一石二鳥の人工海底山脈

画像 昨夜は9時から、テレビ東京の木曜洋画劇場で「ウォーターワールド」を観た。公開時に観られなかったので、これは見逃せなかったのである。
 ケビン・コスナー主演で、懐かしい「イージー・ライダー」のデニス・ホッパーが悪役で出ている。SFアドベンチャーもので、地球が海水に覆われてしまった世界の話である。理屈なしで楽しめた。

 というわけでもないが、夕刊(朝日新聞)に海に関する面白い記事が載っていた。“人工海底山脈CO2を抑制 ― 魚の繁殖と「一石二鳥」― ”というタイトルである。
 次のような仕組みで、CO2を抑制できるのである。

・ 海底に人工海底山脈を築く
    ↓
・ 人工海底山脈にぶつかった海流が上昇する時に、海底の栄養分を押し上げる
    ↓
・ 栄養が少なかった海面近くで植物プランクトンが繁殖する
    ↓
・ 植物プランクトンが光合成により、大気中のCO2を取り込む
    ↓
・ 取り込まれたCO2は、植物プランクトンそれ自体とそれを食べた動物プランクトン、魚などの糞や死骸となって海底に沈着する

ということである。

 長崎県平戸市の生月(いきつき)島沖合いは海底が平らで魚が棲みにくかったという。
 そこで00年に魚の繁殖を助けるため、島の5km沖、水深100mの海底に、近くの火力発電所から出た廃棄物の石炭灰を再利用したブロックを使い、高さ12m、幅60m、長さ120mの人工海底山脈をつくった。
 その結果、海面近くで植物プランクトンが大発生し、それを食べる動物プランクトンや魚介類が集まるようになり、完成後3年で、周辺のアジやサバの漁獲量は6倍になったという。

 同時に、水産庁が、海面近くで増えた植物プランクトンの量から、表層に戻りにくい中深層に運ばれるCO2の固定量を計算した。
 その結果、生月島沖の人工海底山脈のCO2固定量は、1年で3500トン余りとなり、日本の代表的な落葉広葉樹のブナ・コナラ林なら186ヘクタール分、熱帯林でも173ヘクタール分に相当することがわかったという。これは、東京ドーム約40個分の広さに相当するらしい。
 プランクトンの死骸は、対馬海流によって水深800~1000mの日本海北部に運ばれ、数百年は表層に戻ることはない、ということである。

 人工海底山脈には、本来の目的外に想定していなかった「地球温暖化抑制効果」があったのである。
 水産庁計画課は、人工海底山脈は「維持費はかからず、半永久的に効果が期待できる。今後はCO2の固定がしやすい位置や水深を選んで整備したい」としている、ということであった。

<後記>今の日本では、落葉広葉樹の森林を増やすことがとても大事だと思いますが、それには年月がかかります。森林を増やすと同時に、この人工海底山脈というのは、魚の繁殖とCO2の固定という一石二鳥を狙えるので、なかなか面白い方法だと思います。
 以前から、廃船やコンクリートブロックなどを漁礁として海底に沈めていましたが、もっと大々的に海底山脈を人工的につくろうという発想がいいですね。
 環境破壊につながらないように、地域や水深、海底地形などの選択法や、沈めるブロックを何からつくるかとか製造単価などが課題になるなるかもしれませんが、一層の研究と実用化を推し進めてほしいと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

面白い
ナイス ナイス

この記事へのコメント

2006年06月30日 13:48
海底山脈を造る事によって漁獲量が上がり、更にCO2が抑制される。いい話ですねぇ。
森林から出る栄養分が川を経て海に入り、魚の成育に大きく寄与しているようですし、深層水の利用も進んでいるようだし、水の循環は凄い!
海の力、森の力、水の力、総じて自然は偉大ですね。
もっと凄いのは、母の愛かな?(母の愛は海よりも深し)(笑い)
2006年06月30日 15:43
こういう報告や計画は、いいですねえ。産廃利用で海底山脈を造り、魚が増える!植物プランクトンが光合成によりニ酸化炭素を取り込み・・・地球温暖化を抑制ですか。素晴らしいことですね。どこをとってもいいことばかり。陸の山がダメなら、海底でやってみな~っていう感じですね。私たちの孫の時代を危ぶんでいる私としては、こういう計画はどんどんやっていただきたいです。主婦としては、魚の値段が下がってくれるのが一番ありがたかったりして^^
2006年06月30日 17:10
私は、このウォーターワールドを昔、本で読みました。エラのある人間ってどんなんかなぁっと思っていました。でも最後にドライランドが見つかりますが、なぜドライランドが長い間、誰にも見付からずにいられたのか?飛行機まであるのに。なんて無粋な事考えてしまった私でした。
 こんなふうな話が本当にならないように、環境問題をいろいろ考えて頑張って研究している人たちがいるのですね。良い未来があると良いですよね。
遊哉
2006年06月30日 20:40
☆ 山いろいろ さん、山の森林、川、海の栄養分や透明度(きれいさ)などは、密接に関係しているようです。三陸の帆立貝の養殖場では、漁師が子どもたちと一緒に山の植林をしているそうです。漁師の意識も変わってきているようです。
 自然はみんなつながっているってことですね。山も川も海も守っていけば、人間も生き残っていけるってことでしょう。大切にしたいですね。もちろん、母の愛もです(^^♪。ついでに、父の愛も。
2006年06月30日 20:41
未来に 光さす話 個人的には 未来に 何も出来ない はがゆさ感じる 日々 
遊哉
2006年06月30日 20:50
☆ yu_mamaさん、なかなか面白い方法でしょ。自然のシステムは微妙なものだから、海流の流れを変えた場合の影響を見極めないと、環境破壊や汚染につながらないとも限らないので、慎重に実行する必要はあると思いますけどね。
 今は、イワシやサバの漁獲量が少なくなって、高級魚になりつつあるようです。長い目で見なきゃいけないところはありますが、こういう方法で近海の魚が増えるといいですね。二酸化炭素が減れば、一石二鳥でホント、いいと思います。
遊哉
2006年06月30日 20:59
☆ キョンさんは、本を読んだんですね。エラのある人間ってミュータントなんですよね。映画では耳の後ろがエラになっていました^_^;。娯楽アドベンチャー映画としては、息もつかせぬ展開で面白かったですよ。
 たしかに、ドライランドが長い間見つからなかったというのは、ちょっとおかしいよねえ。燃料が不足してるようだから、飛行機も遠くまでいけなかったのかもしれません^_^;。こういう本や映画は楽しんだ方が勝ちです(^^♪。
 環境問題は複雑で難しいけど、いろいろ研究している人たちがいるんですね。子どもや孫や子孫のために、きれいな自然を残していきたいよね。
遊哉
2006年06月30日 21:02
☆ いえいえ、seiziさん、未来のために大きなことはできなくても、身近な生活の中で小さなことで、できることはありますよ(~_~)。そういうのが集まれば、大きくなります。
2006年07月02日 23:42
こんばんはぁ~っ(^o^)/
実は、この人工海底山脈を考え出したのは私のパパさんなんですよぉ~っ☆"壮大な計画でしょ~??
20年前よりもっと前から、ずーっと研究とか実験とか重ねてきて、やっと国や県や世界に認められ始めたって感じなんです♪それでも、国とかってアクション起こすのが遅かったり、せっかく環境の為に良いことをしようとしているのに砕石業者の言うコトを効こうと聞いて、また自然を壊すような方向に持っていってみたり、変な行動をいっぱいするんですよねぇ・・・。
どうにか良い方向に良い方向に行けばよいんだけどな☆"
遊哉
2006年07月03日 00:38
☆ ミクママさん、いらっしゃい。
 すごいですねえ。お父さんが考え出されたんですか。人工的に海底山脈をつくろうというのですから、まさに壮大な計画です。よくこんなことを考え出されたと思いますよ。
 実は、バカ親父は大学で水産を学んだので(今は関係ないことをしてますが)、海のことに大変興味があります。この新聞記事を見て、思わず紹介してしまったというわけです。海底地形学なんていうのも習って、海底山脈のことも知っていましたが、まさかそれをつくるという発想をする方がいるとは思ってもいませんでした。
 海の中のことはまだわからないことがいろいろあるから、人工海底山脈の設置場所については、考えなければいけないことがいろいろありそうですが、よい方向にいってほしいですね。
 そちらのブログにも伺いますが、こちらにもお気軽にお立ち寄りください。
2006年07月05日 23:42
そうなんですねぇ!水産を勉強されていたから興味があったんですね(^o^)/
で、あのですね、7月17日の海の日に今度は人工海底山脈がテレビで紹介されることになりました!!日テレのトヨタエコスペシャル(16時~17時半)の中で出てくるらしいので、是非時間があったら見てくださいねっ♪
遊哉
2006年07月06日 00:46
☆ ミクママさん、日本は海に囲まれているのに、意外と関心が薄いのが残念です。
 7月17日は休みですね。忘れないように、是非とも見させてもらいます。手帳にメモしましたよ(~_~)。教えてくれて、ありがとう!

この記事へのトラックバック