団塊バカ親父の散歩話

アクセスカウンタ

zoom RSS 鼻デカ写真

<<   作成日時 : 2008/11/09 00:52   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 14

 なんだかねえ、忙しくないんだけど、忙しい(^^ゞ。
 ということで、まとまった記事がかけないので、いろいろ載せてみる。

 まずは、SORAの鼻デカ写真。昔こういうワンコの写真が流行ったことがある。広角レンズで近寄って撮ると、こんな感じ。もう少し鼻を大きくしたいんだけど、SORAが上手くこちらを向いてくれなかった。

画像

画像

画像


 公園で咲いていた花の写真。

画像

 春しか咲かないと思っていたアカツメクサ。秋も咲くんだー、と気がついた。

画像

 斜面があって、そこに咲いていたきれいな花。山萩だと思うのだが。

 現在テレビで連続ドラマとして放映されている東野圭吾の『流星の絆』を、一昨日読み終わった。
 もう少し重厚さみたいなものがほしいと思わないでもなかったが、でもとても面白かった。最後のどんでん返しは、ええっ、う〜ん、こう来たか〜〜! と驚かされたのだった。読み終わって振り返ると、巧妙に伏線が張ってあったことがわかった。
 なかなか緻密につくり上げられた物語である。
 あらすじは、簡単に言えば、両親を殺された兄弟と妹3人の復讐譚である。
 読み終わってからカミさんに「面白から、読んでみな」と貸したのだが、カミさんが3分の1ほど読んでから聞いてきた。「この結末は悲劇なの? ハッピーエンドなの?」と。
 この兄弟と妹の行く末が心配になったらしい。それで、「結末は○○だよ」と教えたけど、ここでは書かない。
 テレビを観ている方はそのまま観続ければ、観ていない方はこの本を読めば、最後にどうなるかわかる(^^ゞ。
 ということで、

<今日のお薦め本>
『流星の絆』 東野圭吾 著、講談社 刊、1785円、08.10.08.第十二刷発行
 文章が読みやすくて、とてもテンポよく読めます。会話が多いからかもしれませんが、そのへんがちょっと軽いと感じたところかもしれません。
 テレビは観ていないので、物語がどの辺りまで進んでいるのかわかりませんが、面白いんでしょうかねえ。

<後記>もう、昨日になってしまいましたが、夜テレビで映画「スウィングガールス」をやっていました。バカ親父は自分の部屋で、カミさんは居間で別々に観ていました。
 時々カミさんの笑い声が聞こえてきました。笑いあり、ちょっと涙ありの爽やかな青春もので、気持ちのいい映画でした。評判の良かった映画だけのことはある、と思いました。

 横浜は、昨日は午前中は曇り時々雨、午後から曇りになりましたが、肌寒かったです。今日は曇りの一日で、寒そうです。
 全国的にも、今日はぐずついた天気で肌寒そうです。風邪など引かないように、体調にお気をつけください。


流星の絆
講談社
東野 圭吾

ユーザレビュー:
過去最高傑作これまで ...
ドラマを期待してるな ...
悪くはないんだけど… ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
馬じゃ、ないよ!
               ?                ?                ?                ?                ?                {%ウマdeka%}                ?                ? ...続きを見る
団塊バカ親父の散歩話
2008/11/12 23:45

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
今、娘んちに来たの。今日は夕方からタカオ君の車に乗ってカラオケに行ったの。
久しぶりのカラオケだった。ところで最後のSORA、すっごく凛々しいねえ〜。まるで男の子に言う表現だけど、女の子だからこんなときはどう表現するんやろ。美人を通り越してるもん。
さて、「流星の絆」の書評、とっても楽しみだった。テレビは・・・ん?まあ、テレビが面白いって人も本とはかなり違う脚本っぽいから本も読んで欲しいな!
今夜はやや冷え込んでたよ、茶々の辺り・・・
さよちん
2008/11/09 01:35
東野さんの本は読みたいなとおもったけれど・・・
もう少しブームが終わってから
しかも安くなってから買って読もうと思った訳でして・・・私もテレビは見てません
小桜小梅
2008/11/09 08:30
☆ さよちん、また、夜更かししてる〜。人のことは言えないけど〜(^^ゞ。この記事書いて、布団に入って2時ころまで本を読んでました。
 今朝は8時に目を覚まして、SORAの散歩をして、今朝食を食べ終わったところ(~_~)。
 SORAは凛々しいですか。女の子の場合はなんて言うんだろうねえ(^^ゞ。鼻デカというか鼻長になっちゃった(~_~)。
 『流星の絆』はテレビでもやってるから、ごく簡単に紹介しました。テレビを観てる人は、ドラマが終わってから改めて本を読んだほうがいいような気がします。でも、最後のどんでん返しがわかっちゃってから読んでも、ツマラナイかなあ(^^ゞ。本が先の方がいいかなあ。難しい問題です(^。^)。
 夜も寒かったけど、朝も寒かったよ。しばらく寒いのが続くようだから、風邪引かないようにしてくださいね(^^♪。
遊哉
2008/11/09 10:21
☆ 小桜小梅さん、今本屋に行くと東野さんの本が平積みでたくさん並んでいます。バカ親父は流行作家や日本のミステリはあまり読まないんだけど、上にコメントくれたさよちんに薦められて読んでみました。面白かったです。
 古本屋に行くと、文庫本でも東野さんのがいろいろ出てます。それか、図書館で借りるのも一つの手だと思います(~_~)。
 テレビドラマの方は、ちょっとキャスティングに不満があって観てません(^^ゞ。
遊哉
2008/11/09 10:28
 私も昔、アクセルの鼻デカ写真にハマッていた時があります。抜け顔に見えてかわいいのよね。SORAちゃんのは、もうちょっと鼻でかくしなきゃなぁ。それじゃぁまだまだ凛々しいよ。^m^
 「流星の絆」テレビで見てます。親が殺されて可愛そうな子供たちの話だし復讐の話なので不幸で苦しくて重いはずなのに、なぜか軽くっておかしくって…毎回笑えて見ています。
 最初、なんでこんなふうに漫画みたいにしちゃってるのかしら?話が台無しじゃないの?って思ってたんですけれど、だんだん、このドラマが好きになってきました。だって、こんなにひどい仕打ちを受けていても、人は明るく幸せになれるんだ!悲しい人生になっちゃうだけじゃないんだ!って思えるから。 不幸なんて、もしかしたらマヤカシなのかもって思えたの。親を殺されても、軽く楽しく生きている3人兄弟がいても良いよなあって。・・・って大げさかな?
 私の想像では、これは復讐喜劇ですから ハッピーエンドでしょ?違うかな?
キョン
2008/11/09 11:07
おい カメラ目線の君! いい顔してるね!
seizi05
2008/11/09 11:15
☆ キョンさん、アクセルの鼻デカ写真にハマってましたか。流行りましたよね(~_~)。SORAがもう少し鼻を近づけてくれるといいんだけど、やってくれない(^^ゞ。いいのが撮れたら、またアップしますね。
 テレビの「流星の絆」を観てますか。毎回笑えてるんですか〜。復讐喜劇ですか〜(^^ゞ。ちょっと原作とは違うようです。原作はわりとシリアスですが、3人の子どもたちの絆が強くて、そのあたりが救われます。3人の絆が基本にありますが、その他の絆や新しい人と人との絆が生まれてきて、それが人生なんだろうなと思わされます。
 生きていれば悲しいことや辛いこともあるけど、幸せか不幸せかはまたちょっと価値観というか感じ方が違うのかもしれません。悲しいことや辛いことがあっても、不幸せとは限らないものねえ。どう生きていくか、何を大切に思って生きていくかが大事なんだと思います。
 カミさんがちょっと前に読み終わって、この本を返しに来ました。「よかったよ〜。絆が大切だねえ」と言ってました(^^♪。テレビの「流星の絆」、最後まで観てください。よかった〜、と思えると思います(~_~)。
遊哉
2008/11/09 12:10
☆ seiziさん、ちょっと間が抜けてるけど、いい顔でしょ(^^♪。ありがとさん(~_~)。
遊哉
2008/11/09 12:12
こんばんは。え?こういうワンコの写真が流行った…のですか?知りませんでした^^;私にはちょっと不思議な構図に思えますが〜でも確かに2枚目の額(眉間?)のシワとか愛くるしいですね^^
草花の写真、大好きです。キレイです♪
東野圭吾さん、スゴイ人気ですね。気になっていますがまだ読んでいません〜
sora
2008/11/09 18:19
☆ soraさん、はい、もっと鼻を手前に大きく強調した写真が流行ったことがあります。面白くてかわいい顔になります(~_~)。遠近を強調できる広角レンズなら撮れますよ。
 シワが愛くるしいですか(^^ゞ。SORAは意識を集中すると、このシワができます。
 草花の写真、いいですよね。ただ、名前が覚えられなくて困ってます(^^ゞ。
 東野圭吾さんは、本をあまり読まないうちのカミさんも気に入ったくらいだから、なかなか面白いです。一度何か読んでみてください(^^♪。
遊哉
2008/11/09 18:47
あっちゃあ〜〜
これもまた派手な…^_^;

東野圭吾さん、あちこちのブログで話題にしていますね。
でね、何で同じ映画を別々の部屋で見るかなあ…。
面白い映画でしたよね。「ジャズやっぺ」

Fチェスカ
2008/11/09 22:06
☆ Fチェスカさん、これ、派手ですか〜。なかなかセンスいいとおもうんだけど、両側がちょっとチカチカするかな(^^ゞ。
 東野圭吾さんの本はこれがはじめてだったんですが、なかなか面白かったです。他に2冊古本屋で手に入れたから読んでみようと思っています。
 「スウィングガールス」、面白い映画でした。ビッグバンドのスウィングジャズもいいですね。でね、なんで別々に観るかというと、別に喧嘩をしてるわけでもないし、特別な理由はないんです。うちの夫婦、ちょっと変(~_~)。バカ親父が引きこもりだからかもしれません(^^ゞ。
 
遊哉
2008/11/10 00:07
東野圭吾の本は娘がもっているようですが
まだ読んでいません
楽しみになってきました
みいママ
2008/11/10 20:39
☆ みいママさん、東野圭吾は今売れてます。根強いファンもいるようです。この本も、なかなか面白ですよ。
 お嬢さんが東野さんの本をもっているなら、是非読んでみてください(^^♪。
遊哉
2008/11/10 20:49

コメントする help

ニックネーム
本 文
鼻デカ写真 団塊バカ親父の散歩話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる