『東京懐かし写真帖』




画像

               〔今日の西の雲の多い夕空〕


 東京の下町の街角や庶民の日常を切り取り、戦後復興や東京の変貌の記録となっている写文集『東京懐かし写真帖』を紹介する。

 本書は、読売新聞都民版で8年300回を数え、現在も連載中の秋山武雄の懐かし写真館」から、選りすぐりの72本を収録している。
 150点に上る写真とエッセイを通して、われわれにとって懐かしい時代がよみがえってくる一冊である。

 著者について、カバー裏から紹介すると、

<1937年生まれ。台東区浅草橋在住の写真家。洋食店「一新亭」を営むかたわら、15歳の頃から趣味で、都内を撮影し続けている。アマチュアカメラマンらでつくる写真集団「むぎ」代表。代表作に写真集『昭和三十年代 瞼、閉じれば東京セピア』などがある。>

 東京の下町に生まれ育った庶民である著者の温かい眼差しで撮られた写真集で、記録性や技術の確かさに支えられて得難いものとなっている。
 語り口も江戸っ子ならではの飾らないもので、著者の温かい人柄や感性のみずみずしさを感じることができる。
 子どものころの遊びや生活の写真が出てきたり、その逸話などが語られるので、東京に生まれ育った方でなくても楽しめる。
 幼いころに見た古きよき日本や東京の情景や生活ぶりが懐かしいのである。 

 次のようなジャンルに分けられている。
 (ちょっと長くなるが、小見出しも紹介しておく)


家族と浅草橋
路地裏 あふれる笑顔――浅草橋の子供たち
父と母とサイダーと――家族、銅板、浅草橋
だんらんの指定席――火鉢のぬくもり
思い出も巻き戻して――フィルム
せつなさと優しい記憶――
お祝いにご近所総出――6月の花嫁
赤ん坊の温かさ 役得――ねんねこ半纏
路地裏で確かめた絆――弟のいた風景

街角の子供たち
僕ら 路地裏の勝負師――ベーゴマの思い出
路地裏 男の勝負――相撲
集団登校 成長の段階――学校の外
かわいい 遊びの相棒――小さなともだち
路地のおままごと――女の子の遊び
自慢の凧 風を集めて――正月遊び
街の名棋士 真剣勝負――縁台将棋

身近な乗りもの
静かな都民の足――トロリーバス
銀座の顔 そろい踏み――都電と歌舞伎座
隅田川 のどかな足――佃の渡し
行き交う人 街の素顔――踏切
「家族の元に」長い列――ふるさとへ
車擦り合うのも縁?――交通事情
新しい物 ひと目でも――モノレールと羽田
暮らし支えた川の道――水上バス
汽笛響く SL始発駅――両国
散水 ホーム通過します――国鉄の思い出
道の真ん中 ひょいと駅――都電停留場

働く人びと
ひたむきで大きな母――働く女性たち
絶妙バランス 職人芸――自慢の腕
熱気あふれる夜明け――築地のにぎわい
厚紙切符、ハサミの音――改札
畳職人 口がスプレー――暮れの光景
カレー80円、家130万円――値段
人命救助 準備から――消防のホース

四季と年中行事
心も躍る 元日獅子舞――佃のお正月
凍える土俵に若い汗――初場所
笑顔あふれる田舎道――山里の春
街の「止まり木」願って――鳥越祭に椅子
しっとり 粋な装い――梅雨
浅草青々 夏へ続く道――植木市
ご先祖様 煙に乗せて――お盆
先祖への思い 届けたい――川と供養
夏休み 元気に早起き――ラジオ体操
私にも絵が描けたら――芸術の秋
暗くなるから帰ろう――家路
新巻きザケ 塩辛かった――アメ横のにぎわい

日常生活のひとこま
10円玉で「もしもし」――公衆電話
みんな大切にしていた――
包んで運んで大活躍――風呂敷
道案内に欠かせない――煙突
吸い殻 紫煙あった街――たばこ
腕に覚え 軒先に札――着物
下町情緒 響かせ歩く――下駄
縁日で出会えた「芸術」――針金細工

戦争の記憶
焼け野原から力強く――西新井橋近く
忘れない 東京大空襲――昭和20年3月10日
胸に残る 生きる工夫――戦後のにおい
語り継ぐ つらい記憶――戦争と命

移りゆく風景
思い出 生まれる場所――東京駅
弟妹おんぶし黙々と――大森のコークス拾い
特大サイズの雷蔵――映画看板
あふれる下町の「音」――浅草六区の映画街
バナナ 幸せの甘い味――秋葉原の青果市場
数の変化にワクワク――お化け煙突
開通半世紀の大動脈――首都高
移ろう景色の味わい――浅草の空
都心と下町の〝大きな顔〟――ガスタンクのある町
町に映えたシンボル――浅草の塔
首都の顔 ほのぼの――新宿駅南口
心弾むパラダイス――屋上遊園
生活支える東京湾岸――豊洲と築地
広い空 目立つ広告――アドバルーン
車窓でお土産 品定め――上野動物園と都電

 ジイサン、バアサンにとっては、思い出のある懐かしい光景や物がたくさん出てくるのである(^^ゞ。


<今日のお薦め本>
『東京懐かし写真帖』 秋山武雄 著、読売新聞都内版編集室 編、中公新書ラクレ、1188円、19.06.10. 発行

東京懐かし写真帖 (中公新書ラクレ)
中央公論新社
秋山 武雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト


<後記>この本の写真はすべてモノクロです。
 モノクロだと写された事物や光景の懐かしさが増しますが、カラー写真よりもリアルさがあるような気もします(^^ゞ。
 著者は15歳でカメラを手にしてから、70年近く撮り続けています。家業の洋食屋の仕込みが始まる前の早朝に、自転車で都内のあちこちに出かけて撮りためたネガは数万枚に及ぶそうです。
 “継続は力なり”ですね(^^)/。
 火鉢、ねんねこ半纏、ベーゴマ、トロリーバス、針金細工、厚紙切符……等々、今はなくなったり、ほとんど使わなくなったりしているものがたくさん出てきます。
 懐かしさがあふれ出てくると同時に、なんだかとても切ない気持ちになりました(^^ゞ。
 よかったら、この本を見て読んでみてください(^^ゞ。

 今日(12日)は雲がありましたが、わりと陽射しも届きました。
 気温は20℃をちょっと超えた程度で、過ごしやすかったです。
 夕方の散歩は、4時半ころに出ました。
 公園を斜めに上っていきます。

画像

画像

 南の上空には青空が広がり、月も見えました。

画像

 東の空です。北側には薄雲が広がっていました。

画像

 原っぱに上る手前で、発見しました(^^)/。真ん中あたりの道の脇に見える黒い点のようなものです。

画像

 それが木の上に駆けのぼったので、SORAが追いかけようとしました。

画像

 またタイワンリスでした。真ん中あたりの枝に、右向きでいます。
 しばらくじっとしていましたが、あっという間に木を伝って消えました(^^)/。
 原っぱに出ました。

画像

 SORAは、すぐに公園を回っていきました。

画像

画像

 公園のアジサイもだいぶ咲いてきました。

画像

画像

画像

 原っぱに戻ってウロウロしていきました。

画像

画像

 SORAがさっそくクネクネスリスリしました(^^)/。

画像

 南の空に、面白い形の薄雲が舞っていました。

画像

画像

画像

画像

 SORAは場所を変えては、クネクネスリスリしまくりました(^^ゞ。
 ベンチに行きました。

画像

画像

 SORAはマッタリしてあちこち眺めていました。

画像

画像

 風は北東の方から吹いていました。北にあった雲が形を変えていくのが面白かったです。

画像

画像

画像

画像

画像

 とても滑らかそうな雲でした(^^ゞ。

画像

 SORAがベンチを下りてお座りをして、こちらを見ました。
 無視していると……

画像

 伏せをしてマッタリし始めました(^^ゞ。

画像

 帰ることにしました。

画像

画像

画像

画像

画像

画像


 明日(13日)の横浜の南の端っこの天気は、雲が広がることがあるものの、陽射しが届くようです。
 気温は上がり夏日になるようで、蒸し暑そうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック