団塊バカ親父の散歩話

アクセスカウンタ

zoom RSS 『文房具の解剖図鑑』

<<   作成日時 : 2018/09/22 22:45   >>

ナイス ブログ気持玉 75 / トラックバック 0 / コメント 4




画像

               〔ピンクに染まった今夕の北東の雲〕


 文房具の歴史やその仕組みなどを、図解を交えてわかりやすく紹介している本『文房具の解剖図鑑』を紹介してみる。

 この本について、「はじめに」で次のように書かれている。

<現在使われている文房具の多くは、ヨーロッパやアメリカで誕生したものです。しかし、創意工夫が得意で生真面目な日本人によって、より使いやすく改良され、高品質になった文房具が、たくさん世に送り出されてきました。今や日本の文房具の品質は、どれをとっても世界最高水準にあるといえるでしょう。また、世界の誰もが考えつかない画期的な機能や用途の製品が雨後の筍のごとく生み出され、ただ便利なだけではない楽しい&カ房具をこれほど目にできるのは、日本独特の文化かもしれません。日本の文房具文化は今、隆盛を極めているといっていいでしょう。
 この本では、そんな文房具大国ニッポン≠ナ私たちがふだん何気なく使っている文房具、23ジャンルについてお話をさせていただきます。
 定番、ロングセラー、話題の新商品――登場する文房具たちの大部分は、特に珍しいものでも、高級品でもありません。巷の文房具屋さんに行けば、手頃な値段で手に入れられるものがほとんどでしょう。しかし、これらの文房具どれもが技術の粋を集めて作られたものであり、そこに得もいわれぬ魅力を感じるのです。本編では、ほんの一部ではありますが、私たちになじみ深い文房具の生い立ちや仕組み、使いやすさの理由、そしてぜひ使っていただきたい逸品の数々を、図解を交えて紹介します。>

 という趣旨で書かれた本である(^^ゞ。
 具体的な内容を、目次から紹介すると次のようになる。

chapter 1 書く。描く。消す。
鉛筆……鉛筆発祥は羊飼いのお手柄/日本代表も実は世界選抜⁉/書くとき“和食”、描くとき“洋食”/“芯”の通った硬さの話/いつまでも尖っていたい/短くなっても長く愛して/あなたと一“芯”同体の鉛筆選び/色鉛筆のこと色色教えます/しのぎを削る鉛筆削り
ボールペン……誕生のきっかけは新聞用インク/3大構造「キャップ」「ノック」「ツイスト」/「水」と「油」の深〜い関係/何事も「粘り」が大事/誰にも消したいインクや過去がある/いまどきのボールペン事情/インクと女性の落とし方にはコツが要る
シャープペンシル……目の付けどころがシャープでしょ/どうしてシャー芯が出るのかな?/芯の強さが違います/いまどきのシャーペン事情
万年筆……鶴は千年、ペンは万年?/紙と心に染みるインクの話/いまどきの万年筆事情
フェルトペン・マーカー……何にでも書けるなんて魔法のよう!/原理は野に咲く花と同じ/付き合いは「蛍の光」を歌う日まで
筆ペン……特筆に値する毛筆の表現/いまどきの筆ペン事情
消しゴム……文字はパンのみにて消すものにあらず/いまどきの消しゴム事情
修正液・修正テープ……白く塗れ! −Paint It. White−/ペンはハケよりも強し/液体からテープの時代へ
【文房具の周辺史1 文具店】
 今は昔、町には文具店といふもの溢れけり


chapter 2 残す。写す。
ノート……糸よ、さらば/離ればなれにならないように/罫線はよりどりみどり/いまどきのノート事情
ルーズリーフ・バインダー……「ルーズ」さが魅力⁉/バインダーの心臓/いまどきのバインダー事情/好みに応じて取っ替え引っ替え/ルーズリーフのお供に
レポート用紙……書いて、はがして、差し出す/黄色い紙がトレードマーク/IT時代の“今でも”、そして“今だから”
スケッチブック……レオナルド・ダ・ヴィンチの時代から/スケッチブックにまつわるエトセトラ
メモ帳……メモ帳に「かくあるべし」はない/世界の定番、日本の定番/雨ニモマケズ風ニモマケズ
【文房具の周辺史2 デコレーション文具】
 “カワイイ”と“文房具”の蜜月


chapter 3 切る。貼る。留める。
カッターナイフ……“研ぐ”から“折る”へ/カッターナイフは“刃”が命/カッターナイフ使用時の流儀/一大イベント“刃折”は慎重に/いまどきのカッターナイフ事情
はさみ……よく見るはさみは舶来品/いまどきのはさみ事情
のり……固体から液状へ/リップスティックみたい/最新進化形は“テープ”
テープ……透明テープの誕生/重宝する「貼る+α」のテープ/貼るだけが目的じゃもったいない/業務で現場で大活躍! 大型テープカルテット
のり付きメモ・ふせん……失敗はポスト・イットの母/ふせん大国、ニッポン/ペタペタ貼ってノートを作ろう/いまどきののり付きメモ・ふせん事情
ステープラー……人はそれを「ホッチキス」と呼ぶ/「とじる」を科学する/いまどきのステープラー事情
クリップ……昔ながらの伝統的クリップ/いまどきのクリップ事情
【文房具の周辺史3 オフィス】
 オフィスと文房具、不可分の関係


chapter 4 保存する。分類する。
穴を開けるファイル……“2穴”に入らずんば“とじ”を得ず/枚数変わればファイルも変わる/穴あけはワン・ツー・パンチ
穴を開けないファイル……中身もすべてお見通し/その書類、持ち運ぶか、据え置くか/挟んでまとめる、挟んでめくる
アルバム……“記録”を残すか、“記憶”を遺すか/オールドスクールが新しい/写真が増えれば台紙もフエル
【文房具の周辺史4 手帳】
 それでもわたしは手帳を愛す


 製品リスト/参考文献


 文房具の好きな方や興味のある方は、是非お読みいただきたい(^^ゞ。


<今日のお薦め本>
『文房具の解剖図鑑』 ヨシムラ マリ、トヨオカ アキヒコ 著、エクスナレッジ 刊、1728円、18.06.29. 初版第1刷発行

文房具の解剖図鑑
エクスナレッジ
2018-07-05
ヨシムラ マリ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


<後記>昔、鉛筆を削るには、小学校低学年のころはボンナイフや肥後守で、そのうちに手回しの鉛筆削りになり、そのあとは電動になりました。いまでは乾電池で動くものがあるし、小さな鉛筆削り器にはラチェット式なんていうものもあります。ペットボトルの口につけられるなんていうのもあります(^^ゞ。
 そんな変なものを考えるのは、日本人くらいじゃないでしょうか。
 その他の文房具でも、いろんな創意工夫がされて楽しく使いやすいものがいっぱいあって、文房具の世界は奥が深くて面白いです。
 この本は、そんな文房具のいろいろについて教えてくれて興味深いです(^^ゞ。

 バカ親父が最近手に入れた、次のような文房具があります。

画像

 一見電球ですが、すぐにわかると思います。答えは最後に(^^)/。

 今日(22日)は曇りがちで、雨が降るかと思いましたが降りませんでした。思ったほど気温は上がらなかったものの、夕方になってちょっと蒸し暑くなりました。
 夕方の散歩は、5時20分ころに出ました。

画像

 南南東の空に月が見えました。明後日が満月で中秋の名月ですが、曇りで見られそうもありません(^^;。

画像

 夕日は沈んだあとのようでした。
 公園を回っていきました。

画像

画像

 北東から長く延びる雲が浮かんでいます。

画像

画像

画像

 原っぱをウロウロしながら、ベンチに向かいました。
 北東の雲がうっすらと染まっています。

画像

 SORAはこの時だけスリスリをしました(^^ゞ。

画像

画像

 西の方の雲も少し染まっていました。

画像

画像

画像

 北東の雲がよりピンクに染まりました。

画像

画像

 北西の空は少し暗くなってきました。

画像

 それに反して、北東の雲は上のほうまでピンクに染まりました。

画像

画像

 そのうちに西の空の雲も、少し盛り返して赤くなりました(^^)/。

画像

 西の上空の雲もピンクになりました。

画像

画像

 SORAが立ち上がったし、だいぶ暗くなってきたので帰ることにしました。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

 桜並木を下りて帰ってきました。

画像

画像

 月がきれいでした。

画像

画像


 さて、先ほどの答ですが……

画像

 底には穴が開いています(^^ゞ。

画像

 そして3つに分解できます。
 はい、鉛筆削りです(^^ゞ。
 真ん中の円柱状のものは、消しゴムになっています。
 100均で手に入れました(^^)/。
 昔から鉛筆削りを集めていますが、ときどきおかしな形(デザイン)のものが出てきて面白いです。
 文房具って、愉快で楽しくて面白いです(^^)/。

 明日(23日)の横浜の南の端っこの天気は、朝と夜は曇るようですが、日中は陽射しが届いて、日なたでは汗ばむ暑さになりそうです。でも、蒸し暑くはなさそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 75
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
同じような 電球型鉛筆削り うちにも ありますよ
seizi05
2018/09/23 06:39
☆ seizi05さん、ウッソー、本当に!(^^)/。
 文房具って、面白いですね(^^ゞ。
遊哉
2018/09/23 07:51
杖生活になっても、文房具屋さん巡りだけは、毎年欠かしたことがありません。面白いです、感心させられます。私は鉛筆を、来生までも使えるほど持っています。変わり鉛筆だけ、フリースクールに寄付しました。この本は必読ですね。ありがとうございます。
かかと
2018/09/23 17:02
☆ かかと さん、文房具がお好きなんですね(^^ゞ。
 文房具屋巡りは面白いですが、バカ親父は最近はあまり行ってません。昔は、銀座の伊東屋によく行きました。文房具屋は飽きませんね。
 鉛筆をたくさん持っていますか(^^ゞ。バカ親父は色鉛筆をたくさん持っています。孫たちがたぶん使ってくれると思います(^^)/。
 これからもお互いに、おおいに文房具を楽しんでいきましょうね(^^ゞ。
遊哉
2018/09/23 18:46

コメントする help

ニックネーム
本 文
『文房具の解剖図鑑』 団塊バカ親父の散歩話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる