『ドリトル先生航海記』

          〔夕方の上空のどんより空〕  有名な物語だが、はじめて読んだ本で、新たに訳された『ドリトル先生航海記』を紹介する。  井伏鱒二の翻訳が有名だが、これは生物学者の福岡伸一さんが原著初版に忠実な訳文で、長年の念願だったという新訳を実現したものである。  また全60章にわたって原著そのままに、著者…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more