団塊バカ親父の散歩話

アクセスカウンタ

zoom RSS 五月晴れから薄雲舞う夕暮れへ

<<   作成日時 : 2019/05/22 22:56   >>

ナイス ブログ気持玉 50 / トラックバック 0 / コメント 2

 今日(22日)は昨日とは打って変わっていい天気になった。

 昼前にカミさんと買い物に出ると、薄雲はあったが陽射しが強かった。
 本屋に寄ってから帰ってきた。
 午後は本を読んで過ごした。
 夕方の散歩に出たのは5時10分ころだった。
 公園を斜めに上っていった

画像

 東の空である。

画像

 薄雲を通しての夕日だが眩しかった。
 原っぱに出てウロウロしていった。

画像

画像

 夕日の上の薄雲の形が面白い。

画像

 SORAはすぐにクネクネスリスリした(^^)/。

画像

 夕日の上の薄雲が妖怪の入道のようになった(^^ゞ。

画像

 SORAはまたクネクネスリスリ(^^ゞ。

画像

 SORAの影がはっきりとできていた。

画像

画像

 SORAがまたスリスリ(^^ゞ。

画像

 風はあまり感じなかったのだが、雲は北東にどんどん流れていた。

画像

画像

 SORAはまたまたスリスリしてから、お座りをしてしばらく向こうを眺めていた(^^ゞ。

画像

 夕日に小さな黒雲がかかってきた。
 ベンチに行った。

画像

画像

 流れていく雲がいろんな形をつくっていった。

画像

画像

 夕日の前を小さな黒雲が横切った。

画像

 北にあった薄雲が、形を変えながら北東に流れていった。

画像

 SORAはあちこち眺めていた。

画像

画像

 夕日が雲に隠れそうだったが、右側に小さな幻日ができていた。

画像

画像

 西空の薄雲に、切り傷? ができていた(^^)/。

画像

 帰ろうと思ったのだが、SORAが反対方向に歩き始めた(^^ゞ。

画像

 テニスコート脇を上った。

画像

 南の空に細かい波雲が見えた。
 テニスコート脇を回っていった。

画像

画像

画像

 ここのシモツケは日当りがいいからか、たくさん咲いていた。

画像

 原っぱに戻って帰ることにした。

画像

画像

 草つき斜面を下りて帰ってきた。

画像

画像



<後記>大きな高気圧が列島を覆ってきて、しばらくは晴れが続くようです。
 昼間の薄雲もきれいでしたが、夕方の薄雲もいろんな形を見せてくれて面白かったです。
 こまかい波雲が広範囲に見えて、なかなか見事でした(^^)/。
 いろんな形の雲が見られると楽しいです(^^ゞ。

 散歩に出る前に庭を見たら、モミジに翼果ができていました(^^)/。

画像


 明日(23日)の横浜の南の端っこの天気は、青空が広がり、昼間はカラッとした暑さになるようです。
 真夏日直前まで気温が上がり、熱中症対策が必要になりそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 50
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
毎日空模様を見ていると明日の天気概況がわかるでしょう
昔の天気予報は当てにならなかったんで雲の移り変わりで自分なりに予報していました。
今までも空模様で明日の天気を そうそう風の向きも大事な要素でした。

岸壁から釣りをしている時に漁師さんから「東風だから釣れないよ」と言われました
確かに東風の時に良い釣果に恵まれ試しは無かったです、漁師さん達は昔から天候を読むのに長けているんでしょう。

yokoyama
2019/05/23 22:45
☆ yokoyamaさん、「観天望気」という言葉がありますが、自然を相手にする漁師や猟師などは、空の様子などの自然の変化を見ながら自分たちで天気予報をしていたんだと思います。
 土地土地で独特の天気の変化もあったでしょうから、「観天望気」というのはとても大切なことだったんでしょうね。
 漁師さんの「東風だから釣れないよ」という言葉も、とても興味深いと思います。
 毎日の長年の経験から生み出された自然を読む力なんでしょうね。すごいですね。
遊哉
2019/05/23 23:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
五月晴れから薄雲舞う夕暮れへ 団塊バカ親父の散歩話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる