団塊バカ親父の散歩話

アクセスカウンタ

zoom RSS 『暗殺者の潜入』

<<   作成日時 : 2018/08/27 23:19   >>

ナイス ブログ気持玉 82 / トラックバック 0 / コメント 0




画像

               〔雲に沈んでいきそうな夕日〕


 元CIA工作員で“グレイマン(人目につかない男)”の異名をもつ暗殺者、コートランド・ジェントリーが活躍する冒険アクション・シリーズの、『暗殺者の飛躍』に続く第7弾『暗殺者の潜入』を紹介する。

 かつてCIAの工作員だった彼は、CIAから前触れもなく“目撃しだい射殺”指令が下され追われる身となり、世界を舞台に5年間にわたって襲いかかる刺客の群れと死闘を繰り返してきた。
 前々作『暗殺者の反撃』で、CIAが抹殺を図る理由を突き止め、黒幕を倒して逃げ回る生活に終止符を打った。

 現在のジェントリーは、フリーランスでCIAの仕事を請け負っているが、今回の物語はCIAとは関係なく、一匹狼として、シリアの政治亡命組織に依頼された仕事をしていく。

 プロローグは、次のようなとんでもない場面から始まった。


<   プロローグ

 捕虜たちは、カチコチと時を刻む時計のような正確さで、効率よくひとりずつ惨殺されていた。もう二十四人が死に、処刑人は調子が出はじめていた。
 殺戮(さつりく)の現場は、酸鼻(さんび)をきわめていた。血の流れる悪臭、茶色い湖に浮かぶ死体の鼻を刺す臭気。どろどろの脳漿(のうしょう)が飛び散り、陽に焼けて白茶けた桟橋(さんばし)にこびりつく。
 その殺戮を見おろしている岩場の斜面が、午後の暑気のなかできらきらと輝いているのは、何カ月も前の戦闘の残骸(ざんがい)から突き出しているねじれた金属やガラスの破片が、陽光を反射しているからだ。おおぜいが死に、撃破された側の数すくない生存者は、必死で逃げて、荒廃した土地を勝者に明け渡した。
 いまではISIS(イラクとシリアのイスラム国)の黒い旗が町の広場に掲げられ、破壊された建物の屋根で揺れ、荒れ果てた通りを走るほとんどのピックアップ・トラックの後部でもはためいている。安物の戦術装備を身につけて武器をふりまわし、おぞましい死のカルトに熱狂して目を血走らせている顎鬚(あごひげ)の若者が、どの車にも乗れるだけ乗っている。
 ごつごつした山の斜面と塩湖のあいだに、塩気を帯びた干潟(ひがた)と茶色い低木林が細長くのびていた。オレンジ色のつなぎを着た捕虜四十三人が、処刑されるのを待って、そこにひざまずいていた。わずか二十分前にトラックでここに連れてこられたときには、六十七人いたが、いま生き残っているのは、それだけだった。
(後略)>


 実は、この捕虜のなかにはジェントリーもいるのだ。
 彼の運命はいかに?……ラスト直前までお預けとなる(^^)/。

 ジェントリーは、パリにある自由シリア亡命連合の共同指導者であるターレク・ハラビーとその妻リーマから、ある仕事を依頼された。
 それは、シリアの独裁者アフメド・アル=アッザムの愛人ビアンカ・メディナを拉致することだった。
 ビアンカは26歳のスペイン人で、きらびやかな美貌を備えたファッションモデルである。パリのショーに出演する機会に拉致し、彼女が握る機密情報を公表して、独裁政治を倒そうという計画だった。 
 だが、ジェントリーはクライアント(依頼主)の素人っぽい諜報技術(トレードクラフト)に不安を感じていた。

 5人のボディガードに守られているビアンカを拉致するため、ジェントリーは彼女が滞在するゲストハウスに潜入した。
 ところが突然、予期せぬ勢力が襲撃してきた。ビアンカの命を狙うISISだったが、それは翌日以降だと聞かされていたのだ。
 実はこの襲撃の黒幕には、アフメドの妻シャキーラがいた。
 激しい戦闘となり、彼は辛うじてビアンカを拉致するとともに彼女の命を救ったのだった。
 だが、救われたビアンカは協力を渋った。公にはなっていないが、アフメドとの間にできた幼い息子ジャマル・メディナをシリアから連れ出してくれと言う。アフメドを裏切れば、ジャマルが殺されてしまうからである。
 
 ジェントリーは、身を隠すために民間軍事会社の傭兵となり、入るのも出るのも困難を極めるシリアへ潜入した。
 しかし、政府軍や親政府私兵団や、各種の反政府勢力が入り乱れる内戦下のシリアは、地獄そのものだった。
 彼は殺戮を繰り返す傭兵たちをごまかしながら、戦場での激闘を繰り広げつつ、ビアンカの息子に接近する計画を進めていく。
 一方フランスでは、元外人部隊兵士たちが守りを固める、ビアンカが隠れる亡命者組織の家に、彼女の命を狙う一団が襲ってきた。

 はたして、ジェントリーはビアンカの息子ジャマルを救い出し、フランスに連れて帰ることができるのか?
 襲われたビアンカの命はいかに?

 単純な拉致のように思えた話が、想定外の人や組織の勢力や思惑が絡み、事態は錯綜していく。
 ラストは、ジェントリーは自由シリア軍の兵士たちの助けも得て、とんでもないことをやってのけるのである。
 それは読んでのお楽しみ(^^ゞ。


<今日のお薦め本>
『暗殺者の潜入 AGENT IN PLACE』(上・下) マーク・グリーニー 著、伏見威蕃 訳、ハヤカワ文庫、各929円、18.08.25. 発行

暗殺者の潜入〔上〕 (ハヤカワ文庫NV)
早川書房
マーク・グリーニー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト



暗殺者の潜入〔下〕 (ハヤカワ文庫NV)
早川書房
マーク・グリーニー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


<後記>サスペンスフルな展開で壮絶な戦闘が描かれる、いつもながら抜群の面白さのある冒険アクション小説です。
 先のまったく読めないストーリー展開で、ジェントリーの行動はどうなる? どうする? と追っていくのが楽しくて仕方なくなります(^^)/。
 虚構と現実を巧みに混ぜながらの物語の展開には、作者の力量がいかんなく発揮され、面白さを倍増させています。
 お薦めの冒険アクション作品です(^^ゞ。

 今日(27日)も晴れて気温がグングン上がって猛暑日になりました。
 カミさんは美容院に行きましたが、眼科の定期検診に行こうと思っていたバカ親父は、取りやめました(^^)/。
 いつものごとくグダグダと過ごしていました。

 夕方の散歩は5時40分ころに出ました。
 公園を回っていきました。雲が出てきていていましたが、夕日が見えました。

画像

 上空の雲が少し染まっています。

画像

 赤い陽射しが強かったです。

画像

画像

画像

 夕日は沈んでいきました。

画像

画像

 原っぱに行くと、SORAはさっそくスリスリをしました。あとは少し歩いてはスリスリ、を繰り返していきました。

画像

画像

画像

画像

画像

 ちょっと休んで、

画像

画像

 最後は起き上がるのが面倒になったのか、横倒しのまま遠くを見ていました(^^)/。
 ベンチに行きました。

画像

画像

画像

画像

 光る小さな雲が浮かんでいました。

画像

 SORAはマッタリし始めました(^^ゞ。

画像

 夕日で縁どられた雲(^^)/。

画像

画像

 北東の空には、昨日のような入道雲は見られませんでした。
 今日は南西のどんよりとした風で、雲は北の方にゆっくりと流れていました。

画像

画像

画像

画像

 赤く縁どられていた雲は、全体が赤く染まりました。

画像

 だいぶ暗くなってきました。

画像

画像

 と思っていたら、地平線のすぐ上が明るくなりました(^^)/。

画像

 帰ることにします。

画像

画像

画像

画像

画像


 明日(28日)の横浜の南の端っこの天気は、雲の多いスッキリしない空模様で、午後ほど時々雨が降り、一時的な強雨や雷雨の可能性もあるようです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 82
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『暗殺者の潜入』 団塊バカ親父の散歩話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる