団塊バカ親父の散歩話

アクセスカウンタ

zoom RSS HUG!

<<   作成日時 : 2014/02/14 21:55   >>

ナイス ブログ気持玉 42 / トラックバック 0 / コメント 4




画像

            〔玄関前の夜の雪の様子〕

 毎月買っている『BE−PAL』という月刊誌がある。アウトドアに関する遊びの情報が載っている雑誌である。
 10日発売なので、その日に本屋に買いに行った。

 特集は「カメラを持って地球を遊ぶ ― 自然を激写するカメラ」というものである。
 雑誌売り場に行って平台にあるのを見ると、表紙は白クマが座っている写真だ。
 でもなんか違和感がある。
 よく見ると、座った白クマが何かを抱えている。

 最初は子どもでも抱えているのかと思ったが……そこにいるのはエスキモー犬のような犬である。
 エエーッ!
 白クマがこれから犬を食べようとしているところか?!
 とビックリしたのだが、白クマも犬も目を細めてとても穏やかな顔をしている。
 でも、「この後、2頭はどうなる?」なんていう、コメントが書かれている。

 表紙は次ようなものだ。

BE-PAL (ビーパル) 2014年 03月号 [雑誌]
小学館
2014-02-10

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by BE-PAL (ビーパル) 2014年 03月号 [雑誌] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


 とりあえず手に入れて、家に帰ってから、この表紙の解説文を読んでみた。
 「凍てつく氷の世界を溶かすような、温かいHUG!」というタイトルで、丹葉暁弥(たんば あきや・自然写真作家)さんの話が載っている。
 次のようなものだ。

<「毎年、シロクマが集まるカナダ北部の街、チャーチルに通い、撮影しています。そこに、カナディアン・エスキモー・ドッグという、絶滅しかけの犬種がいて、この犬を100頭ほどブリーディングしているフィールドに、4、5年通い続けているオスのシロクマがいたんです。半年にわたる絶食の末期で、お腹がペコペコのはずなのに、犬を食べようとせずニコニコと遊びたがる。犬を大切に扱っているのが伝わる、不思議な光景でした。犬も、他のシロクマには吼えて威嚇するのに、迷惑そうではあるんですが、このシロクマには吼えることもなく、攻撃もしない。もう、ここ数年は姿を現わしませんが、どうしてるのかな」>

 丹葉さんはシロクマが好きになり、かつ魅せられて15年も撮り続けているというが、奇跡のような光景を撮ってしまったということである。

 テレビのドキュメンタリーでも観たことがあるが、ここハドソン湾のチャーチルには、毎年10月下旬を過ぎたころにシロクマが数百頭集まる。
 チャーチルは北極海につながるハドソン湾がいち早く凍り始めるところで、シロクマたちは凍った海の上をアザラシを猟りに北極に向けて旅立っていくのだ。 
 シロクマたちの旅は、氷がとけ始める6月には終わりを告げ、流れる流氷に乗って再びチャーチルに帰ってくる。
 そしてその後は、シロクマは約半年間もほぼ絶食状態で過ごすのである。
 10月下旬にシロクマがチャーチルに集まった時は、母熊が連れている子熊をオス熊が襲うこともあるということだった。

 だから、犬が襲われて食べられてしまっても、何の不思議もないのだ。
 それなのに、このオスのシロクマはこともあろうに犬たちと遊び始めたというのである。
 最初は犬も恐れてうなったり、尻尾を丸めていたそうだが、しだいに打ち解けてワイワイ遊び出したという。
 子熊を亡くした母熊だったら、あるいはありうることなのかもしれないが、現地の人でも見たことがない珍しいケースだったという。
 専門家にこの写真を見せても、絶食期にシロクマと犬が遊ぶなんてと信じてもらえなかったそうである。

 ところで昨日(13日)、カミさんとデパートに行った時に本屋に寄ったら、丹葉さんのこのシロクマを撮ったフォトブック『HUG! friends』という次のような本を見つけた。

HUG!friends: セラピーフォトブック (小学館SJムック)
小学館
2013-11-11
丹葉 暁弥

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by HUG!friends: セラピーフォトブック (小学館SJムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



 丹葉さんの写真に、“ひすいこたろう”という作家が物語風に文章を書き添えていて写真絵本のようになっている。
 ひすい さんが「奇跡が起きるとき」と題するあとがきを書いているのだが、その最後の方を紹介しておく。


<今回のシロクマと犬の交流は丹葉暁弥さんの愛あってこそ、出逢えた光景だと僕は確信しています。

 観察者の視線(EYE)に「愛」があるとき、人生に奇跡は起きるのです。

 心の状態を映画の「フィルム」とするなら、そのフィルムが映し出されたものが、あなたの目の前に現れる「現実」です。

 愛は愛と出会う。
 ハートの内側に愛があるとき、現実という外側でも愛と出会えるのです。

 まずは、どんな小さなことでもいいから、あなたの「好き」という気持ちを大切にしてあげることが出発点です。

 出発点に「好き」という「LOVE」があれば、途中、どんなに暗闇(クロ)の中に紛れ込んだように感じても、どこかで、パタパタパタと人生全部はLOVE(シロ)になる。
 そう、オセロゲームのように。

 だから「好き」という気持ちを大切に育ててください。
 丹葉さんの人生のように、そこから物語が始まるから。

     大丈夫。  奇跡は必ず起きるよ。


<今日のお薦め本>
『HUG! friends』 撮影:丹葉暁弥、物語:ひすいこたろう、小学館 刊、1050円、14.01.21. 第1版第3刷発行 

<後記>この本を見ると、犬たちはソリ犬のように(わりと長めですが)鎖で繋がれているようです。
 逃げようと思っても逃げられる範囲は限られているので、シロクマが食べようと思えばたやすく食べられるわけです。
 このオスのシロクマが特別なんでしょうが、まさに奇跡ともいえるような不思議で面白い話と写真です。
 バカ親父と同じように、愛に飢えていたシロクマだったんでしょうかねえ(^^ゞ。

 昨日は雲の多い一日でした。夕方の散歩の時も、今日(14日)の雪を予感させるような雲がありました。

画像

画像

画像

画像

 今日は朝方から湿った雪が降り始めました。でも道路に降った雪は、すぐにとけていました。

画像

 これは午前10時20分ころの庭の様子です。
 バカ親父は眼科が空いているだろうと思って、徒歩で検診に行きました。
 空いていて、15分くらいで終わって、スーパーの本屋に寄ってから帰ってきました。
 途中の桜並木ではだいぶ積もり始めています。

画像

 家に帰ってテレビを観ていました。

画像

 これは午後1時半ころ。しだいに乾いた雪が降ってきます。

画像

 これは午後3時半ころ。
 4時20分ころに散歩に出ると、昼ごろはまったく積もっていなかった道路にもだいぶ積もってぐしゃぐしゃでした。
 SORAは有頂天で走り回りましたが、その様子はカメラの調子が悪くて撮れませんでした(*_*;。

画像

 そして夜になって7時ころに外の様子を見ようと玄関に行くと、ドアが少し開いています。
 カミさんが外に出たようです。

画像

 門扉まで雪かきしてあります。
 明日(16日)は、カミさんは昼ごろに仕事があるので、道路の雪かきを少しでもやっておこうと思ったらしい。
 道路に出てみると、カミさんが坂の下まで細い通り道をつくっていた。

画像

 まだ雪は降り続いているので、中途半端にやってもしようがないよ、と言うと、「そうだけど、雪かきって面白いんだよね」と言った(^^ゞ。
 ちょっと前に見てきたら、サラサラした雪が降り続いていた。この前より積もるかもしれません。

 うちの方は、明日は南岸沿いに発達しつつある低気圧が通るようなので、雨になるようですが、強風で荒れるようです。
 カミさんの仕事は東京での七五三の後撮りのようなので、キャンセルになるかもしれません。そうならないとしても、ひょっとしたら電車が止まって東京まで行けないかもしれません。
 まあ、昼までに着けばいいらしいので、何とかなりそうですけどね(^^ゞ。
 どちらにしても、大雨の強風になるようだから、気をつけてほしいです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 42
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
これは、本屋で立ち読みしまして、気に入ったので買いました。
びっくりです。

現在、千葉は大荒れです。強風が吹いて雨が土砂降りです。
東京では雪で大変なようです。
そちらはもっと積もってますね。
出かけるのは中止にしたほうがいいかも・・・('_')
ねこのひげ
2014/02/14 23:38
☆ ねこのひげ さん、この雑誌? 本? 手に入れましたか(^^ゞ。ビックリですね。
 6か月も絶食したシロクマが犬を食べちゃわないというのが、ちょっと信じられません。
 千葉は強風ですか。こちらも風は吹いていますが、それよりも雪が凄いです。大雪警報が出たそうです。この前の倍くらい降り積もりそうです。
 朝までは雪で、それ以後雨になるでしょうが、強風も吹くというので心配です。気温は高くなるようですけどね。
 出かけるのは、たぶん中止になると思います(^^ゞ。
遊哉
2014/02/15 00:22
本当に微笑ましい、愛に溢れた写真ですね!犬だってまんざらでもない表情してます。僕なんかちょっと腹減っただけで気が立ってくるのに、このしろくまさんはエラいなぁ。よほど愛あるしろくまなんでしょうね。
ごろー
2014/02/15 12:25
☆ ごろーさん、異なる種の穏やかな交わりというのがいいです(^^ゞ。
 シロクマも犬も目を細めて和やかないい顔をしてますね。
 テレビで観たときは、お腹の空いたシロクマが雪を掘って昆布のようなものを食べて、お腹を満たしていました。栄養にはならないんですけどね。
 お腹が空くとイライラしますが、このシロクマはそれよりも遊びたかったんでしょう(^^ゞ。
遊哉
2014/02/15 16:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
HUG! 団塊バカ親父の散歩話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる