リタイア後に楽しみたい習い事は?




画像


 4日(土)の朝日新聞の「beランキング」欄に興味深いランキングが載っていた。
 ここでは毎週、朝日新聞の無料会員サービス「アスパラクラブ」のウェブサイトでアンケートを実施して、いろんなランキングを発表している。

 今回は、「老後に習い事を始めるなら、何をしたいですか?」という問いを、現役で働く男性に尋ねた結果である。
 今は社会の第一線で働いていても、「老後は好きなことを心ゆくまで楽しみたい」というリタイアの日を心待ちにしている男たちの望みが表れている。
 趣味と実益を兼ねた堅実な選択結果と言えそうなものである。

 トップ10を紹介してみる。回答や関連資料などの短い解説もあるので、いっしょに載せてみる。
 まず、トップ3から。

○ 第1位(213票)
 菜園……土作りから肥料の与え方、収穫のタイミングまで、実地で学べる。種苗生産会社や自治体、大学なども講座を開いている。貸し農園の増加も追い風

○ 第2位(183票)
 料理……「男子厨房(ちゅうぼう)に入らず」はもはや過去の話。ベターホームの料理教室では、惣菜作りや魚のおろし方を習うコースが特に人気だという

○ 第3位(175票)
 楽器……ヤマハの大人向け音楽教室ではこの10年で50代以上の男性が4.8倍に。サクソフォンが不動の一番人気で、ドラム、アコースティックギターと続く

 続いて4位から10位まで。

④ 外国語(174票)……「海外旅行に役立つ」(大阪、61歳)として、やはり英語を選ぶ人が多い
⑤ 登山・トレッキング(152票)……ブームだが、事故が怖い。装備や技術の基本を教室で学んでから
⑥ 写真(136票)……高性能カメラを使いこなすため、「一眼レフを基本から」(島根、66歳)
⑦ そば打ち(123票)……男の定番。そばパーティーを聞きたいという人が多い
⑧ 絵画・イラスト(102票)……「全国の自然豊かな風景を写生したい」(東京、56歳)という人も
⑨ 囲碁(97票)……「頭の体操になる」「仲間をつくりやすい」と効用を挙げる人多数
⑩ 盆栽・園芸(83票)……「自己流を是正したい」(神奈川、49歳)と改めて学びたい人も

 さて、どんな感じを受けるだろうか(^^ゞ。
 ちなみに、11位から20位は次のようになっている。

 ⑪釣り/⑫ゴルフ/⑬陶芸/⑭パソコン・プログラミング/⑮ピアノ/⑯うどんづくり/⑰書道/⑱筋力トレーニング・ボディービル/⑲テニス/⑳カラオケ・歌唱、乗馬、投資(3つの回答が同数)

 この記事のはじめに、こんなことが書かれている。

<日本人男性の平均寿命は79.59歳、日本人女性の86.44歳にはかなわないが、また過去最高を更新した。
 睡眠や食事などの生活時間を除いた自由時間を1日12時間として計算すると、60歳で退職した男性には約8万6千時間もの膨大な時間がある。これは、1日8時間、週5日、38年間働いた場合の約7万9千時間よりも長い。>

 へえぇ~~、そうなんだ。ちょっとビックリ(~_~)。
 上野千鶴子(東大大学院教授)さんは、リタイア男性の生活を考察した著書「男おひとりさま道」に、「人生とは、死ぬまでの壮大なヒマつぶし。どうせ同じヒマつぶしなら、豊かにつぶしたい」と書いているそうだ。
 そう思うと、リタイア後の膨大なヒマを豊かにつぶさなきゃ損だ、という気にさせられる(~_~)。

 女性の場合は、どんな習い事をしたいと思ってるんだろう? とフト考えた。どうなんだろうね?(^^ゞ
 それに、女性の場合は男の場合より約3万時間もヒマな時間が多くなる勘定になるから、ヒマをつぶすのは大変そうである。ご苦労様です(^^ゞ。
 とはいえ、団塊の世代以上の奥さんは専業主婦が多いから、夫のリタイアなどに関係なく、ずーっと以前からいろいろ学んで趣味をもち、後半生を活き活きと過ごす術を身につけていそうな気がしないでもない。

 男は出遅れてそれを身につけようとするから、大変そうである(^^ゞ。
 他人事のようだけど、世の中のリタイアを控えた、あるいはリタイアした男どもにエールを送りたい(^^♪。


