『監禁面接』

        〔夕日に輝く公園の倉庫と樹の影〕  カミーユ・ヴェルーヴェン警部3部作で、物語の面白さに虜になってしまった作家ピエール・ルメートルの新邦訳『監禁面接』が出たので紹介する。  ルメートルの作品は翻弄され驚愕させられ茫然自失となるが、この本も期待にたがわず面白くて一気読みしてしまった(^^ゞ。  構成は…
コメント:0

続きを読むread more