団塊バカ親父の散歩話

アクセスカウンタ

zoom RSS 『犬から聞いた話をしよう』

<<   作成日時 : 2017/12/26 22:49   >>

ナイス ブログ気持玉 44 / トラックバック 0 / コメント 0




画像

                〔今日の夕方見た富士山〕


 椎名 誠さんの犬をテーマとした写文集『犬から聞いた話をしよう』を紹介する。

 内容を目次から拾うと、次のとおりである。


 Photograph
 犬と子供はともだち
 静かに頼れる奴ら
 ともだち同士
 犬にはヒルネがよく似合う
 うれしい犬たち
 走るのが大好き
 時には主役になりたがる
 大地に生きる
 ガクといういい奴
 一匹犬

 Essay
 気分のいい風のなかで
 我が犬の系譜
 ワンサのこと
 神の犬
 カヌー犬ガクのこと

 写真は本を見ていただくほかないので、“まえがき”のような最初のエッセイ「気分のいい風のなかで」から少し引用・紹介してみる。


気分のいい風のなかで

 ぼくは旅にでると犬の写真をいっぱい撮る。いろんな国々、いろんな状況で出会った犬に無意識のうちにカメラをむけていることが多いようだ。
 どうしてなのかあまりきちんと考えたことはなかった。とにかく旅から帰ったあとに夥(おびただ)しい数の写真をみると、アレ、こんなところで犬を撮ったかなあ、と記憶にないくらいいっぱい犬の写真を撮っているのだ。本当はそんなにたくさん犬の写真を撮っている時間にその取材旅の主題であるヒトや風景や出来事などを撮っていないといけないのだけれど……。
 そんなぼくの長い旅の年月のあいだに撮ってきた世界のいろんな犬の写真をあつめて編集部がこんなリッパな犬だらけの本にまとめてくれた。
 この本に出てくる多くの犬は旅先で出会った犬であり、まあ「旅人」の撮った「旅犬」だ。したがっていきなり出会った犬、というケースが多い。ゆきずりの犬というべきか、袖すりあうも多生の縁というか、シッポ互いにからめた仲、というか。しかし犬は着物を着ておらずぼくにはシッポはないのでこのたとえは正確ではない。
 出会いがしらに恐怖を感じるぐらい吠えられた犬もなかにはいる。そういう犬はたいてい何かを守るためにそこにいる場合が多く、飼い主が出てきて「静かにしろ」とその土地、その国のコトバでいうと犬はたちどころに「任務をおえた」とばかりに関心をなくし、そこらにねそべってしまう。そうしてひとたびそこの主人と仲よくなったりすると、もうたちまちぼくとも友人同士のようになる。
 ネコにはそんなことはまるでない。
 敵対的になるわけでも歓迎の目つきやタイドになるわけでもなく、遠くからクールに観察しているようなまるっきり無関心のような……。
 そんな初対面の差がぼくには面白い。
 それから外国の犬や、日本でも人里離れたところの犬ばかりの写真が多いのは、首輪をされて繋がれている犬が少ないからである。逆にいうと日本の街で出会う犬は首輪とリードをつけられているケースが圧倒的に多く、あの拘束された姿はどうも気の毒で写真におさめる気がしない。
(中略)
 ぼくはむかしから犬が好きで、少年時代には住む土地が変わってもかならず犬を飼っていた。(中略)
 そういう犬がいつも身のまわりにいる、ということはぼくにとってもたいへん嬉しいことだった。(中略)
 この本はそういう意味でぼくの人生のなかでつきあってきたなつかしい友達のような犬と、どこかよその土地で出会ったいかにも気分のいい犬との出会いの一冊ということになったようである。>


 椎名さんが日本や旅をした世界各地――パタゴニア、モンゴル、チベット、ネパール、アイスランド、チリ(サンチャゴ)、サンフランシスコ、サンタクルーズ、アルゼンチン(ウシュアイア)、ベトナム、ラオス、インドネシア、ケニア、ロシア(チュコト半島、プロビデニア、イルクーツク、シャブリノ)、韓国、ミャンマー、中国(四川省)、ポルトガル、カンボジア、台湾、ミーラン(タクラマカン砂漠)、フォークランド、ウルグアイ、バリ島など――で出会った犬や、人生で友達のようになった犬たちの写真やエッセイを集めた楽しくて面白い本である。

 犬好きには堪らないのである(^^)/。


<今日のお薦め本>
『犬から聞いた話をしよう』 椎名 誠 著、新潮社 刊、円、17.12.20. 発行

犬から聞いた話をしよう
新潮社
椎名 誠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 犬から聞いた話をしよう の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


<後記>この本の写真を見ていると、世界にはいろんな生活をしている犬がいるものだと思わされます。
 それも、ほとんどが首輪はともかくリードをつけていないことに驚かされます。
 椎名さんも書いているように、そんな犬ばかりしか撮る気にならなかったということもあるでしょうが、バカ親父がタイに行った時も自由に歩き回っている犬しか見ませんでした。タイは仏教国で大事にしているということもありますが、犬も自由さに慣れているような気がしました(^^)/。
 日本の都会化された街では、首輪やリードは致し方ないのかもしれませんが、もっと犬が自由に歩き回っていたら面白いだろうなと思います(^^ゞ。

 ほかに感じたことは、世界の各地では働いている犬が多いということです。牧畜をしているようなところではもちろんですが、そのほかでも犬という動物は人のために働くことに喜びを見いだすのではないか、と思いました。
 それに、犬と子どもとの関係には特別のものがありそうです。犬にとっても子どもにとっても、その関係はとてもすばらしいものではないかと、改めて感じました。
 いずれにしろ、これからも人と犬とのいい関係が続いてほしいと思ってます(^^ゞ。
 

 今日(26日)は北から西寄りの風が強く寒かったですが、いい天気になりました。
 カミさんは10時過ぎに着付けの仕事に行きました。
 バカ親父は昼前に眼科に行き、帰りに本屋に寄ってから帰ってきました。

画像

画像

 その時の昼空です。薄い雲が浮かんでいましたが、陽射しは強かったです。

 夕方の散歩は4時ちょっと過ぎに出ました。この前、獣医のところでSORAの後ろ足の間の腫れの薬をもらったので、その結果を診てもらいに行きました。

画像

画像

 快晴で、今日も西空は小焼けでした。
 尾根道を上がっていきます。

画像

画像

 東の東京湾の方は、上空には雲がありませんが、房総の向こうの下に雲の帯がありました。

画像

 南西の空の右端に夕日が沈むところでした。

画像

 南の空には下の方に少し雲があるだけでした。

画像

 落日と富士山が両方見えてきました。

画像

 あたりまえですが、確実に落日の時刻が遅くなり、また北の方に寄ってきています。

画像

 丹沢山塊の上にポツポツと雲が浮かんでいました。

画像

画像

 上弦の月がきれいに見えました。
 獣医のところでSORAの後ろ足を診てもらうと、だいぶ良くなっているもののまだ少し赤いのとかさぶたが残っているので、もう1週間抗生物質を飲むことになりました。
 獣医のところから、いつもの公園には行かずに帰ることにしました。

画像

 だいぶ暗くなっていました。

画像

画像


 次のは、今日の午前中のSORAの写真です。

画像

 トコトコと廊下のカーテンのところに行きました。

画像

 ゴロンと横になり、

画像

 寝ました。
 そのうちに……

画像

 前足だけを突っ張りました。なぜだかは、わかりません(^^ゞ。

 話は変わりますが、あと一週間もしないうちに正月を迎えるという実感がまったく出てきません(^^)/。
 今日も夕方散歩の時に、あれっ、クリスマスのイルミネーションがない! と思いましたが、昨日がクリスマスでしたね(^^ゞ。
 そういえば、昨日はバカ親父の誕生日で古稀を迎えました。カミさんからもシャツと靴下のプレゼントをもらったし、娘たちからは「おめでとう」のメールをもらったのですが、どうも実感がありません。
 もう、誕生日なんかどうでもいいや、と思っているからかもしれません。というよりも、ボケが進んでいるからでしょうか(^^)/。

 明日(27日)は、陽射しが届くものの、北寄りの風が吹いて寒そうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 44
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い 面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
『犬から聞いた話をしよう』 団塊バカ親父の散歩話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる