LOHAS(ローハス)

 最近、LOHAS という言葉をよく見かける。これを前面に打ち出している「ソトコト」などという雑誌もある。
 LOHAS とは、Lifestyles of Health and Sustainability の頭文字をとった造語で、日本語では「健康を重視し、持続可能な社会生活を心がける生活スタイル」、あるいは「健康と地球環境に配慮した生活」ということになるのだろう。

 米国の社会学者のポール・レイ氏らが提唱した概念だということである。大量生産や大量消費で便利さや豊かさを手に入れる一方、深刻な環境破壊が進み、地球温暖化も進み、持続性のある経済も維持できなくなる。それに、企業や国が気づき、一般の人々も何かおかしいと感じ始めて、健康や環境を重視したライフスタイルを持つ新しい消費者が生まれ始めた、ということのようだ。

 具体的に言えば、たとえば、環境に優しい燃費のよい車に乗り、無駄なエネルギー消費を押さえるために早寝早起きし、食事は無農薬で育てたオーガニック(有機栽培)な食材・食品を選び、健康のためのスポーツをする、といったライフスタイルのことである。
 質素でナチュラルで、地球に負荷をかけない生活を希求する人々の誕生ということであろうか。

 こうした動きに企業も LOHAS を意識した商品開発に取り組んでおり、米国では関連商品やサービスの市場規模は、45億兆円にのぼるとも言われている。企業によっては、LOHAS を志向する人々の消費行動に合わせた企業行動をとるところも出てきているという。

 このようなライススタイルは、もともと資源をもたない日本が、省エネや質素な生活スタイルとして育んできたことではないだろうか。以前にブログに書いた、「もったいない」(5/7)、「3Rと風呂敷」(5/30)、「アニミズム」(7/28)などにも通ずるものでもある。この夏話題になった「クールビズ」(5/1)も、こんな考え方に基づくものであろう。

<後記>燃費のそれほどよくない車に乗り、夜更かしをし、スポーツをしなくなったバカ親父が偉そうなことはいえませんが、この LOHAS スタイルの生活は、これからますます注目されていくと思います。
 昔の日本人がやっていたようなことに戻ればいいのでしょうが、一度上げた生活程度や消費生活を下げるのは難しいし、電気・ガス・水道などの完備した生活を止めるわけにはいかないでしょう。でも、米国のカトリーナというハリケーンでいとも簡単に破壊された近代都市・生活などを見ると、その危うさを思い知らされもするのです。もう一度、今の生活を見直す必要があるのかもしれません。

"LOHAS(ローハス)" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント