『パリのアパルトマン』

            〔石垣を這う蔦の紅葉〕  以前に紹介した『ブルックリンの少女』の作者、ギヨーム・ミュッソの新作ミステリー『パリのアパルトマン』を紹介する。  『ブルックリンの少女』はバカ親父の性に合っていてとても面白かった。本作も重いテーマを描いているものの、ユーモアもあり洒落ている(^^ゞ。  プロロ…
コメント:0

続きを読むread more

夕日が眩しく、月がくっきり見えた夕散歩

 昨日(8日)は朝から陽射しが届き、一日続いた。  気温は朝は寒かったが、日中は13℃くらいまで上がり過ごしやすかった。  昼前に本屋に行った以外は、テレビを観たり本を読んだり、本の紹介記事を書いたりでダラダラと過ごした(^^ゞ。  夕方の散歩に出たのは、時計を4時だと見まちがえて3時40分くらいだった(^^)/。 …
コメント:0

続きを読むread more