<後記>根っからの怠惰なバカ親父などは、こうした習い事は苦手です。それにお金がないから月謝も払えない。体力も気力もないし……(^^ゞ。
 それに、もし何かやるとしても、ブキッシュ(bookish)な人間だから、まずそれを解説した本を読むことから始めるでしょうね。
 でも、本を読んでやった気になって、それ以上進まないかもしれないし、進んだとしても、自己満足で独善的な結果しか産まないオソレが高い(^^ゞ。

 上の結果の1位と2位が面白い。菜園と料理。奥さんに先立たれても、食生活は自立して困らないようにしておこうという意図があるかもしれません(~_~)。
 あと感じたことは、たとえば登山・トレッキングのように自然を相手にするものとか、ボディービルとか乗馬など大掛かりな機械とか場所を必要とするものなどは、しっかり基礎を習ったほうがいいような気がします。
 それに反して、料理などはやりたければ毎日自分でやればいいし、わからなければ奥さんに聞けばいいでしょうね。絵画・イラストなども、それほど大掛かりな道具はいらないから自分でどんどん描けばいいような気がします。アート的なものは下手でも、それが個性になって却っていいかもしれません。ヘタウマな面白いものを描ければいいんじゃないでしょうか。

 まあそれでも、やりたいことがあって、学ぶ気があって、体力や気力が残っていれば、ちゃんと基礎を学んだほうがいいでしょうね。あとは、自己研鑽が結果を出してくれるんじゃないでしょうか。
 みんなで学べば怖くないし、仲間との交流がボケ防止にもいいかもしれません。
 男女を問わずみなさん頑張って、知識や技術を身につけて、これからの後半生を楽しんでいってほしいものです(^^♪。

画像

          「蛇行する光の川」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年09月07日 20:58
こんばんは。
会社で私の前に座ってらっしゃる部長・・もうすぐ70歳になられますが、奥様と顔を突き合わせていては喧嘩ばかりになりそうだと、ずっとリタイアを迷ってみえました。が、流石70歳という節目で何があるか?と探されたようで、最近論語の講座に行くのも選択肢に入ったようです。大きな声で唱和するのだそうですが、面白そうですよね。(笑い)
菜園などは都会の方の選択肢には無いと思ったので、1位というのは意外でした。
ちなみに、夫の場合は・・あれだけ嫌いだった農業のようです。
私?私はしたいことだらけです。
読書・パッチワーク・映画も観たいし、書道も華道も茶道も弓道もしたいし、着付けも・・(^_-)
以前かじったものばかりですが、現実にはどれもどんどんと遠ざかって行く様な気もして、友達を増やすほうが先かな?とか、リタイア後の住まいを決める方が先かも・・と思ったりします。
2010年09月07日 21:58
今晩は、菜園は家の相方もやりたがってます。
世話をして、実がなるのがいいのかも。私は男の料理教室を推薦したんですがね。今日TVで、おじいさんの育児教室をやってました。子供の時は猛烈社員で、かまってやれなかったんで、孫を面倒見るんだとか。
いいアイデアかもです。資格を取って、保育所で働き始めた方も、頼りにされるのはバァバばかりで無くなって、バァバの時間はますます増えるのでした~
遊哉
2010年09月07日 22:50
☆ つれづれ さん、こんばんは♪
 団塊の世代でも定年が延長されてきて、65歳まで働く人が増えてきていますが、70歳で働いている会社があるというのは……良いのか悪いのかよくわかりません(^^ゞ。まあ、働けるうちは働くのが一番いいのかもしれません。
 バカ親父は怠惰な人間なので還暦を機に辞めちゃいましたが、わずかばかりの年金で四苦八苦してます(~_~)。
 論語の講座ですか。面白そうだし、仲間ができるというのがいいんでしょうね。ただ、奥さんと顔を突き合せていると喧嘩ばかりになりそう、というのがちょっと寂しい感じがします(^^ゞ。
 都会では、郊外に貸し農園を借りて野菜などをつくる人が増えています。何かをつくり出すという面白さに目覚めた人が多いようです。
 ご主人も、若いころは嫌いだったかもしれませんが、農業に目覚めてきたんでしょうね(~_~)。
 すごいですね。やりたいことがたくさんあるんですね。とてもいいことだと思います。いろんなことをやりながら、これから本当にやりたいこと、できることを見つけていってください。
 ご主人は実家のほうに住みたがってらっしゃるんでしたっけ。お義母さんもおられるし、いろいろ考慮することがあるでしょうが、お二人でじっくり決めていってください。
 いずれにしろ、学ぶことはすばらしいし、遅すぎるということはないと思います。頑張ってください(^^♪。
遊哉
2010年09月07日 23:06
☆ paarubiさん、こんばんは♪
 相方さんも菜園をやりたがってるんですね。メタボにも効果があっていいかもしれません(~_~)。
 いろいろ考えながら世話をして大きくなったり実がなったら、喜びは大きいと思います。それを食べるのは健康にもいいでしょうね。料理は是非、paarubiさんが教えてあげてください。世話が焼けて大変かもしれませんが(^^ゞ。料理教室などより、実地に覚えていったほうがいいような気がします。
 おじいさんの育児教室もちゃんとした知識や技術を持てていいんですが、あくまでも補助に徹したほうがいいと思います。育児はやはり親がやるものでしょうね。あまりジジ・ババが手や口を出してしゃしゃり出るのは、摩擦の元になると思います(^^ゞ。
 これからは、バァバの時間はますます増えるでしょうね。ジィジも負けないように頑張らないと、置いてけぼりを食らいそうです(^^♪。
2010年09月07日 23:59
リタイアしてから、さあやろうとしても、なかなかむつかしいのでは。現役時代から少しずつ趣味を見つけておいた方がいいような気がします。
遊哉さんは何かを始めるにあたって、まず解説書をお読みになるタイプなんですね。私と正反対です(^^ゞ
でも、結局はそのほうが近道なんだと思います。私はまずいじってみて、ややこしくしてからやっと本を取り出し・・・さらにドツボにハマるタイプだから(自爆)
2010年09月08日 07:22
ねこのひげは、いまでも、園芸はやってるし・・・料理はやってるし・・・
ツリーハウスで、読書三昧かな?
登山やスポーツは、遭難や事故で人に迷惑かけそうですしね。(^^ゞ
遊哉
2010年09月08日 09:25
☆ キーブーさん、何かを学ぶには何歳からでもいいと思いますが、できれば現役時代からやりたいことを見つけて学んでいったほうがいいでしょうね。
 とはいえ、バリバリ働いていると、仕事が趣味みたいになってることもあるから、難しいということもあるかもしれません。バカ親父など、やりたいことが多すぎて、未だに絞り込めません(^^ゞ。
 キーブーさんはマニュアルを読むのがたしか苦手でしたね(~_~)。バカ親父も電化製品などのマニュアルは苦手ですが、何かの解説書を読むのは好きです。ただ、読んで安心して、やった気になって、先に進まないということが多々ありますが(~_~)。
 同じ読書好きでも、違うようですね。理科系と文科系の違いかもしれません(^^ゞ。理論から入って、頭の中を整理しないと先に進めない、というところがあります(~_~)。
 まず行動から始めて、試行錯誤しながら進むというのは、時間はかかりそうだけど身につきそうな気がします。どちらが良いかは、一概には言えないでしょうね(~_~)。
 時と場合によるんでしょうが、ドツボにはハマりたくないなあ(^^ゞ。
遊哉
2010年09月08日 09:39
☆ ねこのひげ さん、園芸も料理もやってるんですね。すばらしいです。世の男どもの鏡かもしれません(~_~)。
 料理などは普段からやっていくのが一番良いでしょうね。頭も手も使うから、ボケ防止にもなるようです。
 ツリーハウスで読書三昧はいいですね。バカ親父も将来の夢の一つです(^^♪。
 スポーツで体を動かすことは必要だと思いますが、自分の体力をしっかり把握しておかないといけないでしょうね。年寄りは若いときのことが忘れられなくて、現状を把握しそこなうと怖いです(^^ゞ。
 登山もいいと思いますが、自然は侮ると必ずしっぺ返しを受けるから、いろいろ勉強してからやったほうが良いでしょうね。
 自分の遊びで、人様に迷惑を掛けちゃいけませんよね(~_~)。
トド
2010年09月08日 10:05
老後の事は老後に考えようと思っていたら、老後になってしまって行き当たりばったりしてるが、多趣味の老後を考えていた方が若き頃から色々していたのに、寂しい寂しいと言っていたのが、忘れられません。
遊哉
2010年09月08日 12:00
☆ トドさん、男でも女でも長い間仕事をしてリタイアすると、人生の一つの大きな区切りになります。専業主婦にとっても、それは一つの区切りではあるでしょうが、またちょっと違うかもしれません。
 リタイア後は老後、という考え方はどうもいただけないような気がします。仕事はリタイアしたけど、人生は死ぬまで現役、と思ったほうがいいような気がします。
 それはさておき、“行き当たりばったり”もそれはそれで良いような気がしますが、やりたいことを絞り込んで、それに必要な学びをしていったほうがいいと思います。バカ親父も同じくなんですけどね(^^ゞ。
 多趣味の老後を考えていろいろしていたのに、寂しい寂しいと言っていた方がいるんですね。よくわからないところもありますが、趣味が時間つぶし(?)だけのものになっていると、寂しさを感じるのかもしれません。ご主人が構ってくれなかったからかもしれません。人は人、我は我という気持ちで、自分自身の生きがいに繋がるような趣味を見つけていく必要があるんでしょうね。夫婦といっても他人です(~_~)。なかなか難しいことではありますが……(^^ゞ。
2010年09月08日 20:21
現役時代からというのに賛成です。
あとで楽しもうなんて企てても無理。
時間をかけて続けた方がいいものになると思います。
思い立ったら、すぐ始めましょう。
その時になって始めたら面白くなかったなんてことになると、あとは何をしたらいいかわからなくなっちゃうぞ(*_*)
2010年09月08日 22:13
公民館で英会話サークルに入っていますが、みなさんリタイヤ組みです。男性も2人いますが、1人の方は料理も習っているそうです。公民館などのサークルは値段も安いし、いろんな物があるので探してみるのも良いかもしれません。
遊哉
2010年09月09日 00:16
☆ moumou.h53さん、すでにリタイアして目標もないバカ親父としては、“無理”と言われるとちょっと反発したくなりますが、まあそのとおりでしょうね(~_~)。
 かならずしも無理だとは思いませんが、現役時代から自分のやりたいことを見極めて、やり始めて続けたほうがいいことは確かだと思います。
 リタイア後に何か始めても面白くなかったら、また別のことを始めればいいと思います(^^ゞ。限りある人生、やることが常にうまく成就するとはかぎりません。やること、やり続けることが大事だと思ってます(^^♪。
遊哉
2010年09月09日 00:23
☆ かるきち さん、なるほど、公民館で英会話をされてるんですね。バカ親父も英語は好きだったので、もう一度やり直したいという気持ちだけはあります(^^ゞ。
 うちの方では小さな町内会館というのはありますが、公民館のようなものがないんです。でも区などでやっているそういうサークルがあるかもしれませんね。
 どうもそういう多勢でなにかをするというのが苦手なんですが、ちょっと当たってみます。いいのがあったら、行くかもしれません(^^♪。ありがとう(^^ゞ。
2010年09月09日 11:14
 うちの主人は、家庭菜園と野球審判を続けると思います。お仲間に80才の方がいらっしゃるようで・・・お元気な彼を目標にしたいようです。
 私は・・・ずっと次男の世話&送迎だなあ。我が家は、あまり変わらない生活がずっと続きそうな気がします。でも、ずっと続くと良いなぁって思っています。
遊哉
2010年09月09日 19:42
☆ キョンさん、なるほど、家庭菜園と野球審判は年とってからもできますね。80歳でやってるという方がいて、ご主人のいい目標になってよかったですね(~_~)。
 翔ちゃんの世話と送迎はこれからも続きそうですね。続くといいですね(^^♪。
 でもそれだけでなくて、キョンさんは洋裁もできるし、絵も描けるんだから、それも続けていってください(~_~)。
2010年09月13日 19:15
こんばんは。
 囲碁を覚えてから40年、テニスを始めてから30年が経過しました。さすがに心臓を痛めてから過度の緊張を強いられる公式戦からは引退しました。
 過去を振り返ると、遊びの試合を含めて1000試合以上は戦っていますが、自分が納得出来る試合はほんの数えるほどしかありません。これから先、碁もテニスも遊びの試合でそこそこ勝てるうちはやめないような気がします。負け続けるようになったらさすがに新しい趣味に挑戦するつもりですが、その頃はしっかりボケ老人ですね。^^
遊哉
2010年09月13日 20:07
☆ あどさん、こんばんは。
 囲碁もテニスも、病気をしてからも続けてることに感服してます。両方とも勝負の世界だから、勝つことに意味があるんでしょうが、楽しみだけでやってもいいような気もします(^^ゞ。
 バカ親父は、勝ち負けというのは性に合わないから、ゲームというのは苦手です。一人でやれるものがいいと思ってます(^^ゞ。
 囲碁もテニスも、これからは遊びでいいんじゃないでしょうか。頭も体も使っていけていいと思います。
 別の新しい趣味に挑戦するのもいいでしょうね。ボケる前に(~_~)。

この記事へのトラックバック