「クールビズ」始まる

 5月1日に「クールビズ」についてブログを書いたのだが、1週間くらい前から急に参照数が増えて、1,000を超えた。地味なバカ親父のブログでは、ちょっと考えられない数となった。
 夕刊には『ノーネクタイ「クールビズ」開始』という見出しで、東京・霞が関の官庁街でのノーネクタイの状況を記事にしていた。
 旗振り役の環境省では、職員のほぼ全員がノーネクタイ姿だったが、厚生労働省など他の官庁では、まだまだネクタイ派も根強くて、「霞が関の夏はまだら模様だ。」としている。

 また夕刊には、ノーネクタイや半袖姿が目立ったという官庁街の写真が載っていたのだが、面白かったのは、写っている比較的若い人たちのズボンがみんな黒っぽいことで、単にスーツの上着を取って、ノーネクタイにしただけのようである。
 これが、各自がそれぞれ工夫して特色のあるシャツやズボンにしたら、もっと面白くて日本も変わっていくだろうにと思うのである。
 服装なんて、自由がいいのである。スーツにネクタイでもよければ、スラックスに色シャツのノータイでもいいし、日本独自の柄と色のアロハシャツのようなものにでもすれば、外国にもアピールできると思う。日本の夏には、そんなのが似合うと思うのである。

 小泉首相の写真も載っていたのだが、こちらは濃い青シャツをグレーのスラックスの外に出すという着こなしで、「かりゆしウエアです。いいでしょ」と言ったらしい。これはこれでいいし、この夏こんな感じで押し通せば大したものだが、この人いつも最初だけはいいからねえ、いつまで続くのか見物である。
 
 厚生労働省では、事務次官室を訪れる同省幹部の4割はネクタイ姿だったという。ある課長はネクタイとスーツ姿で出勤し、「逮捕されるまでネクタイは外しません」と冗談を飛ばしたというが、これはこれでいいのだろう。ただし、温暖化防止を目的としたノーネクタイなのだから、きちんとエアコンの温度設定は上げといてもらいたいものである。

 バカ親父、一つの仮説としてバカなことを考えた。「各省庁で、スーツにネクタイの幹部なり職員が多いところほど、旧態依然とした体質が残っている」なんてことは言えないだろうか。その真偽のほどは定かでないし、もちろん、バカ親父にはわからない。

<後記>「クールビズ」のブログ記事の参照数だけが1,000を超えているのは、なんか変な感じである。まあ一時的なもので、すぐ終わるだろう。
 これはきっと、みんなノーネクタイと言われても、どうしていいかわからないのではないだろうか。「出る杭は打たれる」的な風潮が蔓延している日本の社会だから、普段から目立たないように目立たないようにしていた結果、一つ枠が外れただけで、どうしていいかわからなくなってしまうのではないか、などど思ってしまうのである。
 今日の東京は、28度くらいになって暑い1日でした。ノーネクタイにふさわしい日であった。バカ親父はもちろんノーネクタイだが、そうはいかない場面も多々あって……偉そうなことは言えないのである。なさけなやー。

<追記>もしよろしければ、<クールビズ(COOL BIZ)>(5/1)もお読みください。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年06月01日 23:27
かつての省エネルックに欠けていたのものは何だったのでしょう。発想はすばらしかったけれどやはりファッションセンスに欠けていた?クールビズ、名称からしてなかなかいいのでは…ただ今回は、ファッションだけでない個人の〈いろんな意味での〉センスが試されるように思います。とにかく温暖化を深刻に受け止めなければ何も始まりませんね。こんな私も生まれて初めて環境省のHPのぞいてみました!
遊哉
2005年06月02日 00:32
 さすが老輩堂さん、バカ親父が意気地がなくて、ゴニョゴニョ言ってることを、ずばっと切り込んで言ってくれましたね。ありがたや。
 ホンコンシャツというの、そういえばありました。何度か着た覚えがありますが、ちょっとお洒落度が低かった。
遊哉
2005年06月02日 00:48
 耳すまさん、確かに個人のセンスが問われているんでしょうね。それもおっしゃるように、「いろんな意味での」なんですが、それが難しい。
 クールビズもせっかく温暖化防止の一環として始めたのなら、効果的に使いたいものです。どこもかしこも、あまりにもエアコンで冷やしすぎのような気がします。エネルギーの無駄遣いです。ああー、もったいない、もったいない、です。
遊哉
2005年06月02日 00:55
 耳すまさんに、追伸です。
 名古屋弁については、2月15日に書いた「方言」をお読みください。お暇な時に。
seizi05
2005年06月02日 20:09
ノーネクタイ いいよ 会社で言ってくれたら 私 その場で外しちゃう ネクタイ嫌い あれは 首輪だ
遊哉
2005年06月02日 21:10
seiziさんには、ネクタイにスーツでびしっと決めてもらいたい。真夏でも。そういう人がいてもいいと思うんですけど……
2005年06月02日 22:21
 昔ね、スタイルのかっこいいお友達がいたの。そのお友達は、自分でチャチャッと直線裁ち直線縫いで服を作ってなにも飾りのないとてもシンプルな服を着ていました。たいした服でもないのに、彼女が着るととってもカッコいいの。だからやはりまず土台をかっこ良くするのが一番手っ取り早い…って一番むずかしい事か。
耳すま
2005年06月02日 23:47
こんばんは。「方言」読ませていただきました。遊哉さんが名古屋弁お上手な訳がわかりました^^ 私も実家に行くと無意識に方言で喋っているようです。子ども達が別人だ~と笑います。きっと私が素に戻ってリラックスしている証拠なんでしょうね^^ 私にとっても故郷の方言は宝物…素敵な記事ありがとうございました。
遊哉
2005年06月03日 00:07
 キョンさん、スタイルのことを言われると、バカ親父も弱いなあ。別に太ってるとかお腹が出てるとかではない……単に胴長短足なだけ。これを直そうったって、直しようがないものねえ。諦めてます。
遊哉
2005年06月03日 00:15
 耳すまさん、故郷があってそこの方言がしゃべれるなんて、ほんとに羨ましい。
 方言には人工的な標準語にはない、温かな心のようなものがあると思います。大切にしてください。
adv55
2005年06月04日 05:32
5月1日のクールビズ記事確かに1200でした。私が1201にしましたが、検索ワードで客が移動しているようですね。しかし私にはクールビズがいつもズートルビに見えるのですが病気でせうか?
遊哉
2005年06月04日 11:07
adv55さん、クールビズの経済効果が1,000億円とかになると新聞に出ていました。みなさん踊っているのかもしれません。
 ズートルビに見えるのは、ズートルビを知っている年寄りということで、やっぱり少し病気でせう。

この記事へのトラックバック