高齢者の運転における課題

 「老いとともに」という特集が、朝日新聞で昨年12月から今年の3月まで月一回(毎月第一水曜日)組まれている。
 その1月(4日に掲載)のテーマが「車の運転」ということで、タイトルは「運転卒業 いずれは自分も」とつけられていた。
 とても参考になるので、覚書としてまとめてみた。

 まえがきには、こうある。

<高齢者の運転による自動車事故が社会的な問題になっている。車庫入れの失敗やウィンカーの出し忘れは運転能力の衰えのサインとされる。能力に応じた運転を心がけるとともに、将来、運転をやめたときに備えた準備も必要だ。>

 うん、なるほどである。
 とはいえ、歳とともに運転能力は衰えるのは仕方がないが、車がないと生活に困るという人もいるだろう。
 自分が運転を卒業する日が来るとはなかなか想像できないのが、年寄りの運転者の実感なのかもしれない。

 警察庁によると、65歳以上の運転による事故件数は増えてはいないが、事故に占める割合は2005年の11%から15年は20%に増えている。また違反別に見ると(警視庁、14年)、31%は安全不確認、18%は交差点の安全進行にかかわる違反だったという。

 認知症との関連が問題になっているが、その対策にはどんなものがあるのだろうか?
 この3月から、改正道路交通法が施行される。これは、認知症の疑いがあると判定された75歳以上の運転者に対しては、交通違反がなくても医師の診断を義務づけるというものである。
 認知症と診断されれば、免許停止や取り消しになるということである。
 ただし、認知症と運転能力との関連はわかっていないことが多いらしい。
 重度や中等度の認知症なら運転すべきではないとの共通認識が国際的にできつつあるが、軽度については評価が定まっていない。
 さらに前段階の軽度認知障害(MCI)では評価が難しい。

 ということだが、今は支障がなくても、いずれ問題になる可能性があるので定期的なチェックが必要である。  
 また、認知症をひとくくりに制限するのではなく、現実的な能力評価に根差した判断が必要となる。
 米国では、運転能力が落ちたと判定された場合、「高速道路の運転は不可」とか「夜間の運転は不可」といって条件つき免許を交付する州もあるという。
 わが国では、改正法の施行後は免許を失う高齢者が増える可能性があり、運転という趣味や生きがい、家族のために運転で役立っていたという役割が失われる喪失感は大きくなる。それには、精神的なフォローも必要(課題)となるのである。

 運転能力の衰えには、どういう対策があるのだろうか?
 運転能力の判定に有効な指標に「有効視野」がある。これは、1点に注意を集中させた時、周辺の情報をどれだけ視覚に捉えられるかをみるものである。高齢者は20代の3分の2ほどに落ちるが、自覚はしにくいという。
 有効視野が狭くなると、車や人の情報量が多い交差点で、出合い頭の事故につながる恐れがある。
 それに対しては、見え方が若い時と一緒ではないと意識し、スピードを落とし、左右をよく確認する必要がある。また、有効視野を測定するソフトウェアがあるので、その普及が今後の課題になるということである。

 一方、高齢者が運転を続けられるように支援する試みもあるという。
 米国などでは、教習所の指導員と医療知識を持った作業療法士らが評価や助言に当たる「運転リハビリ」という考えがある。
 実際に運転に同乗して、視野が狭くなっている場合には左右の確認を指導するなど状況に応じた対応をする。これはわが国でも一部の医療機関でだが、脳卒中で片まひになった患者らが運転を再開する際に導入されているという。
 高齢者には有効視野や路上テストなどを加えた定期的な検査が必要だろう。そのうえで、必要に応じて運転リハビリをすることで、長く安全な運転が可能になる、ということである。

 ただし最終的には、危険な運転が続けば、運転をあきらめる判断も必要となる。
 誰もがいずれは運転能力が低下するのだから、早い時期から移動手段はどうすべきか、何が自分にとって運転に代わる有意義な活動なのか、個人も社会も考えていくことが大切だし必要になるだろう。
 ということなのである。

 次のような「運転能力の衰えの兆候は?」というチェックリストが載っていた。

□ 車のキーや運転免許証などを探し回ることが増えた
□ 何度も行っている場所への道順がすぐに思い出せないことが増えた
□ 駐車場所のラインや、枠内に合わせて車をとめることが難しくなった
□ 車の汚れが気にならず、あまり洗車をしなくなった
□ 好きだったドライブに行く回数が減った
□ 曲がる際にウィンカーを出し忘れることが増えた
□ 車庫入れで壁やフェンスに車体をこすることが増えた
□ 急発進や急ブレーキ、急ハンドルなど、運転が荒くなった(と言われるようになった)
□ 洗車道具などをきれいに整理しなくなった
□ 同乗者と会話しながらの運転がしづらくなった

 該当項目が多いほど、運転能力が落ちているということになると思う。
 心当たりがあれば、運転能力の衰えを自覚すべきだろう。そして、本人だけでなく、家族や周囲の人も運転の変化に気を配り、不安があれば、医師や運転免許センターや教習所などに早めに相談した方がよさそうである。

 バカ親父の場合は……
 キーや免許証を探し回ったことはないが、この前免許証を持たずに運転をしてしまったことがある(^^ゞ。
 車の汚れは気にならないし、洗車は今までに(車を手に入れてすぐに)1回しただけである。洗車は雨の日に乗って済ましている。ということで、洗車道具はあるはずだが、どこにしまったか忘れた(^^)/。
 同乗者はカミさんがほとんどだが、くだらないことを聞いてきたりするから、聞き流していて元々会話はしないことにしている(^^ゞ。
 ということで、まだそれほど運転能力は衰えていないと思われる(^^ゞ。


<後記>事故に占める年寄りの割合が増えているのは、人口に占める年寄りの割合が増えているから当然の結果かもしれません。
 でも、違反の内容をみると、年寄りの自動車事故はやはり運転能力の衰えが原因だと言えると思います。
 これからは、自分の運転能力がどの程度のものかを、しっかり把握する必要があるし、それに対処する方法も考えていく必要があるでしょう。認知症ということも考慮すると、家族などが変化に気を配り対処する必要もありそうです。
 
 今日(7日)は寒かったが穏やかに晴れた。
 夕方の散歩は4時半ころに出たが快晴で、西の空に薄雲があるだけだった。

画像

 小焼けになっていた。
 公園を回っていく。

画像

 月がだいぶ東寄りに出ていた。

画像

画像

 小焼けは終わっていた。

画像

画像

画像

 原っぱに行って、ちょっとだけウロウロした。

画像

画像

画像

画像

画像

 帰ることにした。

画像

画像

 SORAはとっとと歩いていく(^^ゞ。

画像

画像

画像

画像

 金星も見えたのだが、わかるだろうか(^^ゞ。

 明日(8日)は、曇りから昼ごろには雨になりそうです。夜遅くには霙になるかもしれません。寒そうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 57

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2017年01月08日 08:22
遊哉さん、おはようございます(^◇^)

私の住んでいる団地は、小高い山の上で、勿論、車がないと、生活が成り立ちません(^^)/衰えのチェックリスト、とても、興味深く拝見しました(^^♪

いつも、お訪ねいただき、ありがとうございます(笑顔)
遊哉
2017年01月08日 11:55
☆ アイリスさん、おはようございます♪
 うちの方も山にできた団地で近くに商店街がないので、車がないと生活に困ります。できるだけ運転を続けたいですが、いつかは免許を返上しなきゃいけなくなるでしょうね。
 その時までの自覚と準備をしっかりしていきたいと思ってます。お互いに頑張りましょう(^^ゞ。
2017年01月08日 19:36
こんばんは。
チェックリスト参考になりました。
車を洗わないのはもともとずぼらなのでバッチリです(^^;。まだ当てはまらないように思いますが、ぼんやりしているので、当てはまるのはすぐそこに来てるかもしれません。
いざとなったらいさぎよく免許証をお返しする心構だけはしておきたいと思っています。
でもなんだか寂しいですね(^^)。
遊哉
2017年01月08日 22:06
☆ ひぽたん。さん、こんばんは♪
 チェックリストはバカ親父にも参考になりました(^^ゞ。
 車を洗いませんか。バカ親父は雨の中を走って、洗車したことにしています。車は埃をかぶっていてもいいんです。ウインドウだけはあまりに汚れていれば拭きますけどね(^^)/。
 このチェックリストを参考にして、自分の運転能力の衰えを見極めていこうと思っています。免許は、いつかは返上しなきゃならないでしょうね。そのときは、寂しいでしょうが潔く覚悟を決めようと思っています(^^ゞ。
2017年01月09日 09:58
昨年12月に更新をしてきました。
一寸した違反(20分の駐車違反)
でゴールドでなくなりました(ーー;)
65歳を越えたので、色々なテストをしましたが、反射神経のシュミレーションでは30代との結果でヤレヤレホットでした!
車が無いと、生活の山も難しくなるので、事故だけは気をつけたいですね。
遊哉
2017年01月09日 11:13
☆ のりこ さん、バカ親父も昨年12月に更新をしてきました。久しぶり(10年ぶり?)にゴールドに返り咲きました(^^)/。
 反射神経が30代ですか。すごいですね。動体視力もいいのかもしれません。
 いつも山登りで遠くまで車で行かれているので、すごいなあと思っていました。普段乗っていると、運転能力も維持されやすいんじゃないでしょうか。
 事故だけは気をつけて、長~く乗り続けてください!(^^♪
2017年01月09日 16:52
遊哉さん、こんにちは♪
うちも田舎で、車がないと買い物や病院行きが大変です。(^^;)
今は一家に何台も車のあるところも多いですが、
ぽんねえ♪の子供の頃、昭和30年代は商店や特別なお金持ち?のところにしか自家用車はありませんでした。
それ以降、免許も自家用車も当たり前になってきました。
今、高齢者(65歳以上)の運転免許保有者は年々増加傾向。
当然ですが、事故の割合も増えてきますよね。
30年前は、今の高齢者は若かったわけで、高齢者で免許保有は少なかったのですから。
新しい問題ですよね。
AT車やMT車の割合の比較なども、データ的に必要ではないのかと思ったりします。
確かに高齢になると、運動機能は衰えて当然なので充分に気をつけないと
チェックリスト・・・・
若い人でも当てはまる人は多いように思います。(笑)
ぽんねえ♪・・ボンネットを開けてエンジンルームにもWAX掛けしてます。笑ってください。


24歳以下の若者の運転免許保有者は年々減少傾向。
遊哉
2017年01月09日 17:37
☆ ぽんねえ♪さん、こんにちは(^^ゞ
 大学を出てから30数年東京に住んでいましたが、車は持っていませんでした。交通網が発達しているし、駐車場の料金がかかるからという理由でした。
 今は横浜でもはずれだから、車がないととても不便です。大都会でない限り車は必要ですよね。
 子どものころは自家用車は少なかったですね。経済成長して庶民でも車を持つことができるようになって、急速に増えたような気がします。若者も免許を取りたいと思うようになったんですね。
 団塊の世代でも免許を持っている人が多いと思いますが、今の若い人たちは車にあまり関心がなくて免許の所持率はわりと低いようですね。
 そういう面でも高齢者の事故は増えているかもしれませんが、交通事故の年齢別でみると10代と20代が一番多いようです。高齢者はそれよりも少ないですが、80歳を超えると急に増えているはずです。少なくとも80歳以上は免許は返上した方がよさそうです。
 バカ親父が免許を取ったころはAT車は2割以下だったから、免許はMT車でしたが、今は逆にほとんどがAT車で免許もAT車だけで取れるから、MT車を運転できない人が増えていると思います。
 MT車の方が事故は少ないような気はしますが、数が少ないからAT車との比較データをとってもあまり意味はないような気がします(^^ゞ。
 いずれにしろ、高齢者は(若者もですが)自分の運転能力を常に把握していく必要があるでしょうね。
 エンジンルームにもWAX掛けですか。熱で溶けちゃうと思いますが、どうなんでしょう(^^)/。
 バカ親父は、ピカピカの車というのがどうも苦手です(^^ゞ。

この記事へのトラックバック