思います。そのうち、生活習慣病でバタバタと日本人は死んでいくんじゃないか、と思います。地球も人間なんか死に絶えた方がいいんじゃないかという気にもなります。アハハッ、どうも今日は厭世的な考えばかり出てきますなあ。
 ユキジイとしては、チビりんたちが大きくなったときが心配ですねえ……
遊哉
2006年06月21日 20:43
☆ Ganbare Dankaiさん、交通事故死者は7千人を割りましたが、自殺者が3万人を超える年が続いていますねえ。このほうがよっぽど問題だと思います。経済大国でも福祉大国でもいいですが、心の貧しい人間ばかりになったら、意味ないと思いますね。金や物も大事ですが、それより大切なものがあることを忘れちゃおしまいでしょうね。そんな日本になるようなら、日本なんぞ滅びた方がいいかもしれません。と言っちゃあ、おしまいか(~_~)。
 自然から離れすぎると、謙虚さを忘れて金と物さえあればいいという人間ができるような気がします。
2006年06月21日 22:03
私 無責任ですから 少し 人口減ったほうが のんびり ゆったり 良いと思うんですがねー
遊哉
2006年06月22日 00:05
☆ seiziさん、人口がぐっと減ったときには、我々はもう生きちゃいないでしょうが、のんびりゆったりした時代になってることを、望んでいます。はたして、どうなるでしょうねえ。
2006年06月22日 06:59
都会地に住んでいる人は人口が減ったほうがいいと言いますが、田舎では今以上に人口が減ると、社会システムが正常に機能しない所が出てくるんじゃないでしょうか。
深刻な人口減少問題が各地にあります。
人口が多いのではなく、アンバランスが問題なんでしょうね。
地方の中都市辺りが丁度いい生活環境かと思います。自然にも触れられるし、そこそこの便利さも享受できますから。
高い山から眺めると、日本にはまだまだ自然があるなぁ、と安心します。
今以上の自然破壊は、ノーサンキューです。
遊哉
2006年06月22日 19:51
☆ 山いろいろ さん、そうですね。アンバランスが問題ですね。団塊世代も定年になったら、過疎地にでも行くといいのですが、年寄りばっかり増えてもねえ。
 東京でも都心は一時夜間人口が極端に少なくなりましたが、最近は少し増えてきたようです。高層マンションに若い人や引退した人が住み始めたようです。介護などを考慮すると、やはり都会の方が良いんですよね。そのあたりも問題です。
 地方の中都市あたりで、自然環境もいいところが住みやすいでしょうね。
 日本の自然は四季もあるし温暖で、素晴らしいものがあると思います。大切にしたいですね。子孫のためにもです。
2006年06月24日 07:45
こんにちは♪(オープンエンドのコメントが書けて、やっと他の記事が頭に入るようになりました・笑)
以前、俳優の関口知宏さんが日本中を鉄道で旅する番組をやっていたのですが、そのとき北海道のアイヌの文化にも触れられていました。関口さんは、アイヌの人々が「自然災害をも、自然の一部として受け入れる」とおっしゃっていたことが印象的だったとか。彼の絵日記に「子どもが反抗期を経て大人へと成長してゆくのが自然の営みであるように、人間は自然に反抗したのかも知れない。人間が自然に反抗することさえ、自然の営みなのかもしれない」と書いてあって、深いなぁ~~(汗)と思いました(^^;)。
あえて自然と人間を区切らないことそのものが、自然の一部であるということなのかもしれませんね。
遊哉
2006年06月24日 12:14
☆ aopuさん、オープンエンドでは、だいぶ考えさせてしまったようですね。でも、考えるのが好きなaopuさんには、面白い題材だったでしょ(笑)。自分自身のオープンエンドをもっているってことは、幸せなことなんでしょうね。
 昔のアイヌの人たちの生活や生き方にとても興味があります。自然の一部として生きていたというよりも、自然そのものだったのかもしれません。自然災害を受け入れる、という感覚もなかったのかもしれませんね。
 どうしてかはわかりませんが、人が他の生物よりも上の存在と思ってしまったのが、すべての間違いの元だったように思います^_^;。自然を征服しようという考えはおかしいと思いますが、そうせざるをえなかった、というところもあるんでしょうね。自然は自然のままなら(放っておけば)自然にバランスがとれるんでしょうが、人が一度介入すると介入し続けなければいけなくなってしまうんでしょう。どういうふうに介入するかを、よくよく考えなければならないでしょうね。

この記事へのトラックバック

  • ニートの意味

    Excerpt:  中沢新一氏(思想家・人類学者)の面白い意見が新聞に載っていた。朝日新聞・日曜版(11/19)の記事広告だが、“仕事力「仕事と暮らしが日本人の芸術だ”という連載の2回目で、「ニートは日本人本来の姿かも.. Weblog: 団塊バカ親父の散歩話 racked: 2006-11-21 01:05