『探検家とペネロペちゃん』

      〔夕方の東の空。桜はほとんど葉を落としています〕  探検家でノンフィクション作家の角幡唯介(かくはた ゆうすけ)さんが、自分の娘について父親としての想いなどを綴ったエッセイ集『探検家とペネロペちゃん』を紹介する。  この本は、 『小説幻冬』2016年11月号~2018年11月号に連載された「ペネロペちゃ…
コメント:0

続きを読むread more