団塊バカ親父の散歩話

アクセスカウンタ

zoom RSS おしくらまんじゅう

<<   作成日時 : 2005/12/19 23:07   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

画像 12月に入って寒い日が続く。特に先週末からは、北極圏からの−42℃の寒気が日本列島を覆うように伸び、日本海側や東北・北海道などのように雪こそ降らなかったが、関東地方も寒くなった。
 暑いのも嫌だが、寒いのはもっと嫌だ。細身の体には、寒さがこたえる。

 それで思い出したことがある。小学生のころにやった「おしくらまんじゅう(押し競饅頭)」である。

 おしくらまんじゅう おされてなくな〜
 おしくらまんじゅう おされてなくな〜

 というはやし言葉を大声で出しながら、みんなで押しくらをする遊びである。
 低学年のころはあまりやった覚えがないのだが、高学年になって寒い季節になると、休み時間にみんなでやったものだ。
 バカ親父たちがやったやり方は、まず2組に分かれる。一組は丸く固まり合い、もう一組が腕を組んでその周りを取り囲む。そして、内と外で押し合うのである。
 別に勝ち負けがあるわけではない。ただただ押し合うのである。短い10分の休み時間でも、おしくらまんじゅうをやった後は、体がポカポカ温まる。そのためにやったような気がする。
 それに、体と体をぶつけ合って、押し合うことそのものが面白かったし、楽しかった。

 男の子だけでやったこともあるが、だいたいは女の子も幾人かは入っていたような覚えがある。
 6年生くらいになると、女の子の方が男よりも体が大きくなっている子が多くて、押し甲斐があったような気がする。
 男も女も関係なく、押し合いへし合いを楽しんでいたのだ……ああ〜、いい時代だったなあ。

<後記>今の子どもたちは「おしくらまんじゅう」なんてやるんでしょうか。娘たちがやったというのを、聞いた覚えがないのです。寒い日の休み時間は、教室から出てこないんでしょうか。
 バカ親父が小学生のころは、休み時間というと、寒かろうが暑かろうが、みんな外に飛び出して遊んだものです。寒くて震えるような季節の定番の遊びが、おしくらまんじゅうでした。
 外側で友達と腕を組んで、足を踏ん張ってリズムをつけて、中にいるやつを押すのも面白かったし、中に入って外側の輪をなんとかちょん切ろうと押すのも楽しかった。
 今の子どもたちが、もしこの「おしくらまんじゅう」をやっていないのなら、やってみればいいのに、と思うのですが。

※ 写真は、コマユミ(小真弓)の実だと思います。雑木林の日がよく当たるところにありました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
おしくらまんじゅう、やりました〜。でも今は流行らないでしょう。そういえば見たことありません。おしくらまんじゅうしなくっても家に帰れば暖かいし、ゲームで遊ぶしね。おしくらまんじゅうもおもしろかったですが、馬跳び!馬跳びも楽しかったよねぇ。
キョン
2005/12/20 11:05
 やはり、今の時代はおしくらまんじゅうはやらないみたいです。
 私もやってましたが、今はその他の遊びもかなり変化しています。鬼ごっこのようなものも、ルールが違ったりでもう全然わかりません!。でも、教室では今でも、腕相撲や指相撲はやっているらしいですヨ。
かなかな
2005/12/20 11:15
冬の定番は”おしくらまんじゅう”でしたね。懐かしい言葉を聞きました。運動不足の解消と暖を取る二つの効果がありました。
あと、小さな学校だったんで、登校するとみんなでドッチボールをよくやりました。これも運動量は多いし、冬でも汗が一杯出たのを覚えています。昔は良かった!。
山いろいろ
2005/12/20 15:38
☆ キョンさんも、おしくらまんじゅうをやりましたか。それに、馬跳びも。お転婆だった?
 列を作って各自が馬になって、一人ずつ端から順番に跳んでいくというのもありました。それに二組に分かれて、一組は、一人が木とか壁を背にして立ったところに、他の子が順番に股の間に頭を突っ込んで馬の列を作って、そこにもう一組が一人ずつ飛び乗る。馬がつぶれればその組が負け、つぶれなければ立っている子と最後に飛び乗った子がジャンケンをして、勝った方が次は飛び乗る方になる、なんてのもありました(この説明でわかるかな?)。あれも、面白かった。今の子どもたちもやればいいのにねえ。
遊哉
2005/12/20 19:23
☆ かなかな さん、子どものころは、今みたいに羽毛服なんてもちろんないし、服もみんなそれほどいいものを着ていなかったような気がします。だから寒い時は、おしくらまんじゅうなんてやっていたのかもしれません。でも、あのみんなで体をぶつけ合うというのが、お互いの気持ちをつなげ合うのに、とても良かったような気もします。遊び方も違ってきているんでしょうね。どちらがいいとかは、一概には言えませんけどねえ。
遊哉
2005/12/20 19:31
☆ 山いろいろ さん、そうですね、冬の間の運動不足の解消という面もありましたねえ。
 ドッチボールも懐かしいです。あれも、ほんとによくやりました。バカ親父は、ボールを受け止めるのは下手だったけど、飛んでくるボールをかわして逃げるのは上手かったんですよ。山いろいろ さんは、強いボールを投げていたような気がします。あれも、温かくなりましたね。いろんな意味で、昔はよかったですね。
遊哉
2005/12/20 19:38
私も 細身 おしくらまんじゅう よくつぶされていた ムギュウ
seizi05
2005/12/20 20:49
☆ seiziさん、子どももころから細身だったんだ。アハハ〜、バカ親父も同じだけど。ムギュウはちょっときつかったですね。
遊哉
2005/12/20 21:09
こんばんは!
私の子供の頃は、おしくらまんじゅうをやってなかったかもしれません(汗)。でも、馬跳びはやりました♪馬になったときにうっかり背中がめくれてしまい、友達の爪でひっかかれて真っ赤になった思い出が・・・(;;)。
息子達はサッカーやドッチボール、そして最近はドッチビー(フリスビーをボールの代わりに投げるらしい)などをやっているみたいです☆
aopu
URL
2005/12/20 21:44
おしくらまんじゅう、私ももちろん幼い殺しました。(こわ〜)イエイエ、幼い頃しました。先日この寒波のニュースみていたら、サルもくっついておしくらまんじゅうみたいに寄り添って暖をとってたのを「猿団子」って言ってました。聞き間違い??
urara
2005/12/20 22:16
えっ!?みなさん、おしくらまんじゅうを経験していらっしゃるんですか?私は、ないなあ。なんでだ!?馬跳びならやったけどねえ。「猿ダンゴ」は知ってます。寒いからサルがダンゴのように集まっておしくらまんじゅう状態になっていて、そこに入ろうとして割り込むと放り出されてしまうっていうの。テレビで観ました〜(^o^)丿確かに「猿だんご」でしたよ〜。
yu_mama
2005/12/20 23:41
☆ aopuさん、おしくらまんじゅうをやってなかったということは、バカ親父よりず〜〜と若いということでしょう(笑)。馬跳びはやったのですね。そのときのエピソードは面白い。みんな一生懸命でやっていたんでしょうね。
 ドッチビーなんて、聞いたこともありません。フリスビーでドッチボールをやるなんて、時代は移り変わっているんだなあ〜……歳を感じてしまいます……
遊哉
2005/12/21 00:10
☆ uraraさん、アハハ、コワーイこと言わないで〜〜(笑)。
 おしくらまんじゅうをやった口ですね。面白かったですよね。
 サルは吹雪いたりして寒い時は、体をくっつけあって凌ぐようですが、「猿団子」と言うかどうかは知りません。その表現はいかにもという感じで、なかなかいいですねえ。
遊哉
2005/12/21 00:20
☆ yu_mamaさんとは6年の差でそれほど違わないのに、おしくらまんじゅうをやっていないというのは、お嬢様だった? でも、馬跳びをやったということは……お転婆のお嬢さんか?
 「猿だんご」がもうひとつ出てきましたね。そんな遊び方も面白そうですが、おしくらまんじゅうは、もっと単純に純粋に、押しっくらをしなきゃあ、いけません(笑)。
遊哉
2005/12/21 00:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
おしくらまんじゅう 団塊バカ親父の散歩話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる