『メインテーマは殺人』



PA160036ブログ SORA270 191016.JPG

        〔公園のベンチでマッタリするSORA〕

 昨年『カササギ殺人事件』で話題となった英国の作家アンソニー・ホロヴィッツの『メインテーマは殺人』を紹介する。
 プロローグは、次のように始まる。


<   1 葬儀の手配

 白くまぶしい陽光があたりにふりそそいではいるものの、見た目ほどは暖かくない春の日の午前十一時をまわったころ、ダイアナ・クーパーはフラム・ロードを横断し、葬儀社に足を踏み入れた。
 ダイアナは小柄で、いかにもてきぱきとした女性だ。その目にも、きっちりと切りそろえた髪にも、足どりにも、迷いのなさが見てとれる。こんな女性がこちらに向かって歩いてきたら、思わず脇に身を引き、道を譲ってしまうだろう。かといって、けっして冷たい印象ではない。感じのいい丸顔で、年齢はおよそ六十代。はおっただけの淡い色のレインコート、合わせ目からのぞくピンクのセーターと灰色のスカートは、いかにも高価な品に見える。ビーズと石を組み合わせた重そうなネックレスはどうにも価値が測りかねるものの、いくつも重ねづけしたダイヤモンドの指輪は、まちがいなく逸品だ。フラムやサウス・ケンジントンの街路では、こうした身なりの女性たちをよく見かける。この女性もまた、昼食をとりにレストランへ、あるいは画廊へ向かっているかのように見えた。
 葬儀社の名は〈コーンウォリス&サンズ〉。区画のいちばん端に位置する店舗で、どちらから歩いてきた人にも見えるよう、古風な書体で塗りあげた看板を正面と側面の両方に掲げている。ふたつの看板が交わるのを阻むように、建物の角、玄関扉の上にはヴィクトリア朝の時計が据えられていた。時計の針は、おそらくはわざと十一時五十九分で止めてある。真夜中の一分前だ。正面と側面の看板には、どちらの側にも同じように、社名の下には「葬儀社――一八二〇年創立の一族経営企業」と記されている。正面の壁には窓が三つ、そのうちふたつはカーテンが閉まっており、三つめには大理石製の開かれた本が飾られていた。そのページには、こう刻まれている――〝悲しみはひとりで来ることはない、大軍となって攻めよせる〟――『ハムレット』の一節だ。木製の部分はすべて――窓枠も、敷居も、正面の扉も――黒にも見まごう濃紺に塗りあげられていた。>


 ダイアナ・クーパーという資産家の老婦人が、自分の葬儀の手配をした。
 ところがその夜、何者かによって彼女は絞殺されてしまう。
 彼女は自分が殺されると知っていたのだろうか?

 そんな時、作家のアンソニー・ホロヴィッツ(この本の著者でもある)は、ドラマ「インジャスティス」の脚本執筆で知り合った元刑事ダニエル・ホーソーンから思いもかけない提案を受けた。
 ホーソーンは訳ありでロンドン警視庁を引退したが、現在は上部の引きで顧問をしている極めて優秀だが偏屈な男である。
 その彼がダイアナ・クーパーの事件を独自に捜査することになり、ホロヴィッツにそれを取材して本を書いてみないかと言ってきたのである。 
 思いもかけない提案でホロヴィッツはいくばくかの葛藤はあったものの、興味に負けて同意し、彼と行動を共にすることにした。
 物語は、このホロヴィッツの「わたし」という一人称で語られていく。

 捜査をしていくと、殺されたダイアナ・クーパーは9年11か月前、運転中に人身事故を起こしていた。
 急に道路に飛び出してきたゴドウィン家の幼い双子を轢いてしまい、そのうちのひとりティモシーを即死させ、もうひとりのジェレミーは脳に後遺症の残る重傷を負わせてしまったのだ。
 ひょっとすると、その双子の父アランがダイアナを絞殺したのかもしれない、と探っていく。
 それに、彼女の死体を発見した、通いの掃除婦アンドレア・クルヴァネクもなんだかあやしい。
 また、双子が轢かれた時に乳母としてつき添っていたメアリ・オブライエンも、何か隠しているようだ。

 わたしとホーソーンはふたりで関係者を訪ねて聞き取りをしていくのだが、ホーソーンはわたしに口出しをさせず、聴取は自分に任せろという。
 下手に口出しをした時は、なんで余計なことをするのだと怒る。
 それに、わたしが本を書くのに必要だからと、彼の家族や生活など個人的なことを聞いても、嫌な顔をして答えようとしない。

 そのうち、ダイアナ・クーパーの葬儀のために、アメリカで俳優として成功している彼女のひとり息子ダミアン・クーパーとその恋人グレース・ラヴェルが帰ってきた。
 わたしとホーソーンはそのふたりからも聴取をするが、何かおかしな雰囲気がある。
 そして葬儀の当日、もう一つの殺人事件が起きてしまった。

 はたして、ダイアナ・クーパーを殺したのは誰なのか?
 第2の殺人の犯人は誰なのか?
 ふたつの事件の犯人は同一人物なのか? それとも異なるのか? 動機は何なのか?
 
 まるでシャーロック・ホームズとワトソンのコンビのように、ふたりは謎解きと犯人逮捕に邁進していく。
 実に多くの伏線が張られ、それが謎解きで見事に回収されていくという、謎解きの魅力全開の犯人当てミステリーである(^^)/。


<今日のお薦め本>
『メインテーマは殺人 THE WORD IS MURDER』 アンソニー・ホロヴィッツ 著、山田 蘭 訳、創元推理文庫、1210円、19.09.27. 初版
 著者について、カバー裏から紹介しておきます。
<イギリスを代表する作家。ヤングアダルト作品〈女王陛下の少年スパイ! アレックス〉シリーズがベストセラーになったほか、人気テレビドラマ『刑事フォイル』『バーナビー警部』の脚本を手掛ける。さらに、コナン・ドイル財団公認のシャーロック・ホームズ・シリーズの新作長編『シャーロック・ホームズ 絹の家』、イアン・フレミング財団公認の『007逆襲のトリガー』を発表し、活躍の場を広げる。クリスティへのオマージュ作品『カササギ殺人事件』では、『このミステリーがすごい!』『本屋大賞〈翻訳小説部門〉』の1位に選ばれるなど、史上初の7冠を達成した。>

メインテーマは殺人 (創元推理文庫)
メインテーマは殺人 (創元推理文庫)

<後記>“わたし”はホーソーンの私生活を少しずつ探っていきます(^^ゞ。
 それでわずかながらわかったことは、
 ・別居している妻と11歳の息子がいる。
 ・すばらしい天与の才能に恵まれた刑事だが、人望はなかった。
 ・酒は飲まない。
 ・殺人捜査課に在籍していたが、悪名高い小児性愛者を階段から突き落としたため、職を追われた。
 ・同性愛者を嫌悪している。
 ・読書会に参加している。
 ・プラモデル作りが趣味である。
 ・テムズ川沿いにある高級アパートにひとりで住んでいる。
 こんなところです(^^ゞ。
 シャーロック・ホームズも偏屈な男ですが、ホーソーンはそれに輪をかけたような嫌味で偏屈な男で面白い(^^)/。
 でも、“わたし”はしだいに、その謎ときの才能と本来の彼の優しさを知ることになり心を開いていくし、その逆の作用も起きてくるのです。

 作家がワトソン役で、現実とフィクションが錯綜しているような不思議な感覚の物語になっています。
 現代のホームズとワトソンといってもいい相棒が活躍する面白い傑作謎解きミステリーです(^^ゞ。


 昨日(16日)も雲の多い一日で、気温も18℃くらいまでしか上がらず、肌寒かった。
 日中はテレビを観たり本を読んでいました。
 夕方の散歩に出たのは4時40分ころでした。
 公園を斜めに上っていきました。

PA160005ブログ 上空の夕空440 191016.JPG

PA160006ブログ 東の夕空440 191016.JPG

PA160007ブログ 西の夕空440 191016.JPG

 曇り空は同じですが、前2日と比べるとちょっと雲の薄いところがあります。夕日のある辺りも少し明るかった。
 原っぱに出てウロウロしていきました。

PA160008ブログ 南西の夕空440 191016.JPG

PA160009ブログ 西の夕空440 191016.JPG

PA160011ブログ 北西の夕空440 191016.JPG

 公園を回ることにしました。

PA160013ブログ 西の夕空440 191016.JPG

PA160017ブログ SORA380 191016.JPG

PA160018ブログ SORA270 191016.JPG

PA160020ブログ 北の夕空440 191016.JPG

 原っぱに戻ってウロウロしていきます。

PA160021ブログ 東の夕空440 191016.JPG

PA160022ブログ 南東の夕空440 191016.JPG

PA160026ブログ 波雲400 191016.JPG

 東の空の下の方に波雲が見えました。

PA160027ブログ SORA380 191016.JPG

PA160028ブログ スリスリ380 191016.JPG

 SORAは今日も、気持ちよさそうにクネクネスリスリをしました(^^ゞ。
 ベンチに行くことにしました。

PA160032ブログ 西の夕空440 191016.JPG

PA160034ブログ 西の夕空300 191016.JPG

 風は南東から吹いているようで、雲は北の方に流れていました。

PA160035ブログ SORA270 191016.JPG

 SORAはお座りであちこち見ていました。すぐ後で、最初の写真のようにマッタリしました(^^ゞ。

PA160040ブログ 西の夕空440 191016.JPG

PA160042ブログ SORA270 191016.JPG

 SORAは遠くにいるワンコが気になっています(^^ゞ。

PA160044ブログ 北の夕空300 191016.JPG

 しばらくのんびりしていましたが、暗くなってきたので帰ることにしました。

PA160047ブログ スリスリ380 191016.JPG

PA160053ブログ スリスリ380 191016.JPG

 SORAは最後のクネクネスリスリ(^^)/。

PA160055ブログ 北西の夕空440 191016.JPG

PA160057ブログ 西の夕空440 191016.JPG

PA160060ブログ 北西の夕空300 191016.JPG

PA160061ブログ 東の夕空440 191016.JPG

PA160065ブログ 夕空440 191016.JPG

PA160066ブログ 西の夕空440 191016.JPG


 今日(17日)の横浜の南の端っこの天気は、雲の多い一日で、にわか雨が降るかもしれません。夜になると本格的に降ってくるようです。
 気温はあまり上がらず肌寒そうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 32

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント