『暗殺者の追跡』



P8290079ブログ 夕空、夕日300 190829.JPG

         〔昨日の落日直前の夕陽〕

  “グレイマン(人目につかない男)”の異名をもつ暗殺者、コートランド・ジェントリーが活躍する冒険アクション・シリーズの、『暗殺者の潜入』に続く第8弾『暗殺者の追跡』を紹介する。

 かつてCIAの工作員だった彼は、CIAから前触れもなく“目撃しだい射殺”指令が下され追われる身となり、世界を舞台に5年間にわたって襲いかかる刺客の群れと死闘を繰り返してきた。
 その後、CIAが抹殺を図る理由を突き止め、黒幕を倒して逃げ回る生活に終止符を打った。
 現在の彼は、CIAの局員ではなく、契約工作員である“独行資産(シングルトン・アセット)”として活躍している。

 プロローグは、次のように始まった。


<   プロローグ

 機体内蔵式タラップ(ジェットステア)のてっぺんに立っていたフライトアテンダントが、片手をそっとうしろにまわして、ジャケットの下に差し込んであった拳銃のグリップに指をかけた。親指で安全装置(セイフティ)を押しさげ、駐機場を照らすライトの向こうの闇から悠然(ゆうぜん)と近づいてくる人影を見て、拳銃を抜くべきだろうかと迷った。
 見えている未知の対象(サブジェクト)がひとりだけだったので、拳銃を使うことにしたが、このガルフストリームⅣエグゼクティヴ・ジェットの機内には、ほかにも防御用武器がある。脅威が複数だったら、そばのコートクロゼットに釣り紐(ひも)で掛けてある装弾済みのコルトM4アサルトカービンを取っていただろうし、もっと危険な事態だったら、単発のM320四〇ミリ擲弾発射器(クレネード・ランチャー)も、手の届くところにある。
 近づいてくる男は、黒い野球帽をかぶり、ダークブラウンのジャケットの下にグレイのTシャツを着ていた。はきはきとした足どりだが、動きに明らかな威嚇(いかく)は感じられない。それでも、副操縦士が不安げな顔で、コクピットから身を乗り出した。
「あの男がそうなのか、シャロン?」
 フライトアテンダントは、男から目を離さずに答えた。「だとしたら、指示どおりにするのが嫌いみたいね。わたしたちが乗せる人間は、ターミナルから近づくように指示されているのに、あの男は、フェンスの近くの闇から出てきた」
「機を移動させようか?」エンジンは回転している。ガルフストリームは、このチューリヒに着陸したあと、乗客ひとりを乗せるために、微速(アイドル)〔地上または飛行中のエンジン最小出力〕のまま待つように命じられていた。
 シャロンは、男から目を離さずに答えた。「いいえ。あの男が面倒を起こしたら、わたしが対処する。座席ベルトを締めて、離陸準備をしていて」
「いってくれれば、すぐに出発する」副操縦士は、コクピットに戻った。
(後略)>


 コートランド・ジェントリーは、CIAから呼び出されて、チューリヒからワシントンDCに向かうことになった。
 プロローグは、彼がCIAの飛行機に乗り込もうとする場面である。
 直接ワシントンに飛ぶ予定だった飛行機は、途中ルクセンブルクとイギリスの飛行場に立ち寄ることになった。
 CIAが捕らえたルクセンブルクの銀行家ディルク・ヴィッセルをルクセンブルクで乗せ、CIA局員がイギリスまで送り届けることになったのである。
 ヴィッセルはCIA内部に潜む情報提供者をあぶり出すカギとなる人物だった。

 イギリスの空港に飛行機が到着すると、MI6が迎えにきていた。
 ところが、ヴィッセルの受け渡しが終了したその時、正体不明の男たちに襲われ、CIAやMI6の警護要員の多くが殺されて、ヴィッセルは連れ去られてしまった。
 ジェントリーはただちにヴィッセルの行方を追うことになった。

 一方、アメリカでは、元SVR(ロシア対外情報庁)将校のゾーヤ・ザハロフが保護されているCIAの極秘施設が、集団の男たちに襲撃された。
 ある個人的な目的のため、彼女はこの施設を脱け出そうとしていたが、この機を逃さず逃走した。
 実はこの襲撃は、ロシアの情報が洩れることを防ぐため、彼女を亡き者にしようとするものだった。
 一見無関係な二つの襲撃事件だったが、見えない糸でつながっていた。

 ゾーヤというのは前々作『暗殺者の飛躍』に出てきた女性で、ジェントリーと彼女は惹かれ合っていたが、別れたままだったのである。
 それぞれが、異なった目的(人物)を追いかけていたのだが、そのふたりがロンドンで遭遇した。
 互いの目的を告げると、それがある繋がりを持っていることがわかってきた。

 そのころ、ヴィッセルの雇い主で、二つの襲撃を命じた男は、英米に報復する大規模な陰謀を進めていた。
 ジェントリーとゾーヤはその恐るべき陰謀の実体を知り、それを阻止しようと行動を開始した。

 そこには、CIAの作戦本部本部長マシュー(マット)・ハンリーと同計画立案部幹部スーザン・ブルーアがつくり出した秘密プログラム「ポイズン・アップル(毒リンゴ)」がかかわってくる。
 ジェントリーもその一員だが、実はゾーヤはまもなくその一員になる予定だった。
 そして、暗号名「ロマンティック」という、秘密プログラムの三人目の人物が加わってくる。

 はたして、ジェントリーとゾーヤ、そして“ロマンティック”は陰謀を阻止できるのだろうか?
 興奮と感動の冒険アクション小説である(^^)/。


<今日のお薦め本>
『暗殺者の追跡 MISSION CRITICAL』(上・下) マーク・グリーニー 著、伏見威蕃 訳、ハヤカワ文庫、各950円、19.08.25. 発行

暗殺者の追跡 (上) (ハヤカワ文庫NV)
暗殺者の追跡 (上) (ハヤカワ文庫NV)
暗殺者の追跡 下 (ハヤカワ文庫NV)
暗殺者の追跡 下 (ハヤカワ文庫NV)

<後記>長篇でちょっと入り組んだ話で、ネタバレしないようにあらすじを書くのが難しかったです(^^ゞ。
 とはいえ、このシリーズだけでなく本作もとても面白いです。次から次へと謎を秘めた話が展開し、気を抜くことができない冒険アクションが続いていきます。
 それに、ジェントリーとゾーヤの恋の行方もどうなるかと、ワクワクしながら読み進めました。
 結末は? それは本書を読んでのお楽しみ(^^ゞ。

 昨日(29日)は雲は多かったものの、陽射しが届きました。
 午前中11時ころまではエアコンを切っていましたが、グングン気温が上がり我慢できなくなってエアコンを点けました。
 昼ころに買い物に出ると、

P8290004ブログ 昼空440 190829.JPG

 白い雲の間から、まぶしい太陽が輝いていました。

P8290005ブログ 昼雲400 190829.JPG

 雲間に薄雲が立ち上っています。

P8290006ブログ 昼雲380 190829.JPG

 丸っぽい綿菓子のような白雲もありました(^^ゞ。
 日中はテレビで映画を観たり本を読んでいました。
 夕方の散歩は5時20分ころに出て、公園を斜めに上っていきます。

P8290014ブログ 上空の夕空440 190829.JPG

P8290016ブログ 東の夕空440 190829.JPG

 上空にも東の空にも薄雲が流れていました。

P8290017ブログ 西の夕空440 190829.JPG

 夕日は黒雲に隠されています。
 原っぱに出てウロウロしていきました。

P8290020ブログ 西の夕空440 190829.JPG

P8290022ブログ スリスリ380 190829.JPG

P8290027ブログ スリスリ380 190829.JPG

 SORAはさっそくクネクネスリスリをしました(^^ゞ。

P8290029ブログ 夕空440 190829.JPG

 夕日が黒雲の下からちょっぴり顔を出しました。

P8290031ブログ スリスリ380 190829.JPG

P8290035ブログ SORA380 190829.JPG

 SORAは少し場所を変えてスリスリしてから休みました(^^ゞ。

P8290040ブログ 夕空、夕日440 190829.JPG

 夕日が雲間から現れました(^^)/。

P8290042ブログ スリスリ380 190829.JPG

P8290046ブログ すりすり380 190829.JPG

 SORAはちょっと歩いてから、またクネクネスリスリをしました。
 ベンチに行きました。

P8290051ブログ SORA270 190829.JPG

 夕日を浴びていましたが、わりと強く涼しい西風が吹いていて暑くはありません。

P8290053ブログ 夕空、夕日440 190829.JPG

P8290054ブログ 北の夕空440 190829.JPG

 雲は東(右)に流れています。

P8290059ブログ 幻日400 190829.JPG

P8290060ブログ 幻日380 190829.JPG

 夕日の左の方だけに幻日が現われていました(^^)/。

P8290069ブログ SORA380 190829.JPG

 SORAはマッタリしていました(^^ゞ。

P8290070ブログ 夕空、夕日440 190829.JPG

 夕日がもうじき沈みそうです。

P8290082ブログ 東の夕空300 190829.JPG

 東の空に白雲が集まって高く上り、面白い形をつくっていました。

P8290083ブログ 夕空、夕日440 190829.JPG

P8290086ブログ SORA380 190829.JPG

 夕日が沈み始めて、光が射さなりました。

P8290088ブログ 西の夕空440 190829.JPG

P8290090ブログ 夕空380 190829.JPG

 夕日は静かに沈んでいきました。

P8290093ブログ 東の夕空300 190829.JPG

 東の雲が形を変えました。面白い形の雲があったので、拾っていきます。

P8290094ブログ 夕雲380 190829.JPG

P8290095ブログ 夕雲380 190829.JPG

P8290097ブログ 夕雲380 190829.JPG

P8290100ブログ 夕雲380 190829.JPG

P8290105ブログ 夕空440 190829.JPG

 だいぶ暗くなってきました。

P8290119ブログ SORA380 190829.JPG

 SORAは何か気になる臭いを嗅いだようで、そちらをずーっと見ていました。

P8290122ブログ SORA380 190829.JPG

 ベンチを下りて、その気になる方を見ていました(^^ゞ。
 帰ることにしました。

P8290124ブログ SORA、帰る380 190829.JPG

 SORAは歩きながら、まだ気になる方を見ていました(^^)/。

P8290125ブログ 南東の夕空440 190829.JPG

P8290126ブログ 北西の夕空440 190829.JPG

P8290128ブログ 西の夕空440 190829.JPG

P8290131ブログ SORA380 190829.JPG

 桜並木を降り始めたのですが、SORAはなかなか降りようとしませんでした(^^)/。
 「さあ、帰るよ」と言ってリードを引くと、やっと下り始めました。

P8290132ブログ 東の夕空440 190829.JPG

P8290134ブログ SORA380 190829.JPG

P8290135ブログ 西の夕空440 190829.JPG


 今日(30日)の横浜の南の端っこの天気は、雲の多い一日で、にわか雨が降りそうです。
 南寄りの風が吹き、ムシムシとした体感となるようです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント