のんびり外房旅・その3(5月10日)

 3日目は特別の予定はなかったが、カミさんが「風呂に入りに行こう」と言う。
 いつも九十九里ヴィラそとぼうという宿の日帰り入浴に行っているのである。
 天気がよくてSORAを車に置いておくのは心配なので、代わり番こに入ることになる。
 でも、バカ親父はなんだか面倒くさくなったので、カミさんだけが入ることになった(^^)/。

画像

 これは出かける前のSORA。炬燵の脇で寝ていた(^^)/。

 10時半ころに出発しカミさんを送り届けて、バカ親父とSORAは太東崎の南に広がる海岸に行くことにした。

画像

 左に見えるのが太東崎で灯台がある。

画像

画像

 南の方は大原の方まで海岸が続いている。
 薄雲がきれいに広がっていた。

画像

 陸側には駐車場がある。

画像

 テトラポットの脇でサーフィンをやっていた。ちょっと危なそうだ。

画像

 薄雲を見ていたのだが、太陽の下の方に環水平アーク(水平虹)が出ている!(^^)/。

画像

画像

 陽射しの中にいると暑いので、SORAは日陰に入れておいた(^^ゞ。

画像

 SORAは伏せをしているが、半分寝ているようだ(^^)/。

画像

 こんな立て看板があった。(クリックすると、大きくなります)
 このあたりは南房総国定公園で、アカウミガメの産卵場所もあるようだ。

画像

 環水平アークが横に延びたような気がする(^^ゞ。

画像

 薄雲がきれいな模様をつくっている。

画像

 沖の方でジェットスキーが走っていた。夷隅川の河口から出てきたのだろう。

画像

 砂地にハマヒルガオがたくさん咲いている。

画像

 これはハマエンドウである。テントウムシが来ていた(^^ゞ。

 しばらくしてカミさんを迎えに行き、いつも行く大多喜ハーブガーデンに行って昼食にすることにした。

画像

 バカ親父は“ハーブオムライス”、カミさんは“グリーンカレー”を食べた。

画像

 天井は覆われているのだが、陽射しが透過するので暑い(^^)/。SORAはテーブルの下に入っていた(^^ゞ。
 カミさんはここで、パクチーの苗を手に入れた。

 帰り道で清水寺に寄ることにした。
 ここは、坂東三十二番の霊場で、伝教大師(最澄)により草分けされ、慈覚大師(円仁)により新たに起こされ、坂上田村麻呂が、大同2年(807年)に建立したと言われている。
 カミさんは、ここでつくっている梅干しが好きなのである(^^ゞ。昔風の塩がいっぱいのしょっぱい梅干しである。

画像

 小高い山の上にある。

画像

画像

 階段を上っていく。

画像

画像

 一番上に本堂があるわけだが、ここの彫刻がなかなかいいのである。

画像

画像

画像

画像

 だいぶ古そうな彫刻である。

画像

 鐘楼もある。賽銭箱があるので、いくらか入れれば誰でもがいつでも搗ける(^^ゞ。

画像

 梅干しを手に入れて、帰ることにした(^^ゞ。

 家に帰ったのは午後2時半ころで、あとは本を読んだり居眠りをして過ごした(^^ゞ。
 夕方の散歩は5時ちょっと過ぎに出た。

画像

画像

 田んぼの脇にシロツメクサが繁茂していた(^^)/。

画像

画像

画像

 夕日の左側に薄く幻日が出ていた。

画像

 アザミがあちこちに咲いていた。

画像

画像



<後記>太東崎の南の海岸にはいろんな海浜植物が生えていて、興味のある方には面白いところだと思います。
 ハーブガーデンで食べたものは、赤字をクリックしてメニューを見ていただければわかります。バカ親父は食べ物の写真を撮るのが、どうも苦手です(^^ゞ。
 清水寺は静かでいいところです。昔風の梅干しは美味しいです(^^)/。

 今日(14日)は朝から雨、というか昨夜遅くからの雨が続いていました。9時ころには雷鳴も聞こえました。
 午後になってからは雨は上がっていきました。
 夕方の散歩は5時過ぎに出ました。
 公園の草が刈られた草つき斜面を上っていきました(^^ゞ。

画像

画像

 原っぱに出てウロウロしていきます。

画像

 たまに雨粒がポツリと落ちてきていました。

画像

画像

画像

 エゴノキの花がたくさん散っていました。

画像

画像

 テニスコート脇を回っていきます。

画像

画像

画像

 原っぱに戻って、SORAが下りていくので帰ることにしました。

画像

画像

画像


 明日(15日)の横浜の南の端っこの天気は、スッキリしない曇りの一日で、雨が降る可能性があるようです。
 暑くはなく過ごしやすそうです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック