『線は、僕を描く』

       〔今日の夕空と夕景。シルエットが面白い(^^ゞ〕  自らが水墨画家である砥上裕將(とがみ ひろまさ)さんのデビュー作で、水墨画をテーマとした青春小説『線は、僕を描く』を紹介する。  話題になった本だが、遅まきながら読んでみた。面白くて惹き込まれた(^^ゞ。  この本については、朝日新聞(9月28日…
コメント:0

続きを読むread more